ヲタバの洗濯方法をご紹介!扱い方を覚えてなるべく長く愛用しよう!

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

otakubagwash_t

ヲタバ(オタバ)の洗濯方法をご紹介していきたいと思います

 

単純に洗濯の方法だけでなく、

防水スプレーでちょっとした汚れを予防するためのアイデアなども、

合わせて解説させて頂きます

 

以前はヲタバの作り方をご紹介しましたが、

オタバも繰り返し使っていると、

どうしても少しずつ汚れが気になってくるかと思います

 

さすがにカバンを洋服と同じ様な頻度で洗濯される方はあまりいないかもしれませんが、

カバンであっても、できる事なら綺麗な状態を保ったまま、

なるべく長く愛用できた方が良いですよね

 

ですから、この記事では、

お気に入りのヲタバをもう少し長く愛用していくためのアイデアなど含めて、

実際に私が普段から実践している方法を解説・ご紹介していきたいと思います


 

あらかじめ予防をしよう

 

まず、洗濯以前のお話として、予防についてご紹介したいと思います

 

カバンであっても使っていけば、

当然、相応に汚れていく事はわかるかと思いますが、

洋服程、頻繁に洗濯する事は少ない人が多いのではないでしょうか

というのも、

カバンはそもそも洗濯する事を前提として作られてはいないみたいです

 

ですから、カバンの場合には、

事前に少し予防をしておくと良いかと思います

 

実際に私も実践している具体的な方法ですが、すごく簡単な事で

防水スプレーを使う、という事になります

 

防水スプレーというとあまり馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、

探してみると色んな種類の物があり、

中には衣類用といった物も存在しています

 

知らない方からすると、防水スプレーという名前なので、

水を防ぐの?と思われるかもしれませんが、

撥水という様な効果ももちろんあります

 

ただ、防水スプレーの働きというのは、

繊維をコーティングする様なイメージなので、

副次的な作用として、汚れを防ぐという効果も期待できます

 

更にこの防水スプレーですが、

価格も500~1000円程度で買える割には

カバンだけでなく、例えば、靴などにも使う事ができ、

利用できる範囲も広いので

1本持っておくと、別の場面でも役立つ事は間違いないと思います

(バッグだけでなく、ヲタバに取り付けるグッズに防水スプレーを使っても良いかと思います)

 

ですから、ヲタバ用のカバンを購入されたら、すぐに防水スプレーを使い、

その後もできれば、定期的に防水スプレーを使う事で

ある程度の汚れを予防でき、結果的に長く愛用していく事ができますね

 

なお、防水スプレーには少なからず、素材との相性の良し悪しがありますので、

はじめに目立たない位置で試してから使う様にした方が良いです

(素材との相性が悪いと変色などする可能性がありますのでご注意下さい)

 


素材を確認しよう

 

以前にオタバの作り方の記事でもご紹介しましたが、

ヲタバとして使うカバンの素材は

布(キャンバス)などが多いかと思いますが、

合皮やレザーなどの素材は普通に家庭で洗濯するには扱いが難しいため、

今回の洗濯の方法には適していませんので

その点は、あらかじめご了承下さい

 

簡単に洗えない素材に関しては、

前述した防水スプレーでの予防がより重要となってくるかと思います

 

なお、洗濯が可能かどうかの確認方法ですが、

当たり前ですが、1つは洗濯表示を見る事です

 

ただし、カバンの場合、洗濯表示がない物も正直な話あるかと思います

そういった場合はまず、素材の表示を確認しましょう

綿(コットン)の割合が多い生地であれば、

おおよその場合、洗濯しても大きな問題はないかと思います

(しかし、ここはあくまで自己責任での判断をお願いいたします)

 

また、素材が表示されてない場合もあるかと思います

そういった場合は、

もし、品質表示タグに電話番号や会社の表記があれば、

その製造元や販売元に直接、問い合わせてみましょう

 

中には、商品の情報を細かく管理できていない様な会社も

実際にあるかとは思いますが、

それでも、素人がなんとなくで判断するよりは

確度の高い情報が得られる場合が多いかと思います

その際には、ついでにケア方法なんかも聞いておくと良いですね

 

グッズを取り外そう

 

洗濯ができる事が確認できましたら、次に洗濯前の準備として、

当たり前ですが、グッズを取り付けたまま洗濯はできませんので、

ぬいばなどのグッズは全て外してしまいましょう

 

