スマートレターをコンビニで買える取り扱い店と実際の送り方を紹介!

この記事は約3~5分ぐらいで読めそうです

conveniencestoresmartletter_t

スマートレターをコンビニで買える取り扱い店に加え、

スマートレターの特徴や、実際の送り方をご紹介していきたいと思います

 

単行本などの本やCD・DVDだけでなく、信書も送れるし、

ちょっとした小物を送る際にも全国一律180円で送れるのが魅力の

「スマートレター」ですが、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなど、

実際にどんなコンビニで専用封筒を販売しているのか、取り扱い店の事に加えて、

具体的な送り方も合わせてご紹介しますので、参考としてみて頂ければ幸いです



合わせて読みたい記事のご紹介
クリックポストとスマートレターの2つのサービスを取り上げて、 厚さ・サイズ、送料、使い方など基本的な部分を比較して、 私なりに感じるメリットとデメリットをまとめ・・・


 

スマートレター専用封筒をコンビニで買える取り扱い店はどこ?

 

まずはじめに、スマートレターの専用の封筒をコンビニで販売している取り扱い店ですが、

日本郵便のスマートレターのサービスのページには、

全国の郵便局、コンビニエンスストア等切手類販売所(一部を除きます)

および切手通販サイト「切手SHOP」にて販売しています。

[引用元]スマートレター – 日本郵便

と掲載されています

 

上記では、具体的なコンビニ名は挙げられていませんが、

書かれている内容の解釈としては、切手を販売しているコンビニの店舗であれば、

どのコンビニでも「取り扱う事自体」は可能という意味になります

(例えば、切手を取り扱っているコンビニであれば、ゆうパックを取り扱っていなくても、

スマートレターの専用封筒を販売する事自体は可能となっています)

 

という事から、多くのコンビニで取り扱い自体は可能となっていますが、

具体的にどのコンビニのどの店舗で販売されているか、という事に関しては、

全てを把握する事は難しい状況かと思います

 

ですから、参考として、私がTwitterなどを中心に実際にどんなコンビニで

皆さんがスマートレターを買われているのかを調べてみました範囲では、

ローソンだけでなく、セブンイレブンやファミリーマート、ミニストップ、

サークルK、デイリーヤマザキなどでも取り扱っている事はある様ですが、

どのコンビニの各店舗にしても、100%確実ではなく、

そもそも仕入れていなかったり、仕入れ数が少なかったりする事もあるみたいなので、

いずれのお店にしても、事前に電話などで確認するのをおすすめします

(スマートレターを取り扱うか否かは、各店舗の店長や責任者などが判断する様なので、

切手を取り扱っているコンビニで頼めば、入荷してもらえる可能性もあるかもしれません)

 

なお、スマートレター専用封筒の取り扱いはあくまで店舗によって異なりますが、

強いて言うならば、現状では、ローソンで取り扱っている事が多く、

他のコンビニに関しては、やや取り扱っている事が少ない様な印象を受けました

 

とは言っても、ニーズがあれば、今後取り扱い店舗が増えていく可能性もありますので、

その辺りは今後の動向にも期待したい所ですね

 


スマートレターの特徴や具体的な送り方をご紹介!

 

続いて、この項では、スマートレターの特徴や、具体的な送り方をご紹介したいと思います

 

まず、スマートレターは簡単に言うと以下の様な特徴があります

スマートレター専用封筒でのみ送れる

料金(専用封筒の価格)は180円

発送に切手は不要(専用封筒の価格に運賃が含まれる)

専用封筒のサイズはA5ファイルサイズ(A5大)

厚さは2cmまでOK

重量は1kgまでOK

信書も送る事ができる

という事で、専用封筒に入るもので、厚さ2cm・重量1kgの制限を守れば、

割と色んなものを送る事ができる点が魅力となっています

(強度に不安のある荷物の中身は、ご自分で別途、緩衝材などによる補強をして下さい)

 

ちなみに、サイズがA4大・厚さ3cm以下と、

スマートレターよりも大きさの制限に余裕がある上に、

スマートレターより安い164円で送れるクリックポストというサービスもあります

クリックポストを使う際のラベル印刷の節約テクニックや 使える封筒のサイズに加え、基本的な料金や日数、追跡、補償の事の他、 銀行振込の支払い方法に対応しているのか・・・

 

