ゆうパックと宅急便コンパクトの違いを比較!メリットデメリット

この記事は約10~12分ぐらいで読めそうです

yamatoconpactyoupack_t

ゆうパックと宅急便コンパクトの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、代金引換・着払いの可否、コンビニ受け取りの可否などの違いを比較して、

私なりにメリット・デメリットと感じる部分をまとめてみました

 

最近では色んなバリエーションの配送サービスがある事から、

どの送り方が自分の目的に合った方法なのか、わかりにくい事もあり、

この記事では特に、ゆうパックと宅急便コンパクトを比較してみましたので、

実際に発送方法を検討される際に、参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件・運送会社に関して

 

まず、宅急便コンパクトとゆうパックを利用するための前提条件や、

配送を担当する運送会社をまとめると以下の通りとなっています

[宅急便コンパクト]

前提条件:専用BOXが必要(専用BOXは2種類あり)、専用の伝票が必要

運送会社:ヤマト運輸

[ゆうパック]

前提条件:箱などは自分で用意する必要あり、専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

運送会社:郵便局

 

上記の内容を補足していきますと、配送を担当する運送会社に関しては、

宅急便コンパクトがヤマト運輸、ゆうパックが郵便局とそれぞれ違うのが特徴的です

 

サービスを利用するための前提条件として、宅急便コンパクトの場合、

宅急便コンパクト専用BOXに送りたいものを入れて送る必要があるため、

発送する際には、事前に専用BOXを購入する必要があります

(専用BOXは2種類あり、それぞれのBOXのサイズは次項でご紹介しています)

 

なお、専用BOXは、ヤマト運輸の営業所で販売されている他

荷物の集荷依頼をした際に、持って来てもらう事もできますし、

一部を除く、コンビニ等の宅急便取扱店でも販売している事に加え、

専用BOXのみ購入の場合、まとめて5枚以上購入すれば自宅に届けてもらう事もできます

 

更に、宅急便コンパクトに関しては、

発送の際には、専用の伝票を用いる必要があり(無料でもらえます)、

専用の伝票は、ヤマト運輸の営業所でもらう事ができる事に加え、

集荷依頼をして荷物を取りに来てもらう際に持って来てくれる他、

宅急便コンパクトを取り扱っているコンビニ などで手に入れる事ができます

(コンビニでもらえる伝票はどこでも使えますが、

ヤマト運輸の営業所でもらえる伝票はコンビニで使えないタイプのものもありますので、

コンビニから送るつもりの場合は、コンビニで使える伝票を下さい、と伝えれば、

ヤマト運輸の営業所でもコンビニで使えるタイプの伝票をもらう事ができます)

 

ただし、例外として、現状、

以下のページにある宅急便コンパクトをお取り扱いしているコンビニでは、

宅急便コンパクト・着払いの発送の受付は行っていませんのでご注意下さい

(現状、コンビニには、宅急便コンパクト・着払いの伝票も置いてありません)

[参考:宅急便コンパクトをお取り扱いしているコンビニエンスストア ]

 

また、ネット接続したパソコンやプリンターなどが必要になりますが、

個人事業主や法人向けで、事前契約が必要なB2 B2Web のサービスを利用して、

着払い以外であれば、宅急便コンパクトの伝票を印字する事も可能となっています

(ただし、B2・B2Webを利用して印字した伝票は、コンビニ等の取扱店では利用できません)

 

続いて、ゆうパックに関しても、宅急便コンパクトの場合と同じく、

発送する際には、無料で手に入る専用の伝票が必要で、

伝票に関しては、郵便局でもらったり、集荷を頼んだ際に持って来てもらう事もできますし、

ローソン・ミニストップなどのゆうパックを取り扱っているコンビニで手に入れられる他にも、

Webゆうパックプリント (カラープリンターが必要)や、

ゆうパックプリントR (モノクロプリンターもOK、要事前登録)のサービスを利用して、

自宅のプリンターを使って印刷する事も可能となっています

(自宅印刷したゆうパックの伝票はコンビニでは使えない他、

ゆうパック代金引換の伝票などを自宅印刷する場合には事前登録が必要です)

