明治村にデートで行く場合のおすすめポイントをご紹介

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

愛知県犬山市にある明治時代をテーマにした施設、「博物館明治村」に関して、

彼氏や彼女とデートで行く際におすすめのポイントをご紹介します

 

明治村は明治時代をコンセプトとした施設となっており、

野外博物館として、色んな建造物などが見られる他、

グルメやイベントなど色んな見所がありますが、

この記事では特に、デートで行く場合に個人的におすすめなポイントをご紹介しますので、

デートの計画を立てる際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

営業時間やアクセス方法

 

まずはじめに、「明治村」に関して、

営業時間やアクセス方法、駐車場の有無などをご紹介させて頂きます

 

営業時間や休村日と入村料

 

[営業時間・休村日]

※時期・年によって異なりますので、詳細は公式サイトの以下のページをご覧下さい

開村時間・休村日│博物館明治村

[入村料(個人)]

大人:1700円

大学生・シニア(65歳以上):1300円

高校生:1000円

中学生・小学生:600円

※その他、団体割引などもありますので、詳細は公式サイトの以下のページも合わせてご覧下さい

各種料金│博物館明治村

 

上記の内容を少し補足していきますと、

まず、営業時間や休村日に関しては、

季節や年、イベント開催の有無によって異なり、

例えば、花火のある夏の時期やイルミネーションのある冬の時期など、

イベントがある場合は、夕方以降も営業している場合がありますので、

詳細は上記に示した公式サイトのページをご確認下さい

 

また、個人の場合の入村料は上記の通りとなっていますが、

上記に加えて、20名以上の団体割引であったり、

村内の「のりもの一日券」とセットの料金や、犬山城とセットの料金もありますし、

JAF会員証を提示しての割引、名鉄ミューズカードを提示しての割引、

名鉄インプレスカードを提示しての割引などもありますので、

こちらも詳しくは上記に示した公式サイトのページも合わせてご確認下さい

 


車でのアクセス・駐車場に関して

 

[駐車場の有無]

駐車場あり

[駐車場の料金]

普通車:3月~11月 – 800円、12月~2月 – 500円

バス(マイクロを含む):通年 – 1500円

自動二輪車(原付を含む):通年 – 200円

 

上記の内容を少し補足していきますと、

明治村には主に北門に近いエリアに駐車場が用意されており、

カーナビなどに従って、車で「明治村」の近くまで行くと、

山道の道路沿いに「明治村 駐車場」の看板を見つける事ができますので、

そちらの看板に従って進むと駐車場を見つける事ができます

(看板に従って進めば駐車場を見つける事ができますが、

時期によって、開放されている駐車場が違う場合がありますので少しご注意下さい)

 

なお、駐車場は入庫の際に料金を払うタイプとなっており、

駐車場の料金は上記の通りです

 

ちなみに、駐車場可能台数としては、

普通車の場合で900台となっており、比較的余裕がありますが、

花火のある夏の時期やイルミネーションのある冬の時期などに関しては、

混雑する可能性もありますので、

こういった時期には、少し早めに足を運ぶ事をおすすめします

 


電車でのアクセス・バス発着駅に関して

 

[バス発着駅]

名鉄 犬山駅

※バスの運行スケジュールは以下をご覧下さい

バス時刻表│博物館明治村

 

上記の内容を少し補足していきますと、

電車でのアクセスを検討されている場合、「名鉄 犬山駅」で下車し、

犬山駅の東口側のバス2番乗り場から「明治村行」のバスを利用すると、

おおよそ20~25分ぐらいで「明治村 正門」のバス停に着きますので、

「明治村 正門」でチケットを購入すれば、そのまま明治村に入れます

(帰りも「明治村 正門」から「犬山駅行」のバスが運行しています)

 

また、他にも、名古屋から向かう場合には、

名古屋駅近くの「名鉄バスセンター」から発車し、

「オアシス21の栄バスターミナル」を経由して、明治村へ行く高速バスもあります

(名鉄バスセンターから乗る場合、4Fの23番乗り場「明治村行」に乗車、

オアシス21の栄バスターミナルから乗る場合、8番乗り場「明治村行」に乗車)

