ページ2:着払い & 代金引換、信書の取り扱い、利用できる支払い方法、追跡・補償の有無

2ページ / 全4ページ

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払い・代金引換の利用の可否は以下の通りになります

サービス名 レターパックプラス ゆうパケット
代金引換 利用不可 利用不可
着払い 利用不可 利用可

 

上記の内容を補足していきますと、

レターパックプラスに関しては、着払いも代金引換も利用する事ができませんが、

ゆうパケットに関しては、代金引換は利用する事ができないものの、

着払いは利用する事が可能となっています

 

なお、ゆうパケットを着払いで発送する場合には、

着払い手数料が送料とは別途で必要となる他、

あらかじめ受取人が着払いを承諾しているかどうかの確認を行うため、

郵便ポストへ投函して発送する事はできないので、

必ず郵便局の窓口で発送の受付をする必要がある点にご注意下さい

(郵便局の窓口へ差し出す際に着払い希望の旨を伝えて下さい)

[着払い・代金引換のまとめ]

レターパックプラスは着払いも代金引換も利用不可

ゆうパケットは着払いは利用可能、代金引換は利用不可

 

信書の取り扱いに関して

 

ゆうパケットとレターパックプラスの信書の取り扱いに関しては以下の通りになります

ゆうパケット レターパックプラス
信書は送れない 信書も送れる

 

上記を補足していきますと、信書に関しては、明確に違いがあり、

ゆうパケットでは信書を送る事はできませんので、

信書を送りたい場合には、レターパックプラスを選択する必要があります

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

ゆうパケットは信書が送れない

レターパックプラスは信書が送れる

 




支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[ゆうパケット]

現金(郵便局の窓口の場合のみ)

切手

[レターパックプラス]

現金(注)

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部のコード決済(注)

一部の商品券(注)

コンビニ決済・Biz@gent決済(注)

Pay-easy(注)

ゆうちょ即時振替(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、

ゆうパケットに関しては、必要な料金分の切手を荷物に貼り付ける他にも、

郵便局の窓口で受付をする場合には、その場で料金を現金で支払う事も可能です

(郵便局の窓口では、切手と現金を併用して支払う事も可能です)

 

ちなみに、ゆうパケットを郵便ポストに投函して発送する場合には、規定の梱包を行った後、

自分で厚さの確認などを行い、必要な料金を確認して切手を貼る必要がありますので、

料金がよくわからない方は、郵便局の窓口で受付をする事をおすすめします

 

なお、ゆうパケットでは例外があり、

オークションサイトやフリマアプリの出品者専用の発送方法として利用できる、

ゆうゆうメルカリ便(メルカリ)、らくらく定額便(モバオク)、

ゆうパケット おてがる版(ヤフオク)、かんたんラクマパック(ラクマ)、

を利用するゆうパケットの場合には、

出品商品の売上などから送料が自動的に差し引かれますので、

上記の様なゆうパケットは、差し出し時に現金や切手での送料の支払いは発生しません

 

レターパックプラスに関しては、郵便局では切手やハガキなどと交換できたり、

他にも購入場所によってはクレジットカードで支払える場合もあり、

購入する場所によって利用できる支払い方法が異なるため、

以下の記事で詳しくまとめていますので、合わせて参考としてみて下さい

合わせて読みたい
レターパックやスマートレターの購入場所と使える支払い方法まとめ!

 

[支払い方法のまとめ]

レターパックプラスは購入場所によっては現金以外でも支払える

ゆうパケットは切手の他に、窓口では現金でも支払える(切手との併用も可)

 

補償・追跡に関して

 

ゆうパケットとレターパックプラスの追跡と補償に関しては以下の通りになります

サービス名 ゆうパケット レターパックプラス
追跡サービス ある ある
補償 なし なし

 

以上の内容を補足していきますと、

レターパックプラスもゆうパケットもどちらも同様に、

追跡サービスを利用する事ができる点が特徴の1つとなっています

 

また、補償に関しては同様で、どちらのサービスも残念ながら補償がありませんので、

補償が必要な場合には、ゆうパックやヤマト運輸の宅急便であったり、

書留のオプションが付けられるゆうメールや定形外郵便なども検討してみて下さいね

(ゆうパケットでは例外として、

メルカリの出品者専用サービス「ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット」、

ラクマの出品者専用サービス「かんたんラクマパック(日本郵便)のゆうパケット」、

といった出品者専用サービスのゆうパケットの荷物の場合、

メルカリ・ラクマのそれぞれから、状況に応じた補償が行われる場合があります)

[追跡・補償のまとめ]

ゆうパケットもレターパックプラスも追跡サービスが利用可能

ゆうパケットもレターパックプラスも補償がない

 

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
100均で揃うアルバムを手作りするのに必要なもの&あると便利なもの!
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る