更に、スマートレターのサイズ・重さの制限を超えてしまう場合でも、

内容物が書籍や雑誌、CD・DVDの場合には、ゆうメールの利用もおすすめです

ゆうメールはコンビニ受け取りする事やコンビニから送る事も可能なのでしょうか、 また、具体的にゆうメールを送る方法や梱包の仕方、 着払いでの出し方・発送方法などに・・・

 

なお、スマートレターに関しては、送り方が簡単なのも魅力の1つで、

専用封筒を購入したら、専用封筒の表側に用意されている欄に、

送り先と自分の住所を書き込んで(手書きでOK)、荷物を入れて封をして、

郵便窓口から受付するか、郵便ポストに投函するだけです(切手は不要)

 

ただし、いくつか注意点もあり、

伝票番号がないので、追跡サービスには対応していない

現金・危険物などは送れない

補償は無い

荷物を自宅などに取りに来てもらう「集荷」には基本的に対応していない

お届けは基本的に郵便受けに投函

といった事も挙げられます

 

とは言っても、コンビニなら24時間スマートレターの専用封筒を買う事ができますし、

郵便ポストに投函すれば、こちらも24時間いつでも差し出しが可能なので、

郵便局に行く必要が無いという点も含めて便利なサービスではないでしょうか

 



管理人の感想

 

ここまで、スマートレターのコンビニで買える取り扱い店と、

スマートレターの特徴や具体的な送り方などをご紹介させて頂きました

 

スマートレターは専用封筒に入る大きさ・厚さ2cm・重量1kgの制限はあるものの、

以前にこちらの別記事でご紹介した「ゆうメール」と違って、信書もOKですし、

現金などの禁制品を除けば、本・CD・ゲーム・文房具など、送れるものも多く、

単純に料金も安いので、便利なサービスと言えるかと思います

 

また、個人的には、送り方が簡単という点で、

発送作業に慣れていない方でも使いやすいという部分も魅力な様に感じました

 

ただ、現状、コンビニに関しては、

専用封筒を取り扱っているかどうかは、各店舗によりけりなので、

近くの店舗で取り扱いがあれば、より便利に使えるかもしれませんね



関連商品のご紹介


合わせて読みたい記事のご紹介
ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

はこBOON 597円~

ヤマト運輸の宅急便 756円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、スマートレターをコンビニで買える取り扱い店や送り方に関して、

スマートレター専用封筒をコンビニで買える取り扱い店はどこ?

日本郵便のサイトには、

コンビニエンスストア等切手類販売所(一部を除きます)にて販売しています。

と記載されており、これは、切手を取り扱っているコンビニの店舗であれば、

どのコンビニでも「取り扱う事自体は可能」という意味になります

 

参考までに、私がTwitterを中心に集めた情報としては、

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルK、デイリーヤマザキ、

ミニストップ、などのコンビニで取り扱っている店舗もある様です

 

ただし、取り扱いは各店舗の判断に依存し、

100%確実に取り扱っている訳ではないので、

事前に電話などで各店舗に確認されるのがおすすめです

 

なお、現状では、ローソンで取り扱っている店舗が多く、

他のコンビニでは、取り扱っている事がやや少ない印象を受けました

 

スマートレターの特徴や具体的な送り方をご紹介!

スマートレターの特徴としては、

スマートレター専用封筒でのみ送れる、料金(専用封筒の価格)は180円、

大きさはA5ファイルサイズ(A5大)まで、厚さは2cmまで、重量は1kgまで、

切手は不要、信書も送れる、

といったものが挙げられます

 

送り方は簡単で、専用封筒の表側にある各欄に、

送り先の住所・自分の住所を書き込み、荷物を入れて封をして、

郵便窓口から受付するか、郵便ポストへ投函するのみです

 

また、いくつか注意点を挙げると、

追跡サービス無し、現金・危険物などは送れない、補償無し、

集荷には基本的に対応していない、お届けは基本的に郵便受けに投函、

といった事が挙げられます

という事をご紹介しました

 

最近では、発送方法もバリエーションが多く、どの方法で送るか悩む所なので、

それぞれの特徴を押さえて、上手く選択してみて下さいね

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
実はここから少し下にコメント欄が設けられています
意外とコメントは残し辛かったりするかもしれませんが、
気にせず、気軽にコメントして頂ければ嬉しいです!
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
フクウロ宅配買取の評判を見て古着査定を実際に利用してみたレビュー
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る