ヤマト運輸宅急便送料はクレジットカード払い可能?集荷コンビニ等

この記事は約5~7分ぐらいで読めそうです

yamatocreditcard_t

ヤマト運輸の宅急便の送料に関して、クレジットカードでの支払いが可能なのか、

集荷の場合やセブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニ発送の場合に加え、

営業所へ持ち込みの場合、着払い・代引きの場合などをまとめてみました

 

クレジットカードは使ってみると意外と便利で、

中には現金払いが面倒という方もいるかもしれませんが、

この記事では特にヤマト運輸の宅急便の送料の支払いに注目して、

どんな場面ならクレジットカードを利用する事ができるのか、

という事をまとめてみましたので、参考としてみて頂ければ幸いです

※宅急便コンパクトの場合もこの記事で挙げた支払い方法と同じになります


 

営業所へ持ち込みの場合

 

まず、ヤマト運輸の営業所へ荷物を持ち込んで宅急便を発送する場合には、

送料・運賃の支払い方法として以下の様なものが挙げられます

現金

クロネコメンバー割(クロネコメンバーズ電子マネーカード)

電子マネー

[参考ページ:発送方法・お支払い方法│ヤマト運輸 ]

[宅急便コンパクトで利用できる支払い方法も同じになります]

※クレジットカードでの支払いには対応していません

 

上記の内容を補足していきますと、ヤマト運輸の営業所に持ち込んで発送受付をして、

宅急便の送料を支払う場合、現金以外の支払い方法として、

割引制度が適用されるクロネコメンバー割(クロネコメンバーズ電子マネーカード)に加え、

nanaco・楽天Edy・WAON・Suica・PASMOなどの各種電子マネーを利用する事ができます

[参考ページ:宅急便の支払いに使える電子マネー一覧 ]

クロネコメンバー割などの割引制度に関しては以下の記事でご紹介しています

 

なお、ヤマト運輸の営業所へ持ち込んで発送受付をして、宅急便の送料を支払う場合には、

宅急便の料金の支払いにクレジットカードは利用できませんのでご注意下さい

 


自宅へ集荷に来てもらう場合

 

続いて、「集荷サービス」を利用して、

自宅に荷物を取りに来てもらって宅急便を発送する場合の支払い方法は、

営業所へ持ち込みする場合と変わらず以下の通りです

現金

クロネコメンバー割(クロネコメンバーズ電子マネーカード)

電子マネー

[参考ページ:発送方法・お支払い方法│ヤマト運輸 ]

[宅急便コンパクトで利用できる支払い方法も同じになります]

※クレジットカードでの支払いには対応していません

 

ただし、自宅へ集荷に来てもらって荷物発送の受付をして、

宅急便の送料を支払う場合の注意点として、場合によっては、集荷に来るドライバーの方が、

電子マネー決済に対応するための専用端末を持っていない可能性があるので、

料金を電子マネーで支払いたい場合には、

集荷依頼を出す際に、その旨を伝えておく方が良いかと思います

 

なお、集荷で宅急便の送料を支払う場合に関しても、

宅急便の料金の支払いにクレジットカードは利用できませんのでご注意下さい

 


着払いの送料を支払う場合

 

発送方法として、着払いで発送された荷物を受け取る時の宅急便の送料の支払い方法は、

前2つに挙げたものと変わらず以下の方法があります

現金

クロネコメンバー割(クロネコメンバーズ電子マネーカード)

電子マネー

[参考ページ:発送方法・お支払い方法│ヤマト運輸 ]

[宅急便コンパクトで利用できる支払い方法も同じになります]

※クレジットカードでの支払いには対応していません

 

ただし、着払い料金の支払いの場合の注意点として、

関係するのは「クロネコメンバー割による支払いの場合のみ」になりますが、

クロネコメンバー割での着払い時の料金の支払いに関しては、

クロネコメンバー割の送料割引制度が適用されませんのでご注意下さい

(クロネコポイントと電子マネーポイントに関しては、規定のポイントが貯まります)

[参考ページ:着払い送料のクロネコメンバー割支払いに関して ]

 

また、前項の集荷の場合と同じく、場合によっては、

ドライバーが電子マネー決済に対応するための専用端末を持っていない事がありますので、

電子マネー決済を希望されるのであれば、

事前にその旨をヤマト運輸のサービスセンターなどに連絡して、

配達担当ドライバーさんに伝わる様にしておいた方が良いかもしれません

 