[参考:名鉄バスセンター 乗り場案内図 ]

[参考:栄バスターミナル(オアシス21) 乗り場案内図 ]

 

デートで行く際のおすすめポイントをご紹介

 

続いて、「明治村」にデートで行く際に、

彼氏や彼女と盛り上がれるであろう、個人的におすすめなポイントをご紹介していきます

 

はじめに

 

はじめにちょっとした注意点をご紹介しますが、

明治村は広い野外の施設内を歩きまわって見るというのが基本的な楽しみ方になりますので、

1日楽しむ事を想定している場合、足への負担が大きいです

 

従って、特に女性などが、おしゃれに気を使って、

あまり歩き慣れていない靴を履いていくと、

かなり辛い可能性がありますので、その点はあらかじめご注意下さい

 

その1 衣装体験

 

場所としては、「2丁目 – 安田銀行会津支店」になりますが、

「衣装体験」は個人的にデートでおすすめできるスポットとなっています

[参考:村内地図│博物館明治村 ]

 

「衣装体験」では、男性・女性それぞれが、

明治時代をイメージした衣服や矢絣・袴姿に着替える事ができ、

記念撮影を行ったり、その衣装のまま村内の散策する事もでき、

より非日常感を味わう事ができますので、

後から思い出としても深く残りやすい体験の1つではないでしょうか

 

なお、衣装体験の料金に関しては、以下を合わせてご覧下さい

ハイカラ衣装館│博物館明治村

 

その2 謎解き系イベント

 

こちらは施設の色んな所を見てまわる際におすすめイベントで、

残念ながら、時期によって開催内容は異なりますが、

近年では、明治村にて謎解き系のイベントが開催されている事が多いので、

余裕があれば、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか

 

なお、謎解き系イベントの関しては、

開催イベントによって詳細は異なりますが、

おおよそ共通している部分として、

「施設内の特定の場所に行って、ヒントを集めて謎を解く」、

という場合が多い印象なので、

とにかく色んな所を見てまわりたいという場合にもおすすめですし、

「2人で一緒に謎を解く」という事で会話も必然的に増えますので、

盛り上がりやすくなるのもポイントかと思います

 

ちなみに少し注意して頂きたい点として、

謎解きはいくつかの難易度に分かれている事がありますが、

難しい難易度を選ぶと、時間がかかる場合がありますので、

難しい難易度に挑戦したい場合はできるだけ早い時間から足を運ぶのをおすすめします

 

その3 スタンプラリー

 

1つ前では、謎解き系イベントをご紹介しましたが、

謎解き系イベントは少し敷居が高いかも、という方には、

スタンプラリーもおすすめかと思います

 

スタンプラリーはいわゆるオーソドックスなスタンプラリーとなっていますが、

明治村は広い施設という事もあり、特に初めて行く場合には、

どこから見ていいか悩む場合もありますので、

スタンプラリーという目的がある事で、

施設内の色んな所を見てまわりやすいですし、

スタンプを集めたスタンプ帳が記念として残るのが、

デートでもおすすめできるポイントとなっています

 

なお、スタンプ帳は各入口(正門・北門)の近くにある、

おみやげを扱うショップなどで販売されており、

1冊200円と料金もお手頃なので気軽に楽しめます

 

その4 食べ歩きもできるグルメ

 

明治村では、色んなグルメが楽しめるのも魅力のとなっていますが、

やはりグルメもデートでは楽しんで頂きたいポイントの1つです

 

例えば、食べ歩き系ですと、

1丁目 正門近くでは小倉ドッグ、2丁目ではカレーぱん、

1丁目 正門近くと5丁目 帝国ホテル前ではコロツケー、などがありますし、

他にも、豪勢に楽しむなら、牛鍋もおすすめですし、

きしめんやオムライスなどの各種グルメもありますので、

ぜひ明治村に足を運んだ際には、グルメも楽しんでみて頂ければ幸いです

 

