レターパックのコンビニでの買い方や取扱店と具体的な出す方法を紹介

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

conveniencestoreletterpack_t

レターパックのコンビニでの買い方・購入方法やコンビニの取扱店に加え、

レターパックの具体的な出す方法・発送の仕方をご紹介していきます

 

専用封筒を用意できれば、基本的に封をして出すだけという

お手軽さが魅力のレターパックですが、この記事では特にコンビニに関して、

ローソン・ファミリーマート・セブンイレブンなど、

具体的にどのコンビニで取り扱われているのか、

また、コンビニから出す方法などを合わせてご紹介していきますので、

コンビニからレターパックを利用しようと考えている方は参考としてみて下さい



合わせて読みたい記事のご紹介
レターパックと他の発送方法を比較して、料金の安い配送方法、 サービス内容の違い、といった部分で、当サイト内の比較記事をまとめてみました 最近では多種多様・・・


 

レターパック専用封筒を購入できるコンビニ取扱店は?買い方は?

 

まずはじめに、レターパックの専用封筒を購入できる取扱店が、

どのコンビニなのか、という事をご紹介していきたいと思いますが、

こちらに関しては、日本郵便のサイトのレターパックのサービスのページに、

お近くの郵便窓口・コンビニエンスストアなどの

郵便切手類販売所(一部を除きます)でお買い求めいただけます。

[引用元]レターパック – 日本郵便

と書かれています

 

上記には具体的なコンビニ名がありませんが、つまり、

切手を取り扱っているコンビニであれば、

どのコンビニでもレターパックの専用封筒を「販売する事自体は可能」

という意味になります

 

実際の所、例えば、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど、

日本国内にある主要なコンビニでは、多くのコンビニチェーンが

切手を取り扱っていますので、レターパックを取り扱う事自体は可能となっています

 

ただし、残念ながら、実際に取り扱うか否か、という事に関しては、

各店舗の責任者・店長などに判断が委ねられますので、

現状としては、コンビニでは取り扱っていない店舗も多いです

 

私がTwitterなどから情報を得た範囲では、

現状としては、ゆうパックも取り扱っている「ローソン」が、

レターパックを取り扱っている店舗数が多いみたいです

(ローソンでも在庫切れとなっている様な事もあります)

 

他にも、サークルKやミニストップ、デイリーヤマザキに関しては、

比較的、置いてある店舗は多い様な印象なので、

ローソン・サークルK・ミニストップ・デイリーヤマザキなどが近くにあれば、

コンビニでもレターパックの専用封筒を見つけやすいのではないでしょうか

(どの店舗でも必ず置いてある訳ではないのでご注意下さい)

 

セブンイレブンやファミリーマートに関しては、取り扱っている店舗も実際にありますが、

取り扱い店舗数としては他のコンビニと比べるとまだまだ少ないみたいなので、

置いてあればラッキーぐらいに考えておいた方が良いかもしれません

 

もし、取り扱っていない場合には、

今後、定期的にレターパックをその店舗で買う予定などがあれば、

コンビニ各店舗の店長さんなどに相談すると置いてもらえる可能性もあるので、

どうしても取り扱ってもらいたい場合などには、相談してみるのも1つの手かと思います

 

ちなみにコンビニでレターパックの専用封筒を購入する場合、

コンビニチェーンによって、利用できる支払い方法が異なりますので、

電子マネー等を利用したい場合は、以下の記事も合わせて参考としてみて下さいね

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒を購入できる場所に加え、 切手・クレジットカード・電子マネー・商品券・ギフト券など、 購入場所毎にどんな支払い方・・・

 

なお、コンビニでのレターパック専用封筒の買い方は、

レジで店員さんに「レターパック専用封筒を下さい」というだけです

(基本的に、レターパック専用封筒はレジ内に置いてあります)

 

また、レターパックの専用封筒は以下でご紹介している2種類がありますので、

用途に合わせて必要な方を選択して下さいね

 


レターパックプラスとレターパックライトの特徴をご紹介!