なお、着払いの荷物の宅急便の送料を支払う場合に関しても、

宅急便の料金の支払いにクレジットカードは利用できませんのでご注意下さい

 

コンビニから発送する場合

 

ヤマト運輸の宅急便はいくつかのコンビニからも発送する事ができますが、

[参考ページ:宅急便をお取り扱いしている主なコンビニ ]

コンビニの場合は宅急便の料金の支払いに使える方法が、

コンビニによって異なりますので、主要なコンビニについてご紹介していきます

※コンビニから宅急便コンパクトを発送する場合も以下に挙げる支払い方法と同じになります

 

セブンイレブンから宅急便を発送する場合の支払い方法

 

セブンイレブンから宅急便を発送する場合の、

宅急便の料金の支払い方法としては、以下の様な方法があります

現金

電子マネー・au WALLET

クオカード

クレジットカード

7&i共通商品券

[参考ページ:電子マネー、クレジットカード等支払い可否一覧表 ]

 

セブンイレブンから宅急便の荷物を発送する場合の宅急便料金の支払い方法の特徴として、

前述のヤマトの営業所などでの支払いの場合と違い、

現金以外にも、クレジットカードが利用できる事が挙げられます

 

他にも、コンビニから発送する場合ならではの支払い方法として、クオカードが使えますし、

セブンイレブンならではの支払い方法として、7&i共通商品券が使えるのもポイントです

 

ファミリーマートから宅急便を発送する場合の支払い方法

 

ファミリーマートから宅急便を発送する場合の、

宅急便の料金の支払い方法としては、以下の様な方法があります

現金

クレジットカード(ファミマTカードのみ)

クオカード

Tポイント支払い

 

ファミリーマートから宅急便の荷物を発送する場合の宅急便料金の支払い方法の特徴として、

セブンイレブンなどとは違い、複数のクレジットカードは利用できず、

使えるクレジットカードは1種類だけで、

クレジットカード機能の付いたファミマTカードのみ利用が可能となっています

 

更に、セブンイレブンなどと同じく、クオカードで支払う事もできる他、

ファミリーマートの場合は溜まったTポイントで、宅急便の料金を支払えるのも特徴的です

 

ただし、セブンイレブンやヤマト営業所などでの支払いの場合と違い、

電子マネーによる決済ができませんのでご注意下さい

 

サークルK・サンクスから宅急便を発送する場合の支払い方法

 
サークルK・サンクスから宅急便を発送する場合の、

宅急便の料金の支払い方法としては、以下の様な方法があります

現金

ギフト券(お釣りはでない)

ユニーグループ商品券(お釣りが出る)

クオカード(部分支払いは不可)

電子マネー・au WALLET

クレジットカード

[参考ページ:電子マネー・クレジットカード等支払可否一覧表 ]

 

サークルK・サンクスから宅急便の荷物を発送する場合の、

宅急便料金の支払い方法の特徴として、やはりこちらもセブンイレブンなどと同じく、

宅急便の料金をクレジットカードで支払う事が可能となっています

 

また、サークルK・サンクスの場合は、クオカードに加え、

ギフト券などが使えるのも特徴的と言えるのではないでしょうか

 

ローソン・ミニストップに関して

 

日本国内での店舗数が多いコンビニとして、ローソンやミニストップもありますが、

ローソンやミニストップでは、宅急便・宅急便コンパクトの取り扱いを行っていませんので、

ローソンやミニストップから荷物を送りたい場合には、

郵便局のゆうパックのサービスの利用をご検討下さい



合わせて読みたい記事のご紹介
ゆうパックをコンビニに持ち込みして送る場合に関して、 料金の事や、梱包に使う箱の事、着払いの方法に加え、 他にも、実際のコンビニからの送り方、などに関してまとめ・・・

 

スーパー・クリーニング店などの取扱店から発送する場合

 

宅急便や宅急便コンパクトを送れる場所としては、ヤマト運輸の営業所やコンビニ以外でも、

看板・のぼり旗のあるスーパー・クリーニング店などの取扱店がありますが、

スーパー・クリーニング店などの取扱店から発送する場合には、以下の通りとなっています

現金

[参考ページ:発送方法・お支払い方法│ヤマト運輸 ]

[宅急便コンパクトで利用できる支払い方法も同じになります]

※クレジットカードでの支払いには対応していません

 

上記の通り、スーパー・クリーニング店などの取扱店に関しましては、

対応している支払い方法は「現金のみ」で、

クレジットカードの他、電子マネーなども利用できませんのでご注意下さい

 