 

なお、ゆうパックの場合は、梱包に使用する封筒や箱などは、

自分で用意する必要があるものの、宅急便コンパクトと違い

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒でも、ダンボールでも、ビニール製の袋でも、何を使ってもOKです

 

以上の事から、宅急便コンパクトとゆうパックの違いの1つとしては、

発送するために専用BOXが必要かどうか、という事が挙げられるかと思います

[利用の前提条件・運送会社のまとめ]

宅急便コンパクトはヤマト運輸が、ゆうパックは郵便局が配送する

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要

ゆうパックは梱包用の箱などは自分で用意する

宅急便コンパクトの利用には専用BOXと専用の伝票が必要

 


サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関しては以下の通りです

[宅急便コンパクト]

専用薄型BOX:24.8cm×34cm、専用BOX:20cm×25cm×厚さ5cm

(専用薄型BOX・専用BOXのいずれか一方を利用する必要がある)

重さ制限なし(専用BOXに入ればOK)

送料:距離で決まる(送料とは別に専用BOX代65円が必要になります)

[ゆうパック]

サイズ3辺合計170cm以内、重さ30kgまで

送料:サイズと、距離で決まる

 

上記の内容を補足していきますと、サイズ制限に関しては、

宅急便コンパクトの場合、2種類の専用BOXのいずれか一方を利用する必要があり、

専用薄型BOXはA4用紙よりも大きいぐらいのサイズ感、

専用BOXは専用薄型BOXより少し小さいものの、厚さ(高さ)があるという特徴がありますが、

対して、ゆうパックの場合には、縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内、

という制限なので、宅急便コンパクトよりもゆうパックの方がサイズの自由度は高いと言えます

 

重さに関しては、ゆうパックはサイズ問わず一律30kgまで、になりますが、

宅急便コンパクトに関しては、2種類の専用BOXに入るものであれば、

重さの制限がないという事が特徴的となっています

 

送料に関しては、発送地域からお届け地域までの距離で決まる事は共通していますが、

宅急便コンパクトは、前述の通り、距離だけで決まるのと比較して、

(宅急便コンパクトでは、送料以外に専用BOX代65円が別途必要になります)

ゆうパックは、それぞれ荷物の3辺の合計の最大値を表している、

「60・80・100・120・140・160・170」の7区分に分かれたサイズと、

(例えば、60サイズの場合、荷物の3辺の合計値が60cm以内)

距離の組み合わせで決定するのが特徴的で、

更に詳細は次項でご紹介しますが、どちらのサービスに関しても、

個人利用でも使いやすい割引制度もあります

[参考:宅急便コンパクトの送料一覧 ゆうパックの基本運賃表 ]

 

なお、単純に料金面を比較していった場合、

宅急便コンパクトに関しては、専用BOXのサイズが3辺60cm以内となっており、

感覚的には、ゆうパックの60サイズの更に1つ下の区分の様なイメージなので、

ゆうパックの60サイズと比較して、宅急便コンパクトの方が安く設定されている事が特徴的です

[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

ゆうパックの送料はサイズと、距離で決まる

ゆうパックのサイズ制限は、3辺合計170cmまで

ゆうパックの重さ制限は、サイズ問わず一律30kgまで

宅急便コンパクトの送料は距離で決まる(送料以外に専用BOX代65円が必要)

宅急便コンパクトのサイズ制限は、24.8cm×34cmまたは20cm×25cm×厚さ5cm

宅急便コンパクトの重さ制限は、無い(専用BOXに入ればOK)

 


割引制度に関して

 

宅急便コンパクトとゆうパックの割引制度に関しては、以下の通りです

[ゆうパック]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

[宅急便コンパクト]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックも宅急便コンパクトも、

個人利用の場合でも使いやすい割引制度が用意されている、という点は共通しています

 

