レターパックとヤマト宅急便の違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約10~12分ぐらいで読めそうです

yamatoletterpack_t

レターパックとヤマト宅急便の2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、着払いの可否、お届け日数の速さなどの違いを比較して、

私なりにメリット・デメリットと感じる部分をまとめてみました

 

最近では様々なバリエーションの配送サービスがある事から、

どれが自分の目的に合う送り方なのか、という事がわかりにくい事もあり、

この記事では特に、レターパックとヤマト宅急便を比較してみましたので、

実際に発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件・運送会社に関して

 

まず、宅急便とレターパックを利用するための前提条件や、

配送を担当する運送会社をまとめると以下の通りとなっています

[宅急便]

前提条件:梱包用の箱などは自分で用意する、専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

運送会社:ヤマト運輸

[レターパックライト&レターパックプラス]

前提条件:それぞれの専用封筒が必要

運送会社:郵便局

 

上記の内容を補足していきますと、配送を担当する運送会社に関しては、

宅急便がヤマト運輸、レターパックが郵便局とそれぞれ違うのが特徴的です

 

サービスを利用するための前提条件としては、

レターパック(レターパックライト&レターパックプラス)に関しては単純で、

発送の際にはあらかじめ必ず専用の封筒を購入して使用しなければいけません

(専用封筒を購入できる場所は2つ後の割引制度の項でご紹介しています)

 

なお、レターパックに関しては、専用の封筒はあるものの、

専用の伝票は無いので、宛名は専用封筒の外装にある規定の欄に記入して下さい

 

ヤマト運輸の宅急便を利用するための前提条件としては、レターパックと違い、

発送の際には、専用の伝票を用いる必要があり(無料でもらえます)、

専用の伝票は、ヤマト運輸の営業所でもらう事ができる事に加え、

集荷依頼をして荷物を取りに来てもらう際に持って来てくれる他、

ヤマト運輸の宅急便を取り扱っているコンビニ などで手に入れる事ができます

(コンビニでもらえる伝票はどこでも使えますが、

ヤマト運輸の営業所でもらえる伝票はコンビニで使えないタイプのものもありますので、

コンビニから送るつもりの場合は、コンビニで使える伝票を下さい、と伝えれば、

ヤマト運輸の営業所でもコンビニで使えるタイプの伝票をもらう事ができます)

 

また、ネット接続したパソコンやA4対応のカラープリンターなどが必要になりますが、

個人利用向けのC2のサービス を利用すれば、伝票を自宅で印刷する事も可能です

(個人事業主や法人向けには事前契約が必要なB2のサービス もありますが、

B2で印刷した伝票はコンビニから発送する場合には利用できません)

 

ちなみに、梱包に使用する封筒や箱などは、宅急便に関しては、

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒でも、ダンボールでも、ビニール製の袋でも、何を使ってもOKです

 

以上の事から、宅急便とレターパックの違いの1つとして、

レターパックは専用封筒が必要、宅急便は専用の伝票が必要、

という事が挙げられるかと思います

[利用の前提条件・運送会社のまとめ]

宅急便はヤマト運輸が、レターパックは郵便局が配送する

レターパックの利用には専用の封筒が必要

宅急便の利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

宅急便は梱包用の箱などは自分で用意する

 


サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関しては以下の通りです

[宅急便]

サイズ3辺合計160cm以内、重さ最大25kgまで(別途各サイズ区分毎に重さ制限あり)

送料:サイズか重さと、距離との組み合わせで決まる

[レターパックプラス]

サイズ34cm×24.8cm(A4大)、厚さ制限の規定なし、重さ4kgまで

全国一律送料:510円(専用封筒の値段)

[レターパックライト]

サイズ34cm×24.8cm(A4大)、厚さ3cm以下、重さ4kgまで

全国一律送料:360円(専用封筒の値段)

 

上記の内容を補足していきますと、サイズ制限に関して、

レターパックはA4用紙より大きいA4ファイルサイズの専用封筒に入れて、

フタをちゃんと閉じられる必要がある、という制限があり、

また、レターパックライトはレターパックプラスと違い、厚さ3cm以下という制限もあります

(レターパックライトもレターパックプラスも専用封筒の大きさは同じです)

 

対して、宅急便は、縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が160cm以内、

という制限なので、レターパックと比べると、かなり制限に余裕があり、

専用の梱包材を用いる必要がないため、梱包の自由度が高い点が特徴的です

 