この際は、オタバの作り方の記事でもご紹介しましたが、

グッズを外す前に写真を撮影しておくと、

元の状態に戻す時に参考になるかと思います

 


洗剤を選ぼう

 

ヲタバで使っているディズニーのカバンに関しては、

プリントなどがほどこされている物が多いかと思いますが、

プリントをなるべく劣化させない、という事に加えて、

生地もなるべく傷めない様にしたい、という点で考えても、

漂白剤などの入っていない、中性洗剤がオススメです

 

また、オタバの場合ですと、

キャラクターからサインをもらっているカバンなんかもあるかと思いますが、

サインをなるべく良い状態で保つためには

サイン入りグッズの洗濯方法の記事も合わせてご覧頂けますと幸いです

 

なお、漂白剤の入っていない中性洗剤としては、

私は実際に『エマール』を使っています

 

つけおきをしよう

 

前項でご紹介した様にレザーや合皮など、

一部の素材に関しては、普通に家庭で洗濯するには扱いが難しいですが、

洗濯表示を見て、水洗いが不可でなければ、

多くの場合は、カバンであっても普通に家庭で洗濯しても問題ないかと思います

 

そして、ここから実際の洗濯に移っていきますが、

洗濯の手順として、まずはつけおきをしておきましょう

(軽度の汚れであれば、つけおきの必要はないかもしれません)

 

ただし、長時間のつけおきは色落ち、

更には別部分への色移りの原因ともなりやすいので、

こまめに様子を見ながら、つけおきする様にして下さい

 

つけおきは『ぬるま湯+中性洗剤』などで行いますが、

この使っている水が汚れてきたり、色が変わってきたら、

つけおきはやめて、実際に洗っていきましょう

 

なお、つけおきには臭い対策という作用も期待できるので、

食事の臭いが付いて気になるという場合などにも効果的です

 

手洗いで洗おう

 

こちらはサイン入りグッズの洗濯方法の記事でもご紹介しましたが、

例えば、生地を裏返して、ネットに入れて、

手洗いコース・ドライコース・ソフトコースなどで洗濯機で洗う

という方法もない訳ではありません

(この辺りはあくまで自己責任での判断をお願いいたします)

 

ただし、カバンを洗濯機で洗う場合、

型崩れしてしまったり、縮んでしまう、という事が

手洗いと比べると起こりやすい様に思います

 

ですから、なるべく手洗いで洗う様にしていきましょう

(手洗いでも型崩れや縮みが完全に防げる訳ではありませんが、

洗濯機で洗う場合に比べると、程度が小さく済む場合が多いです)

 

手洗いの場合、ぬるま湯に浸しながら、

軽めの力で、押したりして洗う他、

柔らかめのブラシなどを使って、生地を優しくこすったりする方法もあります

 

できれば、何度かぬるま湯を取り替え、

汚れが出てこない様であれば、最後に軽く生地を流して終了となります

 

なお、普段から防水スプレーで予防をしているなど、

汚れの程度がそれほどのものでなければ、

全体を手洗いしなくても、

前述の柔らかめのブラシなどに中性洗剤をつけて、

汚れている部分を優しくこするだけでも、充分汚れがとれる場合もあります

 

この方が当然、生地も傷みにくく、

型崩れや縮みといった心配も少ないので、

汚れの具合によって、洗濯方法はご自分で判断してみて下さいね

 

陰干ししよう

 

手洗い後ですが、特に別途、脱水する様な必要はありません

(なるべく縮まない様にと考えるなら、脱水はむしろ避けた方が良いかと思います)

 

干す場合は、直射日光を避け、裏返しのまま干す様にしましょう

なお、陰干しは風通しの良い場所で行う様にして下さい

 

直射日光は色落ちやプリント劣化などの原因となりやすいので、

良い状態を保つためには、こういった方法がベストかと思います

 

完全に乾きましたら、前述の様に

最後に防水スプレーを使って予防をほどこしたら、完成となります

お疲れ様でした

 

管理人の感想

 

正直、素材によっては洗えない物もありますが、

布・キャンバス系の素材であれば、

思ったよりも手入れは楽なので、

思い切って洗濯してみると、また新たな気持ちで使えますし、

今までよりも更に愛着も湧いていくかと思います

(今回、紹介した手洗いの方法を否定する様な意見にはなりますが、

キャンバス素材の場合、もっと雑に、

適当に洗濯機で洗う事で生まれる風合いが好きという方もいますので、

その辺りは人それぞれの好みで選んでも良いですね)