ただし、割引制度の詳細はそれぞれで違い、例えば、ゆうパックの場合、

持込割引(120円引き)、同一あて先割引(60円引き)、

複数口割引(60円引き)などがあり、どれを組み合わせて利用できるかも含め、

以下の別記事で詳しくまとめていますので、よろしければ合わせてご覧下さい

ゆうパックの割引制度は以下の記事でまとめています

 

更に、宅急便コンパクトの場合には、

持込割引(100円引き)、デジタル割(50円引き)、クロネコメンバー割(10%引き)、

クロネコメンバー割BIG(15%引き)、の4つの割引制度が用意されており、

こちらも以下の宅急便の割引制度の記事で詳しくご紹介していますので、

よろしければ合わせてご覧になってみて下さい

(クロネコメンバー割とクロネコメンバー割BIGはいずれか一方しか利用できませんが、

他の割引制度とはそれぞれ組み合わせが可能で、最大3つを併用する事ができます)

クロネコヤマトの宅急便・宅急便コンパクトの割引制度に関してまとめました
[割引制度のまとめ]

ゆうパックも宅急便コンパクトも個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

補償・追跡に関して

 

ゆうパックと宅急便コンパクトの追跡と補償に関しては以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

追跡サービス利用可能・補償あり(3万円まで)

[ゆうパック]

追跡サービス利用可能・補償あり(30万円まで)

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便コンパクトもゆうパックも、

補償があり、追跡サービスが利用できるという点では共通しています

 

ただし、補償限度額は違い、ゆうパックは、補償が30万円までありますが、

宅急便コンパクトは、ゆうパックと比較すると、料金の安いサービスという事もあり、

補償は3万円までとなっていますのでご注意下さい

[追跡・補償のまとめ]

宅急便コンパクトは追跡サービス利用可能・補償あり(3万円まで)

ゆうパックも追跡サービス利用可能・補償あり(30万円まで)

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数としては、以下の通りとなっています

[ゆうパック]

日曜・祝日も配達される

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

[宅急便コンパクト]

お届け日数は宅急便と同様

日曜・祝日も配達される

ヤマト運輸サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

 

具体的なお届け日数に関しては、発送地域とお届け地域までの距離で決まるため、

上記にも挙げた各サイト内のリンク先ページを参考として頂ければと思いますが、

宅急便コンパクトもゆうパックも日曜・祝日も配達される事が特徴的で、

区間等が同じ条件であれば、お届けまでの日数はほぼ同様となっていますので、

お届け日数の差異は特に気にする必要はないかと思います

 

なお、特に急ぎの荷物を送りたい場合、

ゆうパックに関しては、対象エリアが限定されますが、

基本運賃のみで利用でき、概ね午前中に発送すれば発送日の当日に届く、

当日配達ゆうパック 」というサービスがあるものの、

宅急便コンパクトに関しては、急ぎの荷物に対応したサービスは特にありません

[お届け日数のまとめ]

宅急便コンパクトは日曜・祝日も配達される

ゆうパックも日曜・祝日も配達される

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払いや代金引換の可否としては以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

着払いも利用可能(専用の伝票が必要、コンビニ以外では利用可能)

事前契約すれば、代金引換も利用可能(B2 B2Web 等で作った伝票が必要)

[ゆうパック]

着払いも利用可能(専用の伝票が必要)

事前契約なしで、代金引換も利用可能(専用の伝票が必要)

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便コンパクトに関しては、

送る側が発送時に送料を払う「発払い(元払い)」の発送方法以外にも、

2016年4月1日からは「着払い」も利用可能となっている事に加え、

(現状、宅急便コンパクト・着払いはコンビニ以外で利用可能となっています)

事前契約をすれば、代金引換の発送方法を利用する事もできます

(宅急便コンパクトの代金引換を利用する場合、宅急便の代金引換と違い、

手書き式伝票は使えず、B2 B2Web 等で作った伝票が必要になる他、

代金引換サービスの利用には別途利用手数料がかかります)

 