重さに関しては、レターパックでは一律4kgまでになりますが、

宅急便は送料の基準となるサイズ区分毎に重さの制限が定められているのが特徴的で、

最大の160サイズ(3辺合計160cm以内)の場合で25kgまで、となっています

[参考:宅急便サイズ毎の重さ制限はこちらのページ をご覧下さい]

 

送料に関しては、レターパックはとてもわかりやすく、全国一律の料金になっていますが、

宅急便の場合は、発送の地域からお届けの地域までの距離に加え、

荷物のサイズか重さのいずれか一方の、送料が高くなる方との組み合わせで決まります

(宅急便の3辺合計60cm以内1kgの荷物なら、サイズを基準に60サイズの送料になりますが、

宅急便で3辺合計60cm以内10kgの荷物なら、重さを基準に100サイズの送料になります)

[参考:宅急便の運賃一覧表 ]

 

なお、単純に料金面だけを考えた場合、次項でご紹介する宅急便の各種割引制度を考慮しても、

レターパックの料金の方が宅急便よりも安い傾向にありますが、

前述の通り、レターパックの場合には、

専用封筒に入るサイズのものしか送れない、というデメリットがあります

[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

レターパックライトの送料は全国一律料金で360円

レターパックライトの制限はA4大・厚さ3cm以下・重さ4kgまで

レターパックプラスの送料は全国一律料金で510円

レターパックプラスの制限はA4大・厚さ制限なし・重さ4kgまで

宅急便の送料はサイズか重さと、距離との組み合わせで決まる

宅急便の制限は3辺合計160cmまで・重さ最大25kgまで(サイズ毎に重さ制限あり)

 


割引制度に関して

 

宅急便とレターパックの割引制度に関しては、以下の通りです

[レターパックライト&レターパックプラス]

専用封筒の大量購入の場合などに安く買える可能性あり

[宅急便]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便は基本運賃が少し割高な印象があるものの、

その分、個人利用でも使いやすい割引制度がいくつか用意されているのが特徴的で、

例えば、持込割引・100円引き、複数口割引・100円引き、

クロネコメンバー割・10%割引、クロネコメンバー割BIG・15%割引、

などのいくつかの割引制度がありますが、

詳細は以下の別記事で詳しくまとめていますので、合わせて参考としてみて下さい

クロネコヤマトの宅急便の割引制度に関してまとめました

 

レターパックに関して、定価で専用の封筒を買える場所は、

郵便局だけでなく、コンビニでも手に入りますが、

コンビニではまだまだ取り扱っていない店舗も多く、

現状としてはローソンなら手に入る可能性が高いです

(ローソン以外にも大手コンビニチェーン店などでは取り扱っている事があります)

 

他にも、定価でまとめ買いできる場所として、郵便局が運営する通販サイトである、

切手SHOP 」で20枚単位でのみ購入する事が可能となっています

(切手SHOPではクレジットカード払いができる点もポイントです)

 

なお、レターパックの場合、日本郵便による割引制度はありませんが、

専用封筒を大量にまとめて購入する際、

切手販売 」というサイトを利用しての20枚以上の購入で、

レターパックライト単価355円・レターパックプラス単価501.5円から買う事ができる他、

ヤフオクなどのオークションサイトであったり、金券ショップなどで、

定価よりも少し安い価格で販売されている事がありますので、

少しでも節約するために上手く活用してみてはいかがでしょうか

[割引制度のまとめ]

宅急便は個人利用でも使いやすい割引制度あり

レターパックは大量購入の場合などに安く買える可能性あり

 

補償・追跡に関して

 

レターパックと宅急便の追跡と補償に関しては以下の通りになります

[宅急便]

追跡サービス利用可能・補償あり(30万円まで)

[レターパックライト&レターパックプラス]

追跡サービス利用可能・補償なし

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便でもレターパックでも共通している事として、

お問い合わせ番号を利用した追跡サービスが利用できるという事が挙げられます

 

ただし、補償に関しては違いがあり、

宅急便では、はじめから30万円の補償があるものの、

レターパックでは、レターパックライト・レターパックプラスの両方共に、

補償がありませんのであらかじめご注意下さい

(レターパックでは補償を付加できるオプションもありません)

[追跡・補償のまとめ]

宅急便もレターパックも追跡サービスが利用可能

宅急便は補償あり(30万円まで)

レターパックは補償なし

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数としては、以下の通りとなっています

[宅急便]