 

レターパックには2種類の専用封筒が用意されており、

実はそれぞれ少しサービスの内容が異なっていますので、

その違いを簡単にご紹介していきたいと思います

 

レターパックライトの特徴

 

まず、安く送れるレターパックライトの特徴としては、以下の様なものが挙げられます

専用封筒のサイズは34cm×24.8cm(A4大サイズ)

重量は4kgまでOK

厚さは3cmまでOK

専用封筒の料金は360円

お届けは郵便受けに投函

 

レターパックプラスの特徴

 

続いて、レターパックライトよりも少し高い

レターパックプラスの特徴を挙げていきたいと思います

専用封筒のサイズは34cm×24.8cm(A4大サイズ)

重量は4kgまでOK

専用封筒に入れば、厚さの制限は無し

専用封筒の料金は510円

お届けは郵便受けに投函では無く、対面手渡し

荷物を自宅などに取りに来てもらう「集荷」の利用も1通から可能

正式には速達扱いではないが、ほぼ速達と同じぐらいの日数で届く

 

以上の様な特徴がありますが、特に、

レターパックライトとレターパックプラスで異なる点は、

上記に赤字で表記している

「厚さの制限が無い」という事と「お届けは対面手渡しをする」という事、

「専用封筒の料金がレターパックプラスの方が高い」という事、

「正式には速達扱いではないが、ほぼ速達と同じぐらいの日数で届く」という事、

「レターパックライトに関しては基本的には1通のみでは集荷不可」という事、になります

 

ちなみに、レターパックライトとレターパックプラスは全国一律料金という特徴がありますが、

例えば、近距離区間の荷物などの条件によっては、割引制度を上手く利用すれば、

レターパックプラスと比較した場合には、

ヤマト運輸の宅急便コンパクトの方が安くなる場合もありますので、

そちらも合わせて検討してみてはいかがでしょうか

宅急便コンパクトとレターパックの違いとして、 例えば、料金・サイズ・重さ・厚さ・着払いの有無などを比較してみました 宅急便コンパクトにも、レターパックに・・・

 

なお、レターパックライトとレターパックプラスに関して、

他にどちらにも共通している事としては、主に以下の様なものが挙げられます

追跡サービスあり

お届けの荷物を受け取る際、コンビニ受け取りは不可

郵便局留めでのお届けは可能

送る際、コンビニのレジでは発送の受付はしていない

配達日時指定は不可

補償は無い

信書も送れる

現金や危険物などは送れない

専用封筒の料金に運賃が含まれるので切手は不要

 

更に次の項では、レターパックをどんな場所から出す事ができるのか、

具体的な出し方を合わせてご紹介していきたいと思います

 


レターパックの具体的な出し方・発送方法は?

 

続いて、この項では、レターパックの具体的な出し方をご紹介します

 

はじめにレターパックを出せる場所ですが、

こちらは「郵便局の窓口」と「郵便ポスト」になります

(コンビニのレジでは、発送の受付はしていませんが、

コンビニにポストがあれば、実質コンビニからも発送可能とも言えるかと思います)

 

ただし、郵便ポストに関しては、投函口が小さくて、

レターパックのサイズの荷物が入らない郵便ポストもありますので、

そういった場合は、郵便局の窓口で受付をするか、

現状では特にローソンの各店舗に設置されている事が多いですが、

「コンビニ店内のレジ前にある、投函口の大きいポスト」に投函して下さい

 

なお、レターパックは発送方法がお手軽な点も魅力となっており、

専用封筒を用意したら、中身を入れて封をして、

(必要に応じて、中身は別途、緩衝材などで補強をして下さい)

専用封筒の表側にある各欄に、お届け先住所と自分の住所を記入して、

郵便局の窓口で受付するか、郵便ポストに投函するだけです

 

少し注意点を挙げると、追跡サービスを利用するには、

荷物問い合わせ番号が必要となりますが、

専用封筒には荷物問い合わせ番号の書かれた

「送り主用の控えシール(ご依頼主様保管用シール)」が貼られていますので、

郵便ポストに自分で投函する場合には、

投函する前にこの控えシールを剥がして保管しておいて下さい

 

ちなみに、レターパックライトやレターパックプラスと同様に発送のお手軽さが魅力で、

レターパックの封筒のおおよそ半分のぐらいの大きさまでの荷物であれば、

180円で送れるスマートレターの利用がおすすめです

スマートレターをコンビニで買える取り扱い店に加え、 スマートレターの特徴や、実際の送り方をご紹介していきたいと思います 単行本などの本やCD・DVDだけ・・・


関連商品のご紹介

 

管理人の感想

 

ここまで、レターパックのコンビニでの買い方、コンビニの取扱店、

レターパックを出す具体的な方法などをご紹介させて頂きました

 

レターパックはコンビニでは、現状として、

ゆうパックを取り扱っているコンビニであるローソン・ミニストップに加え、

それ以外だと、サークルK・デイリーヤマザキなどの取り扱いが多く、

セブンイレブン・ファミリーマートなどでは、取り扱っている店舗が少ない様ですが、

もし取り扱っているコンビニが近所にあれば、

24時間いつでも買えて、手軽に送る事もできるので、

魅力的な発送方法と言えるかもしれません

 