対して、ゆうパックも「着払い」も「代金引換」も利用する事が可能で、

ゆうパックの着払いを利用する場合には、

郵便局やコンビニで手に入れる事のできる、着払い専用伝票を用い、

郵便局の窓口・ゆうパックを取り扱っているコンビニ・集荷依頼、

を利用して発送する事ができる他、

(ゆうパックの着払いに関しては、利用に手数料はかかりません)

ゆうパックの代金引換を利用する場合には、

宅急便コンパクトとは違い、事前契約は不要で、

専用の伝票さえ手に入れれば、個人でも利用する事が可能となっています

(ただし、代金引換のゆうパックはコンビニ等の取扱店からは発送できない他、

代金引換の利用には、代引手数料と送金手数料などが別途かかります 参考ページ

 

なお、ゆうパックの代金引換の伝票は郵便局で手に入る以外にも、

集荷依頼をした際に、持って来てもらう事も可能となっています

[着払い・代金引換の可否のまとめ]

ゆうパックでは、着払いも利用可能

ゆうパックでは、事前契約なしに代金引換が利用可能(専用の伝票が必要)

宅急便コンパクトでも、着払いも利用可能(コンビニ以外)

宅急便コンパクトでは、事前契約すれば代金引換が利用可能(B2Web 等で作った伝票が必要)

 

支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[ゆうパック]

現金

切手(注)

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所によって、使える支払い方法が異なります

[宅急便コンパクト]

現金

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所によって、使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、

現金の他に、切手が使えたり、一部コンビニでは、

クレジットカード・電子マネー・クオカード支払いなどもできますが、

発送する場所によって支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

ゆうパックの送料の支払い方法は以下の記事で詳しくまとめています

 

宅急便コンパクトに関しては、現金の他に、電子マネー決済や、

一部コンビニでは、クレジットカードやクオカード支払いなどもできますが、

こちらも発送する場所によって支払い方法が異なり、基本的には宅急便の場合と同様なので、

詳しくは以下の記事を合わせてご覧になってみて下さい

宅急便の送料の支払い方法は以下の記事で詳しくまとめています
[支払い方法のまとめ]

宅急便コンパクトは発送場所によっては現金以外でも支払える

ゆうパックも発送場所によっては現金以外でも支払える

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[宅急便コンパクト]

発送できる場所:ヤマト運輸の営業所、ヤマト運輸を取り扱うコンビニ等の取扱店

集荷:利用可能

[ゆうパック]

発送できる場所:郵便局の窓口、ゆうパックを取り扱うコンビニ等の取扱店

集荷:利用可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックの場合、

発送できる場所に関しては、郵便局の窓口はもちろんの事、

ゆうパックを取り扱うコンビニ等の取扱店からも発送する事が可能となっています

[参考:ゆうパックはどのコンビニから出せますか? – 日本郵便 ]

(ゆうパックをコンビニから発送する場合、自宅印刷した伝票や、

伝票の左上に「B」等、「C」以外の表記のある、

宛名印字サービスを利用した伝票などは使えない事に加え、

コンビニ等の取扱店では、代金引換のゆうパックは発送する事ができません)

 

続いて、宅急便コンパクトを発送できる場所に関しては、

ヤマト運輸の営業所へ持ち込むだけでなく、

ヤマト運輸を取り扱うコンビニ等の取扱店へ持ち込む方法があります

[参考:宅急便コンパクトをお取り扱いしているコンビニエンスストア ]

(ただし、代金引換の宅急便コンパクトの発送受付に関しては、

コンビニ等の取扱店ではできませんのでご注意下さい)

 

また、ゆうパックも宅急便コンパクトも、上記以外の発送方法として、

荷物1個からでも自宅に取りに来てもらう事が可能な、

「集荷サービス」が無料で利用できる事が特徴的です

(集荷サービスを利用した場合、どちらの発送方法にもある割引制度の1つである、

持込割引が適用されませんのでご注意下さい)

[発送できる場所と集荷のまとめ]