日曜・祝日も配達される

ヤマト運輸サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

[レターパックプラス]

日曜・祝日も配達される

正式な速達扱いではないが、ほぼ速達と同等とされる

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

[レターパックライト]

日曜・祝日も配達される

レターパックプラスより1日余分にかかる場合がある

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトに関しては、

郵便局のサイトに以下の様な記載があります

「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、

配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意

 

なお、具体的なお届け日数としては、発送地域とお届け地域までの距離で決まるため、

上記にも挙げたそれぞれのリンク先ページを参考として頂ければと思いますが、

レターパックも宅急便も日曜・祝日も配達されるという特徴がある事に加え、

中でもレターパックプラスに関しては、ほぼ速達と同等のお届け日数である事から、

特に遠距離区間などの荷物に関しては、

宅急便よりもレターパックプラスの方が早く届く傾向にあると言えます

(ただし、レターパックプラスは正式な速達扱いではないため、

他に優先すべき荷物が多い場合などには、速達よりお届けに時間がかかる可能性があります)

 

ちなみに他にも、急ぎの荷物を送りたい場合には、

宅急便なら、サイズ区分に応じて別途料金が加算され、

エリアによって条件がありますが、夕方までに発送した荷物を翌朝10時までに配達する、

宅急便タイムサービス 」というサービスや、

同じく、サイズ区分に応じて別途料金が加算され、

遠距離区間の荷物で利用できる地域が限定されるものの、

夕方までに発送した荷物を翌日午前中などに配達する、

超速宅急便 」といったサービスもあります

[お届け日数のまとめ]

宅急便もレターパックも日曜・祝日も配達される

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払いや代金引換の可否としては以下の通りになります

[宅急便]

着払いが利用可能(専用の伝票が必要)

事前契約すれば、代金引換も利用可能(専用の伝票が必要)

[レターパックライト&レターパックプラス]

着払いも代金引換も利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックに関しては、

レターパックライトもレターパックプラスも、

専用封筒を購入する事が送料を支払う事の代わりになりますが、

着払いや代金引換の発送方法を利用する事はできません

 

対して、宅急便に関しては、

送る側が発送時に送料を払う「発払い(元払い)」の発送方法以外にも、

着払いの専用の伝票を用意すれば、

受け取る側が受け取り時に送料を支払う「着払い」の発送方法が利用可能となっている他に、

ヤマト運輸との事前契約が必要で、

運賃とは別に利用手数料もかかりますが「代金引換」の発送方法も利用可能です

(代金引換の宅急便はコンビニ等の取り扱い店から発送する事はできませんのでご注意下さい)

[代金引換宅急便の参考ページ:宅急便コレクト ]

[着払い・代金引換の可否のまとめ]

レターパックでは、着払いも代金引換も利用不可

宅急便では、着払いが利用可能(専用の伝票が必要)

宅急便では、事前契約すれば代金引換が利用可能(専用の伝票が必要)

 

支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[レターパックライト&レターパックプラス]

現金

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部の商品券(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

[宅急便]

現金

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所によって、使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックに関しては、

現金の他に、切手と交換できたり、一部コンビニでは、

クレジットカード・一部の電子マネーなども利用できますが、

購入する場所によって使える支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

レターパックが買える場所や支払い方法は以下をご覧下さい

 

宅急便に関しても、現金の他に、電子マネー決済や、

一部コンビニでは、クレジットカードやクオカード支払いなどもできますが、

こちらも発送する場所によって使える支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

宅急便の送料の支払い方法は以下の記事で詳しくまとめています
[支払い方法のまとめ]

宅急便は発送場所によっては現金以外でも支払える

レターパックも購入場所によっては現金以外でも支払える

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[宅急便]

発送できる場所:ヤマト運輸の営業所、コンビニなどの宅急便の取り扱い店

集荷:利用可能

[レターパックライト]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポストへ投函

集荷:利用不可

[レターパックプラス]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポストへ投函

集荷:利用可能

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便を発送できる場所に関しては、

ヤマト運輸の営業所へ持ち込む以外にも、

宅急便を取り扱っているコンビニ等の取り扱い店へ持ち込む方法があります

[参考:宅急便をお取り扱いしている主なコンビニエンスストア ]

 

なお、コンビニ等の宅急便取り扱い店では、クール宅急便・代金引換の荷物など、

一部取り扱えないサービスがありますのでご注意下さい

 