また、出し方も、専用封筒を買って、封をして、宛名を書いて出すだけ、

と簡単で、発送作業に慣れていない様な方にもおすすめできるので、

ちょっとしたものを送る際にも、気軽に使える発送方法として知っておくと便利かと思います

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

はこBOON 597円~

ヤマト運輸の宅急便 756円~(割引制度あり)



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

まとめ

今回は、レターパックのコンビニでの買い方やコンビニの取扱店、

レターパックの具体的な出し方などに関して、

レターパック専用封筒を購入できるコンビニ取扱店は?買い方は?

レターパック専用封筒に関しては、

切手を取り扱っているコンビニであれば、「取り扱う事自体は可能」なので、

ローソン・ファミリーマート・セブンイレブンなど、

国内の主要コンビニチェーンでは、多くのお店で取り扱う事自体は可能です

 

ただし、現状では、ローソン、ミニストップ、サークルK、

デイリーヤマザキなどの各店舗で取り扱っている場合が多く、

セブンイレブンやファミリーマートの各店舗では取り扱っていない場合が多い様です

 

レターパックプラスとレターパックライトの特徴をご紹介!

レターパックライトの特徴

専用封筒の料金は360円、サイズは34cm×24.8cm(A4大サイズ)、

厚さ3cmまで、重量4kgまで、お届けは郵便受けに投函

 

レターパックプラスの特徴

専用封筒の料金は510円、サイズは34cm×24.8cm(A4大サイズ)、

厚さ制限なし、重量4kgまで

お届けは郵便受け投函でなく対面手渡し、1通でも集荷可能

正式には速達扱いではないがほぼ速達と同じぐらいの日数で届く

 

レターパック共通の特徴

追跡サービスあり、コンビニ受け取り不可、コンビニレジでの発送受付不可、

補償は無い、現金は送れない、切手は不要、配達日時指定は不可

 

レターパックの具体的な出し方・発送方法は?

レターパックの具体的な出し方としては、

専用封筒を用意したら、中身を入れて封をして、

専用封筒の表側の各欄に送り先住所・自分の住所を書いて、

郵便局の窓口で受付するか、郵便ポストに投函するだけです

 

なお、郵便ポストに投函する場合には、

荷物問い合わせ番号の記載されている「控えシール」は、

自分で剥がしてから、投函する様にご注意下さい

 

なお、出せる場所は郵便局の窓口・郵便ポストになりますが、

郵便ポストで投函できないサイズの荷物は、郵便局の窓口か、

ローソンなどのコンビニ店内のレジ前にある投函口の大きい郵便ポストを利用して下さい

という事をご紹介しました

 

最近では、郵便局だけで見ても、多用なサービス・色んな発送方法がありますので、

上手く自分の目的に合った方法を見つけ出してみて下さいね

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります



この記事をお友達にも紹介して頂ける場合はこちらからお願いします!
ここから下もぜひ見て下さい!
管理人D
著者近影
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私が当サイトのメインの管理人ですが、
友達の管理人Cにも少し手伝ってもらっています
ちなみに名前の由来はサイト名の頭文字から取りました
管理人Dの書いた記事一覧
注目の記事をご紹介!
癒やしを求めるあなたへ!1分以内で見れる猫動画
東海の夏祭り&花火大会 屋台などの情報まとめ!

同カテゴリ記事一覧 配送の知恵

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ピックアップ記事(クリックで開きます)

ピックアップ記事をスライドでどうぞ!

セルカ棒(自撮り棒)がディズニーで禁止されている理由とは? セルカ棒のセルカはどんな意味?リモコンシャッターの使い方は? 京都しだれ桜オススメ名所9景をピックアップ!知る人ぞ知る名所も? 愛知しだれ桜の評判スポット名所8景をご紹介!お花見に是非! ファランジリングとはどんな意味?英語が由来となっている? ネイルチップリングとはどんな意味?ファランジリングとの違いは? 寄せ書きの色紙レイアウト定番デザイン4種類! 引っ越し挨拶文の定番は?文例として転居報告などの挨拶状も 引っ越し挨拶の手土産ギフトはいくらまで?品物にのしは付ける? 新入社員歓迎会や飲み会のマナー!好印象を与えるポイント5選 ネクタイの色の選び方!与えるイメージを把握して良い印象を与えよう! ネクタイの選び方!プレゼントに決める前に確認したい3ステップ

ページの最初に戻る