宅急便コンパクトは集荷サービスが荷物1個から利用可能

宅急便コンパクトはヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取扱店から発送可能

ゆうパックも集荷サービスが荷物1個から利用可能

ゆうパックは郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店から発送可能

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届け方法、日にち・時間帯指定に関しては以下の通りです

[宅急便コンパクト]

お届け方法:対面手渡し

お届けの際の日にち・時間帯の指定可能

[ゆうパック]

お届け方法:対面手渡し

お届けの際の日にち・時間帯の指定可能

 

上記の内容を補足していきますと、

お届け方法とお届けの際の日時指定に関しては、どちらも共通しており、

どちらのサービスでも、荷物を発送する際に、

お届けの希望日時を指定する事が可能となっている事に加え、

(お届けが間に合わない様な日にち・時間帯は指定できません)

お届け方法は対面手渡しである事が特徴的で、

お届けの際に不在の場合には、不在票が投函される事になります

(再配達時にもお届け希望日時の指定が可能です)

[お届け方法、日にち・時間帯指定のまとめ]

宅急便コンパクトもゆうパックも日にち・時間帯の指定可能

宅急便コンパクトもゆうパックもお届け方法は対面手渡し

 

信書の取り扱いに関して

 

ゆうパックと宅急便コンパクトの信書の取り扱いに関しては以下の通りになります

[ゆうパック]

信書は送れない

[宅急便コンパクト]

信書は送れない

 

上記の内容を補足していきますと、信書の取り扱いに関してはどちらも同じで、

ゆうパックでも宅急便コンパクトでも信書を送る事ができませんので、

信書を送る場合には、他の配送サービスを利用する必要があります

(信書は例えば、郵便局のサービスである、定形郵便、

定形外郵便レターパックスマートレターなどで送る事が可能です)

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ 総務省のこちらのページ に詳しく書かれていますので、

そちらも合わせて参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

ゆうパックも宅急便コンパクトも信書が送れない

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

自宅などで受け取り可能

ヤマト運輸の営業所止めも可能

コンビニ受け取りも可能(条件あり)

[ゆうパック]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

一部の通販サイトで購入した商品のみコンビニ受け取りが可能

個人発送のゆうパックの荷物はコンビニ受け取り不可

 

上記の内容を補足していきますと、

宅急便コンパクトもゆうパックも自宅などで受け取れる事に加え、

宅急便コンパクトに関してはヤマト運輸の営業所止めができる他、

ゆうパックに関しては郵便局留めをする事が可能となっています

 

コンビニ受け取りに関しては、宅急便コンパクトの場合は、

コンビニ受け取りするためには条件があり、

クロネコメンバーズに登録している、発払い(元払い)の荷物である、

などの条件を満たした場合のみ、コンビニ受け取りができますが、

条件が少し複雑なため、以下の別記事でまとめましたので合わせて参考としてみて下さい

宅急便コンパクトのコンビニ受け取り方法は以下の記事で詳しくご紹介しています

 

対して、ゆうパックのコンビニ受け取りに関しては、

Amazonや楽天市場で購入した商品など、一部のサイトで購入した商品に限っては、

限定的にコンビニ受け取りできる場合がありますが、

[参考:コンビニ受取サービス – 日本郵便 ]

上記以外の例えば、個人発送の荷物などに関しては、

一切コンビニ受け取りのサービスが利用できませんのでご注意下さい

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

宅急便コンパクトもゆうパックも自宅などで受け取りできる

宅急便コンパクトはヤマト運輸の営業所止めが可能

宅急便コンパクトは条件付きでコンビニ受け取り可能(要クロネコメンバーズ事前登録)

ゆうパックは郵便局留めが可能

ゆうパックは一部の通販サイトで購入したもの以外はコンビニ受け取り不可

 

宅急便コンパクトとゆうパックのメリット・デメリット

 

最後にゆうパックと宅急便コンパクトに関して、

私なりに感じたメリットやデメリットをまとめたいと思います

[宅急便コンパクトのメリット・デメリット]

利用には専用の伝票が必要

2種類の専用BOXの内、いずれか一方を利用する必要がある(専用BOXは各65円)