 

更に洗濯の際にちょっとだけ匂い付きの柔軟剤なんかも入れておくと

持ち歩くのも楽しくなりそうです

実際に私もカバンを洗濯する際にはちょっとだけ柔軟剤を使っています

 

また、洗濯できない様なカバンであっても、

防水スプレーによる予防以外でも

素材によっては消しゴムなんかでもちょっとした汚れはとれますので

取り扱い方を覚えて、長く使える様に大事にしていきたい所ですね

 

更なる情報を求めるあなたへのオマケ!(管理人の手動更新)

 

まとめ

今回は大事なヲタバを少しでも長く使っていくためのアイデアや洗濯方法として、

予防

定期的に防水スプレーを使い、そもそも汚れる事をなるべく予防する

(防水スプレーは素材との相性の良し悪しがあるので、

はじめは目立たない場所で試してから使う様にして下さい)

 

素材の確認

まず、水洗いが可能なのか、という事

洗濯表示や素材表示がない場合、品質タグにある製造元に問い合わせてみるとわかるかも

 

グッズを取り外す

洗濯の前にはぬいばなどのグッズは1度、全て取り外しましょう

取り外す前に写真を撮っておくと後でグッズを付ける際に参考になるかと思います

 

洗剤を選ぶ

生地に優しい漂白剤の入っていない中性洗剤がオススメです

参考までに私の場合は『エマール』を使っています

 

つけおき

長時間のつけおきは色落ち・色移りの可能性もあるので、様子を見つつ行う

つけおきにはニオイ対策といった効果もある

 

手洗い

なるべく生地を傷めない様に、と考えると手洗いがオススメですが、

手洗いコースなど、洗濯機で洗う事もできます

ただし、手洗いと比べると型崩れや縮みが起きやすいかも

(手洗いであっても、さすがに完全に防ぐ事は難しいですが…)

また、汚れの程度がそれほどでなければ、汚れている部分を

中性洗剤を付けた柔らかめのブラシなどでこするだけでも充分な場合もあります

 

陰干し

色落ちやプリントの劣化を防ぐためにも直射日光を避ける事が重要

陰干しは風通しの良い場所で行いましょう

という事をご紹介しました

 

カバンであっても当然使っていけば汚れてきますし、

せっかくのお気に入りのヲタバだったら、なおさら綺麗に使っていきたい所ですね

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[アンケート]ヲタバ(オタバ)を実際に見かけた事がありますか?

回答を選んでアンケートの結果を見る!

Loading ... Loading ...

 

この記事をお友達にも紹介して頂ける場合はこちらからお願いします!
ここから下もぜひ見て下さい!
管理人C
著者近影
この記事は管理人Cが書かせて頂きました
私は管理人Dのお友達で、
たまに管理人Dに代わって記事を書いています
最近の趣味は何かと色々パシャパシャ撮る事です
管理人Cの書いた記事一覧
注目の記事をご紹介!
癒やしを求めるあなたへ!1分以内で見れる猫動画
東海の夏祭り&花火大会 屋台などの情報まとめ!

同カテゴリ記事一覧 オタク

この記事 への1件のフィードバック

  1. セカロマクラスタ より:

    参考になりました。
    痛バックは製作経験が未だに無いので、チャレンジしてみたい。

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

ピックアップ記事(クリックで開きます)

ピックアップ記事をスライドでどうぞ!

セルカ棒(自撮り棒)がディズニーで禁止されている理由とは? セルカ棒のセルカはどんな意味?リモコンシャッターの使い方は? 京都しだれ桜オススメ名所9景をピックアップ!知る人ぞ知る名所も? 愛知しだれ桜の評判スポット名所8景をご紹介!お花見に是非! ファランジリングとはどんな意味?英語が由来となっている? ネイルチップリングとはどんな意味?ファランジリングとの違いは? 寄せ書きの色紙レイアウト定番デザイン4種類! 引っ越し挨拶文の定番は?文例として転居報告などの挨拶状も 引っ越し挨拶の手土産ギフトはいくらまで?品物にのしは付ける? 新入社員歓迎会や飲み会のマナー!好印象を与えるポイント5選 ネクタイの色の選び方!与えるイメージを把握して良い印象を与えよう! ネクタイの選び方!プレゼントに決める前に確認したい3ステップ

ページの最初に戻る