ちなみに、食べ歩き系ではない、席で食べる店舗系のお店に関しては、

お昼前後は行列ができている事もありますので、

店舗系のお店を利用される場合には、

施設内の散策を後回しにして、先に食事を済ませるのがおすすめかと思います

 

その5 真っ暗な迷路 暗夜回廊

 

場所としては、「4丁目 – 歩兵第六聨隊兵舎 2階」になりますが、

シンプルなアトラクションながら、デートなら意外とおすすめできるのが、

真っ暗な迷路のアトラクション「暗夜回廊」です

[参考:村内地図│博物館明治村 ]

 

「暗夜回廊」は、迷路内に入ると本当に何も見えないぐらい暗く、

手探りで道を探しながら進む迷路ですが、

真っ暗という事で少しスリリングでもありますし、

1人よりも、複数人いた方が盛り上がりやすいアトラクションとなっていますので、

デートで足を運ぶ際にも意外と楽しめるアトラクションの1つかと思います

 

その6 駄菓子屋

 

場所として、全体の中央より少し北寄りの4丁目にありますが、

駄菓子屋も意外とカップルで盛り上がれるスポットの1つとなっています

[参考:村内地図│博物館明治村 ]

 

駄菓子というと、誰しも子供の頃に一度は口にした事があるはずなので、

たくさん並んでいる駄菓子を見ながら、

どんな駄菓子が好きか、という話題でも盛り上がれるかと思いますし、

駄菓子なら、それほど高いものでもないので、

実際にいくつか買ってみて一緒に食べてみるのもおすすめではないでしょうか

 

その7 蒸気機関車・京都市電

 

明治村では、当時本当に使われていた蒸気機関車が運行されており、

希少性という点でも乗ってみる価値はあるかと思いますし、

はじめにご紹介した通り、明治村の施設は広いという事もあり、

入口から端まで行った後に、また入口まで戻ってくるのが少し大変なので、

単純な移動手段としても、相手を気遣うのあれば、

ぜひ、のりものにも乗ってみるのをおすすめします

 

なお、入場時にのりもの一日券とセットで購入できるチケットもありますが、

個人的な経験としましては、施設内の散策がメインの場合、

一日に何度ものりものに乗る事はなかったので、

のりものに乗る事をメインに考えている訳でなければ、

のりもの一日券は購入しなくても良いかと思います

 

管理人の感想

 

ここまで、愛知県犬山市の明治村に関して、

デートで行く場合の個人的なおすすめポイントをまとめてご紹介させて頂きました

 

明治村は施設面積が広く、どうしても歩きまわる事が多くなるかと思いますので、

特にデートで行く場合には、お互いに疲れない様に気遣いながら、

適度に休憩しつつ、のんびり楽しむのがおすすめです

 

また、明治村では、時期によってイベントが行われている事もありますので、

イベント開催時期なども事前にしっかりとチェックして足を運んでみて下さいね

 

まとめ

今回は、犬山市の「博物館明治村」に関して、

個人的にデートでおすすめなポイントとして、

デートで行く際のおすすめポイントをご紹介

その1 衣装体験

その2 謎解き系イベント

その3 スタンプラリー

その4 食べ歩きもできるグルメ

その5 真っ暗な迷路 暗夜回廊

その6 駄菓子屋

その7 蒸気機関車・京都市電

をご紹介しました

 

明治村は広い面積を持つ施設で、たくさんの見所があり、

その分、どこを見るべきか悩むかもしれませんので、

この記事でご紹介した内容も参考に楽しんでみて頂ければ幸いです

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 観光


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄のコメントですが
実はランダムで表示されている事にお気付きでしょうか?
もしよければ、他のページのコメントも見てみて下さいね
管理人Dの書いた記事一覧
人気記事

    まだデータがありません。

注目記事
大須商店街グルメマップ食べ歩き編!安いけどおいしいおすすめは?
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る