GW2015穴場国内おすすめスポットを探す11のコツ!日帰りデートなど

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

gw2015anabaidea_t

ゴールデンウィークGW2015年の国内の穴場のおすすめスポットを探すコツを

私なりに考えたので、ご紹介したいと思います

 

過去には、東海地方、関西地方などの

ゴールデンウィークの穴場スポットをこちらでご紹介しましたが、

私がご紹介した以外でも穴場となっている様な施設は当然あるかと思いますので、

どんな観光地が狙い目なのか、という事を判断する11のコツとしてまとめてみました

 

せっかくのゴールデンウィークなので、お出かけはしたいけど、混雑は嫌だ、という方が、

穴場的スポットを探す際に、参考としてみて頂ければ幸いです


 

近くに人気施設があるか?

 

まず1つ目の判断基準として、近くに人気の施設があるか、

というものをご紹介させて頂きます

 

近くに人気の観光地がある事で、その人気観光地の近くにあるスポットも

相乗効果的に、人気が出るという風に考える事もできるかとは思いますが、

近くに圧倒的な人気の施設がある場合、その施設に人気を奪われて、

その人気施設の近くにあるスポットは穴場となる可能性も考えられます

 

特に、次の項でご紹介する様な少しマニアックなテーマを持ったスポットなどだと、

より穴場になりやすい様に思われますので、合わせてチェックしてみて下さい

 

ちょっとマニアックなテーマを扱っている

 

続いて、ちょっとマニアックなテーマを扱っている場合についてご紹介します

 

例えば、石の博物館であったり、猿の動物園であったり、

その施設の名称だけを見て、特定の人以外は、

いまいち強く興味を惹かれない様なスポットの場合、穴場となる事が多い様に思います

また、施設名から、どんな施設か想像しにくい様なスポットにも似た傾向が見られます

 

ただ、こういったスポットに限って、行ってみると意外と面白いという事が

私の経験上では多々ありますので、穴場っぽいな、

と感じる様な観光地がありましたら、一度ネットなどで情報を調べてみるなど、

その施設が実際にどんな展示を行っているのか、という事を確認してみるのも良いかと思います

 


マイナー・知名度が低い

 

更に、1つ上でご紹介したマニアックなテーマのスポットにありがちな

マイナー・知名度が低いという事をご紹介させて頂きます

 

テレビで放送されたり、観光向けの雑誌で特集されたり、

という事があると、一気に人が集まるという事が多い、というのはご理解頂けるかと思いますが、

例えば、1つ上の項でご紹介した様なマニアックなスポットは

取り上げられる様な事も比較的、少ない場合が多く、

それゆえに知名度が低いため、穴場となりやすいです

 

ただ、知名度が低いというのは、単純に宣伝をあまりしていない、というだけの場合もあり、

知名度が低いから、面白くない観光地、という訳でもありませんので、

自分が面白そうと思った場合には、

時には情報の少ないスポットにあえて足を運んでみるのもありかと思います

 

敷地面積が広い

 

こちらはすごく単純な考え方ですが、敷地面積の広い観光地は

それだけで相対的に混雑となりにくいです

 

実際に知名度が高く、それこそツアー客などがいたとしても、

敷地面積が広ければ、そこまで人混みができる事もないかと思います

 

むしろ、敷地面積が広い場合には、多少、人が多いぐらいの方が

休日らしい賑やかな雰囲気が楽しめると言えるかもしれませんね

 

子供連れでも行ける遊具の多い公園などは敷地面積が広い場合も多く、

更に自由に遊べる芝生広場などもあれば、仮にゴールデンウィークであったとしても、

混雑という程に混み合う事はないのではないでしょうか

 


立地が悪い・中心地から離れている

 

こちらも単純な考え方ではありますが、繁華街などの中心地から離れていたり、

立地条件が悪いと、穴場スポットとなりやすいです

 

特に近くに電車の駅がなかったり、車あるいはバスなどを

乗り継いで行かなければいけなかったり場所にあると、GWでも空いている可能性が高くなります

 

という事なので、車をお持ちの場合、穴場スポットを探すのには有利に働き、

ドライブデートのついでに、穴場に立ち寄ってみたりもできますし、

せっかくの休日なので、ちょっと頑張って少し不便な所までお出かけすれば、

のんびりとできる人の少ない施設なども見つかりやすいかと思います

 

時期はずれ

 

その施設におけるメイン級の見どころが時期はずれな場合に

穴場スポットとなっている事も考えられます

 

施設によっては、例えば、花だけでなく、果物狩りをしていたり、

特定の時期だけ、イルミネーションが行われていたり、という事がありますが、

そういったその施設の見どころの1つと時期がずれていると、

仮に他に見どころがあっても、少し集客力が弱い事もあってか、

混雑という程は人が集まっていない場合もあるかと思います

 

穴場を探す時には、あのスポットは○○で有名だけど、今はちょっと時期が違うよなぁ、

と思った施設などにあえて足を運んでみるのも良いかもしれません

 

天候の悪い日を狙う

 

今年2015年のゴールデンウィークに天候の悪い日が必ずあるとは限りませんし、

そもそも、ディズニーランドやUSJクラスだとそこまで影響がないかもしれませんが、

天候の悪い日の場合、それなりに有名な観光地だとしても、

私の経験上、どうしても客足が遠のく傾向にあるので、

あえて、そういったタイミングを狙って行けば、穴場となっている可能性が考えられます

 

屋根のないスポットなど、施設によっては、雨が降っている事で、

本来の楽しみ方で楽しめない場合もあるかもしれませんが、

雨が苦手でなければ、こういったタイミングを狙ってみるのもありかもしれませんね

 