配送を担当するのはヤマト運輸

サイズは、24.8cm×34cmもしくは20cm×25cm×厚さ5cm

重さ制限なし(専用BOXに入ればOK)

送料は距離で決まる(宅急便コンパクトの送料一覧

個人でも利用しやすい割引制度がある

補償あり(3万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、ヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも利用可能(コンビニ以外)・事前契約すれば代金引換も利用可能

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

元払いの荷物はコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

信書が送れない

宅急便コンパクトの送り方などは以下の記事でも詳しくご紹介しています
[ゆうパックのメリット・デメリット]

利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

配送を担当するのは郵便局

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さはサイズを問わず一律30kgまで

送料はサイズと、距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも代金引換も事前契約なしに利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

個人発送の荷物のコンビニ受け取りは不可

一部の通販サイトで購入した荷物はコンビニ受け取り可能

信書が送れない

ゆうパックの送り方などは以下で詳しくご紹介しています!

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

宅急便コンパクトに関しては、大きさとして、

専用BOXに入れる事のできるものしか送れない、という事がデメリットですが、

その分、料金はゆうパックの60サイズより安いという事がメリットではないでしょうか

 

対して、ゆうパックに関しては、3辺合計170cmまでと、

サイズの自由度が高い事がメリットになりますが、

サイズが宅急便コンパクトよりも大きくなる事もあって、

送料は、宅急便コンパクトと比較してしまうと、少し高い料金設定となっています

 

なお、考え方としては、宅急便コンパクトは、

ゆうパックの60サイズより1つ下の料金区分、というイメージのため、

ゆうパックの60サイズより小さくなる荷物では利用価値がありそうですし、

どちらのサービスに関しても、個人でも比較的、利用しやすい割引制度がありますので、

積極的に割引制度も有効利用される事をおすすめいたします



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、ゆうパックと宅急便コンパクトの2つのサービスを取り上げて、

料金・代金引換・コンビニ受け取りなどの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

前述の通り、宅急便コンパクトはゆうパックの60サイズより下に、

料金区分が1つ増えた様なイメージとなっていますので、

ご自分の送りたいものに合わせて上手く選択してみて頂ければ幸いです

 

また、専用BOXのサイズ的に似たサービスとして、

宅急便コンパクトとレターパックも比較していますので、

よろしければ、そちらも合わせて検討してみてはいかがでしょうか

レターパックと宅急便コンパクトの違いを比較してみました

 

まとめ

今回は、ゆうパックと宅急便コンパクトの違い、メリット・デメリットを比較して、

宅急便コンパクトのメリット・デメリット

利用には専用の伝票が必要

2種類の専用BOXの内、いずれか一方を利用する必要がある(専用BOXは各65円)

配送を担当するのはヤマト運輸

サイズは、24.8cm×34cmもしくは20cm×25cm×厚さ5cm

重さ制限なし(専用BOXに入ればOK)

送料は距離で決まる(宅急便コンパクトの送料一覧

個人でも利用しやすい割引制度がある

補償あり(3万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、ヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも利用可能(コンビニ以外)・事前契約すれば代金引換も利用可能

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

元払いの荷物はコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

信書が送れない

 

ゆうパックのメリット・デメリット

利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

配送を担当するのは郵便局

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さはサイズを問わず一律30kgまで

送料はサイズと、距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも代金引換も事前契約なしに利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

個人発送の荷物のコンビニ受け取りは不可

一部の通販サイトで購入した荷物はコンビニ受け取り可能

信書が送れない

という事をご紹介しました

 

単純にどちらのサービスの方が優れていると言える訳ではありませんので、

それぞれのサービスの違いを理解した上で、

自分の目的に合わせて上手く活用してみて頂ければ幸いです

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄のコメントですが
実はランダムで表示されている事にお気付きでしょうか?
もしよければ、他のページのコメントも見てみて下さいね
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
100均で揃うアルバムを手作りするのに必要なもの&あると便利なもの!

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る