レターパックを発送できる場所に関しては、

レターパックライトもレターパックプラスも同じく、

郵便局の窓口へ持ち込む以外にも、郵便ポストへ入るサイズの荷物であれば、

郵便ポストへ投函して発送する事も可能となっています

(レターパック発送時に切手の貼り付けは不要です)

 

なお、上記以外の発送方法の1つとして、宅急便とレターパックプラスに限っては、

荷物1個から自宅に取りに来てもらえる「集荷サービス」も利用する事が可能ですが、

レターパックライトに関しては「集荷サービス」の対象ではないという事に加え、

「集荷サービス」を利用した場合には、

宅急便の割引制度の1つである「持込割引」が適用されませんのでご注意下さい

(レターパックライトに関しては、ゆうパック・レターパックプラスなどの、

元々集荷サービスの対象である荷物のついで、としてや、

荷物が大量個数ある等の場合には、集荷に対応してもらえる可能性もあります)

[発送できる場所と集荷のまとめ]

宅急便はヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取り扱い店から発送可能

宅急便は集荷サービスが利用可能

レターパックは郵便局の窓口や郵便ポストへ投函で発送可能

レターパックプラスは集荷サービスが利用可能

レターパックライトは集荷サービスが利用不可

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届け方法、日にち・時間帯指定に関しては以下の通りです

[宅急便]

お届け方法:対面手渡し

お届けの際の日にち・時間帯の指定可能

[レターパックプラス]

お届け方法:対面手渡し

お届けの際の日にち・時間帯の指定不可

[レターパックライト]

お届け方法:郵便受けに投函

お届けの際の日にち・時間帯の指定不可

 

上記の内容を補足していきますと、お届け方法に関しては、

レターパックライトの場合は、普通の手紙や封書と同じ様に、

自宅などの郵便受けに投函でのお届けとなっているのが特徴的ですが、

宅急便とレターパックプラスの場合は、対面手渡しでのお届けになり、

不在の場合には、不在票が投函される事になります

 

例外として、レターパックライトでも、

自宅などの郵便受けにサイズの問題で荷物が入らない場合には、

原則、対面手渡しでのお届けとなり、その場合に不在なら、

宅急便やレターパックプラスの場合と同様に不在票が投函される事になります

レターパックの条件毎のお届け方法の違い等は以下の記事でも詳しくまとめています

 

なお、宅急便に関しては、発送時にお届けの際の日にち・時間帯の指定が可能ですが、

レターパックに関しては、レターパックライトもレターパックプラスも、

発送時にお届けの際の日にち・時間帯の指定をする事ができません

 

ただし、レターパックライトやレターパックプラスでも、

不在票が投函された後に再配達の申し込みをする際には、

お届けの日にち・時間帯の両方の指定が可能となっています

[お届け方法、日にち・時間帯指定のまとめ]

宅急便はお届けの日にち・時間帯指定が可能

レターパックはお届けの日にち・時間帯指定が不可

宅急便とレターパックプラスのお届け方法は対面手渡し

レターパックライトのお届け方法は郵便受けに投函

 

信書の取り扱いに関して

 

レターパックと宅急便の信書の取り扱いに関しては以下の通りになります

[レターパックライト&レターパックプラス]

信書が送れる

[宅急便]

信書は送れない

 

上記の内容を補足していきますと、信書の取り扱いに関しては明確な違いがあり、

宅急便では信書を送る事ができませんが

レターパック(レターパックライト&レターパックプラス)では信書を送る事ができるので、

信書を送る場合には、レターパックを利用する必要があります

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

レターパックは信書が送れる

宅急便は信書が送れない

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

[宅急便]

自宅などで受け取り可能

ヤマト運輸の営業所止めも可能

コンビニ受け取りも可能(条件あり)

[レターパックライト&レターパックプラス]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

コンビニ受け取りは不可

 

上記の内容を補足していきますと、宅急便もレターパックも自宅などで受け取れる事に加え、

宅急便に関してはヤマト運輸の営業所止めができる他、

レターパックに関しては郵便局留めをする事が可能となっています

 

コンビニ受け取りに関しては、宅急便の場合は、コンビニ受け取りするためには条件があり、

クロネコメンバーズに登録している、発払い(元払い)の荷物である、

などの条件を満たした場合のみ、コンビニ受け取りができますが、

条件が少し複雑なため、以下の別記事でまとめましたので合わせて参考としてみて下さい

宅急便のコンビニ受け取り方法は以下の記事で詳しくご紹介しています

 