花なんかだと、雨の日はまた違った風情が楽しめるという様な事もあるかと思います

 

みどりの日・こどもの日を避ける

 

別記事では、2015年のGWにこどもの日に無料になる東京の施設をご紹介しましたが、

ゴールデンウィーク中の祝日でもある、みどりの日やこどもの日は、

特に子供などが、入場料や入園料が無料になる施設があり、

そういった日には、必然的に人が集まりやすくなっています

 

ですから、そういった無料イベントなどのある日は

事前に調査しておいて、避ける事をおすすめいたします

 

なお、そういった日にちょうど当たってしまった場合には、

次でご紹介する様な方法で対応すれば、多少人混みを避けられる可能性もあります

 

朝早く来場する・もしくは、終了間際に行く

 

ゴールデンウィークとなると今年2015年も、集客効果を狙って、

色んな施設でイベントが行われるかと思いますが、

前出の様に、イベントの日は必然的に、混雑する可能性が高くなります

 

そんな日に人混みをなるべく避けるためには、

朝一番に行くか、終了間際に行く事をおすすめします

 

本当に人気の観光地だと、朝一番に行ったとしても、

既に並んでいるという様な事もありますが、

それ以外だと、意外と朝一番の時間帯から動き出す人は少なく、朝一番に来場すれば、

その日のお昼からの混雑とは無縁に、ゆっくり遊べる様な事も多いかと思います

 

また、遊べる時間は少なくなってしまいますが、

私の経験上、終了間際の時間帯(閉園1~2時間前ぐらい)であると、

日中かなり混んでいる様なスポットでも空いている事がありますので、

あえて、終わりに近い時間帯に来場する事で、

意外と混雑に巻き込まれずに済むという場合もあります

 

公共交通機関を利用する

 

ゴールデンウィークは今年2015年もマイカーなどの車でお出かけされる方も多いかと思います

ですから、できる限り電車やバスといった公共交通機関を利用する事をおすすめいたします

 

施設によっては、中に入ってしまえば、比較的、空いているものの、駐車場が少なかったり、

誘導や案内がしっかりしていないせいで混雑している、という所もありますので、

せっかく着いたのに駐車場のせいで1時間や2時間待ちという場合も考えられます

 

正直な所、ゴールデンウィークは公共交通機関も混み合う可能性は高いですが、

それでも、駐車場でずっと待たされるよりは、かなり優先的に入場できるのではないでしょうか

 

特に、近くに駅のないアクセスの不便なスポットこそ、

わざわざ電車やバスを乗り継いで行かれる方も少ないので、

公共交通機関で行けるのであれば、ぜひ公共交通機関を積極的に利用してみて下さい

 

駅が近くにない様な施設でも、観光地ならばバスが通っている事が多いので、

可能であれば、公共交通機関でのルートを調べてみるのもおすすめかと思います

 

口コミや公式サイトの情報を調べる

 

混雑に関しては、口コミ情報や、公式サイトの情報を調べる事も有益かと思います

 

最も信頼性の高い情報として、公式サイトのアナウンスがあり、

座席情報などは発信している場合も多いので、一度、お出かけの前に確認しておけば、

せっかく行ったのに入れなかったという様な事は防げます

 

また、公式サイトの情報がない場合には、更にリアルタイムに発信されている情報として、

色んな人のTwitterのつぶやきがありますので、

特に有名スポットであれば、当日になってから、Twitterのつぶやきを調べてみて、

混雑状況を把握するという方法も役立つかと思います

 

なお、こちらのサイト などでは、Twitterアカウントを持っていなくても、

つぶやきの検索ができますので、合わせて参考としてみて下さい

 

管理人の感想

 

ここまで、今年2015年のゴールデンウィークに穴場スポットを探したり、

混雑を避けるコツとして11項目をご紹介させて頂きました

 

中には、いつもはかなり空いている施設なのに、

ゴールデンウィークの時だけものすごく混むという場合や、

イベントがヒットした事で、急に混んでしまうという場合もありますので、

正直な所、当日になってみないと混雑度合いはわからない部分もありますが、

上記で挙げたコツを参考として頂けば、穴場の観光地なども見つかりやすいかと思いますので、

ぜひ皆さんも、良いお出かけスポットを探してみて下さい

 

また、私が自分なりに探した穴場のスポットも、

こちらでいくつか地域毎にご紹介していますので、よろしければ、合わせてご覧下さい

 

更なる情報を求めるあなたへのオマケ!(管理人の手動更新)

 

まとめ

今回は、ゴールデンウィークGW2015年に国内の日帰りデートなど、

穴場のおすすめスポットや観光地を探す11のコツとして、

近くに人気施設があるか?

ちょっとマニアックなテーマを扱っている

マイナー・知名度が低い

敷地面積が広い

立地が悪い・中心地から離れている

時期はずれ

天候の悪い日を狙う

みどりの日・こどもの日を避ける

朝早く来場する・もしくは、終了間際に行く

公共交通機関を利用する

口コミや公式サイトの情報を調べる

をご紹介しました

 

調べていくと、それなりに有名な観光地でも、

上記の様な条件に当てはまる場合で、穴場となっている事がありますので、

皆さんもお出かけの前に少しチェックしてみて頂ければと思います

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 ゴールデンウィーク



[アンケート]今年のGWは何日休みがある?

回答を選んでアンケートの結果を見る!

Loading ... Loading ...

 

シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私が当サイトのメインの管理人ですが、
友達の管理人Cにも少し手伝ってもらっています
ちなみに名前の由来はサイト名の頭文字から取りました
管理人Dの書いた記事一覧
人気記事

    まだデータがありません。

注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る