なお、ヤマト運輸の営業所・コンビニ以外の取扱店に関しては、

以下のページの絞込条件として「その他の取扱店」にチェックを入れると探す事ができます

[参考ページ:営業所・取扱店検索│ヤマト運輸 ]

 

代引きの料金を受け取り時に支払う場合

 

番外編として、宅急便の送料ではなく、代金引換(宅急便コレクト)に関して、

「受け取り時の」料金の支払い方法としては、以下の様な方法があります

現金

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

[注:発送側が事前に利用の申し込みをしていれば利用可能]

[宅急便コンパクトで利用できる支払い方法も同じになります]

 

※なお、荷物受け取り時以外の支払い方法としては、他にもコンビニ払いなどもあります

[参考ページ:宅急便コレクト│ヤマト運輸 ]

 

上記の内容を補足しますと、注意点として、

宅急便コレクトなどのヤマト運輸の代金引換のサービスを利用するには、

受け取り側ではなく、発送する側がヤマト運輸と事前に契約をする必要がありますが、

代金引換自体が利用できても、発送する側があらかじめ、

クレジットカードや電子マネーの支払いの利用申し込みをしていない場合には、

クレジットカードや電子マネーでの支払いができません

 

ですから、受け取る側としては、発送する側に、

代金引換の場合にどんな支払い方法が使えるのかを事前に確認しておいて下さいね



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、ヤマト運輸の宅急便の送料の支払いに関して、

営業所持ち込み・集荷・着払い・コンビニ発送などに分けて、

どんな場合にクレジットカード支払いができるのかをご紹介させて頂きました

 

ヤマト運輸の宅急便を利用する場合に、送料をクレジットカードで支払いたいなら、

基本的に、ヤマト運輸では対応していないため、セブンイレブンやサークルKなどの、

クレジットカード払いにも対応しているコンビニを選択する必要があり、

正直、クレジットカード支払いができる場面は限定されていますので上手く利用してみて下さい

 

ちなみに、クロネコヤマトの宅急便にこだわらなくても、

最近では、色んな発送方法がありますので、

よろしければ、そちらも合わせて参考としてみて頂ければ幸いです

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ヤマト運輸の宅急便の送料にクレジットカード払いが使える場面として、

営業所へ持ち込みの場合

支払い方法:現金・クロネコメンバー割・電子マネー

※クレジットカード支払いはできません

 

自宅へ集荷に来てもらう場合

支払い方法:現金・クロネコメンバー割・電子マネー

※クレジットカード支払いはできません

 

注意点として、ドライバーが電子マネー決済用の端末を持っていない場合があるので、

集荷依頼の際に電子マネー決済の旨を伝えておくと良い

 

着払いの送料を支払う場合

支払い方法:現金・クロネコメンバー割・電子マネー

※クレジットカード支払いはできません

 

注意点として、着払い送料をクロネコメンバー割で支払う場合には、

送料の割引制度が適用されませんので気を付けて下さい

 

また、ドライバーが電子マネー決済用の端末を持っていない場合があるので、

事前に電子マネー決済の旨をサービスセンターなどから連絡しておくと良い

 

コンビニから発送する場合

セブンイレブン

支払い方法:現金・電子マネー・クオカード・クレジットカード・7&i共通商品券

 

ファミリーマート

支払い方法:現金・クレジットカード(ファミマTカードのみ)・クオカード・Tポイント

 

サークルK・サンクス

支払い方法:現金・ギフト券・ユニーグループ商品券・クオカード・電子マネー・クレジットカード

 

ローソン・ミニストップ

ローソン・ミニストップでは、宅急便や宅急便コンパクトは取り扱っていません

 

スーパー・クリーニング店などの取扱店から発送する場合

支払い方法:現金のみ

※クレジットカードや電子マネー支払いはできません

 

代引きの料金を受け取り時に支払う場合

受け取り時の支払い方法:現金・クレジットカード(※)・電子マネー(※)

※発送側が事前に利用の申し込みをしている場合に限る

 

他にも、受け取り時以外の支払い方法として、コンビニ払いなどもあります

という事をご紹介しました

 

ヤマト運輸の宅急便の送料の支払いにクレジットカードを使える場面としては、

あまり多くありませんので、上手く活用してみて頂ければ幸いです

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄のコメントですが
実はランダムで表示されている事にお気付きでしょうか?
もしよければ、他のページのコメントも見てみて下さいね
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
古本やCDとDVDとゲームなどを宅配買取しているおすすめ店を紹介!

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る