なお、レターパックに関しては、レターパックライトもレターパックプラスも、

コンビニ受け取りのサービスはありませんので、あらかじめご注意下さい

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

宅急便もレターパックも自宅などで受け取りできる

宅急便はヤマト運輸の営業所止めが可能

宅急便は条件付きでコンビニ受け取りが可能(要クロネコメンバーズ事前登録)

レターパックは郵便局留めが可能

レターパックはコンビニ受け取りは不可

 

レターパックと宅急便のメリット・デメリット

 

最後にレターパック(レターパックライト・レターパックプラス)と宅急便に関して、

私なりに感じたメリットやデメリットをまとめたいと思います

[宅急便のメリット・デメリット]

宅急便の利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺合計160cm以内

重さは最大25kgまで(別途サイズ区分毎に重さ制限あり)

送料は重さかサイズの送料が高くなる方と、距離で決まる

個人でも利用しやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、ヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取り扱い店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いが利用可能・事前契約すれば代金引換も利用可能

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

元払いの荷物はコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

信書が送れない

宅急便の送り方などは以下の記事でも詳しくご紹介しています
[レターパックのメリット・デメリット]

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力(切手の貼り付け不要)

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大

厚さはレターパックライトは3cm以下・レターパックプラスは制限なし

重さは4kgまで

料金は全国一律で、レターパックライト360円・レターパックプラス510円

ネット通販のまとめ買いで割引の可能性あり

補償無し・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

レターパックライトは集荷サービス利用不可

レターパックプラスは集荷サービス利用可能

レターパックライトのお届け方法は郵便受けに投函

レターパックプラスのお届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

信書が送れる

レターパックの送り方なども以下の記事でまとめています

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

レターパックライトとレターパックプラスの2つのレターパックのサービスは、

専用封筒を用意する事ができれば、その封筒に送りたいものを入れて、

宛名を書いて、封を閉じて、郵便ポストへ投函しても発送できる、という事で、

発送方法のわかりやすさが魅力的なサービスとなっていますが、

料金が比較的安価である分、送れるものが専用封筒に入れられるものに限定される、

という点がデメリットかと思います

 

宅急便に関しては、料金設定が少し高いという点が特徴ですが、

その分、安全性も高いので、大事なものを送るのに向いている事に加え、

サイズの制限が厳しくないので、色んなものが送れる点が魅力と言えそうです

 

なお、宅急便の料金設定はちょっと高めではあるものの、

その分、各種割引制度も用意されていますので、

特に継続的に利用される様な場合には、割引制度を活用する事も考慮した上で、

それぞれのサービスで重視する点も踏まえて検討してみてはいかがでしょうか



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、ヤマト宅急便とレターパックの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ・着払い・日数の速さなどの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

一概にどちらが優れているという訳ではなく、

例えば、レターパックなら、お手軽さが魅力であったり、

宅急便なら、安全性の高さが魅力であったり、

それぞれのサービス毎に特徴がありますので、

自分の目的に合わせて使い分けてみて頂ければ幸いです

 

また、ヤマト宅急便・レターパック以外にも色んなサービスがありますので、

よろしければ、そちらも合わせてご覧になってみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ヤマト宅急便とレターパックの違い、メリット・デメリットを比較して、

宅急便のメリット・デメリット

宅急便の利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺合計160cm以内

重さは最大25kgまで(別途サイズ区分毎に重さ制限あり)

送料は重さかサイズの送料が高くなる方と、距離で決まる

個人でも利用しやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、ヤマト運輸の営業所やコンビニ等の取り扱い店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いが利用可能・事前契約すれば代金引換も利用可能

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

元払いの荷物はコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

信書が送れない
 

レターパックのメリット・デメリット

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力(切手の貼り付け不要)

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大

厚さはレターパックライトは3cm以下・レターパックプラスは制限なし

重さは4kgまで

料金は全国一律で、レターパックライト360円・レターパックプラス510円

ネット通販のまとめ買いで割引の可能性あり

補償無し・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

レターパックライトは集荷サービス利用不可

レターパックプラスは集荷サービス利用可能

レターパックライトのお届け方法は郵便受けに投函

レターパックプラスのお届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

信書が送れる

という事をご紹介しました

 

中には使ってみる事で気付く様な良い点・悪い点もありますので、

皆さんもぜひ一度、実際にサービスを利用してみて頂ければと思います

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る