橿原考古学研究所附属博物館は子供連れでも楽しい?奈良観光穴場情報

この記事は約2~4分ぐらいで読めそうです

naraanabakashihara_t

橿原考古学研究所附属博物館をご紹介させて頂きます

子供連れでも楽しめて、日帰りのお出かけにはぴったりなスポットとも言える

橿原考古学研究所付属博物館ですが、

奈良県観光では穴場スポットの1つではないでしょうか

 

奈良県の観光では、神社仏閣が有名かと思いますが、

有名観光地以外にも意外と楽しめる穴場スポットがありますので、

今回は、橿原考古学研究所附属博物館についてまとめてみました


 

奈良県観光の穴場『橿原考古学研究所附属博物館』の場所やアクセス方法は?

 

まずはじめに、基本的な情報として、

橿原考古学研究所付属博物館の場所やアクセス方法をご紹介していきます

 

なお、こちらは、橿原考古学研究所附属博物館の

公式サイトに情報が掲載されていますので、以下に引用すると、

[所在地]

奈良県橿原市畝傍町50-2(参考地図

[開館時間]

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

[休館日]

毎週月曜日

※月曜日が休日にあたる場合は開館し、その翌日休館

※年末・年始(12月28日~1月4日)

※上記の他、年に数日臨時休館日がありますので、ご注意ください。

[観覧料]

大人400円、学生300円、小人200円

※特別展開催期間中は、常設展の観覧にも特別展入館料が必要です。

※詳細は以下の引用元ページも合わせてご覧下さい

[引用元]奈良県立橿原考古学研究所附属博物館│利用案内

[アクセス方法]

橿原神宮前駅から徒歩15分

畝傍御陵前駅から徒歩5分

※詳細は以下の引用元ページも合わせてご覧下さい

[引用元]奈良県立橿原考古学研究所附属博物館│アクセス

となっており、また、橿原考古学研究所付属博物館には、

無料の駐車場もありますので、マイカーでのアクセスも可能です

 


『橿原考古学研究所附属博物館』はどんな施設?見所は?

 

続いて、この項では、橿原考古学研究所付属博物館がどんな施設なのか?という事や、

橿原考古学研究所附属博物館の見所などに関してご紹介させて頂きます

 

まずは、簡単に公式サイトの情報を引用しますと、

奈良県内の多くの遺跡から出土した資料を通じて、

日本史の中で重要な位置を占める奈良県の歴史について理解を深めていただけるよう、

常設展「大和の考古学」のほか、春秋2回の特別展、

夏には発掘調査成果の速報展「大和を掘る」を開催しています。

展示室では、ボランティアの方々による展示解説があります。

また、映像ライブラリー、情報コーナー、

休憩室など無料でご利用いただける施設もあります

[引用元]橿原考古学研究所附属博物館│利用案内

とあり、施設名の通り、橿原考古学研究所の附属の博物館となっており、

発掘調査により出土した各時代の石器・土器・鉄器・埴輪などが展示されています

 

前出の展示室でのボランティアの方によるガイドも丁寧で、

詳しくない人にもちゃんとわかる様な説明があり、

じっくり見ていると、2~3時間ぐらいはかかる程、展示物も充実していますし、

展示品も例えば埴輪など、子供でも興味を持ちやすいものが多いので、

意外と子供連れで家族で出掛けるのに向いているスポットと言えるかと思います

 

また、中庭にある複製の埴輪など、実際に触れる事ができるものもあるので、

その辺りも、子供連れにも嬉しいポイントとなっています

 

ちなみに、この橿原考古学研究所附属博物館ですが、

実はGoogleマップのストリートビューで館内を見る事ができますので、

興味のある方は、下見程度にあらかじめご覧になってみても良いかもしれません

こちらから Googleマップのストリートビューでご覧になれます)

 


『橿原考古学研究所附属博物館』にはミュージアムショップも!

 

他にも、橿原考古学研究所付属博物館には、ミュージアムショップもあり、こちらでは、

博物館マスコットキャラクターの「イワミン」のグッズをはじめとして、

お出かけの思い出となる様なお土産も販売されていますので、

博物館を楽しんだ後には、こちらに寄られるのもおすすめです

(ミュージアムショップの主な取扱商品はこちらのサイト でもご覧になれます)

 

ちなみにミュージアムショップは、無料のエリアなので、グッズだけでも欲しいという方は、

近くに行った際についでに立ち寄ってみても良いかもしれませんね

 

管理人の感想

 

ここまで、奈良県観光の穴場スポットとして、

橿原考古学研究所附属博物館の見所やアクセス方法などをご紹介させて頂きました

 

橿原考古学研究所付属博物館は、

ややマニアックな博物館とも言えるかもしれませんが、

その分、穴場スポットとなりやすく、人が少なくて、じっくり見る事ができるので、

興味のある方はもちろん、それほど興味がないお子さんなどでも、

意外と興味を持つきっかけとなるかもしれません

お出かけ場所で悩んでいる方などは、よろしければ参考としてみて下さいね

 

奈良県観光の他の穴場スポット情報は以下も合わせてご覧下さい!

 

まとめ

今回は、橿原考古学研究所附属博物館の見所やアクセス方法などに関して、

奈良県観光の穴場『橿原考古学研究所附属博物館』の場所やアクセス方法は?

所在地:奈良県橿原市畝傍町50-2参考地図

開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週月曜日他(年末年始なども)

観覧料:大人400円、学生300円、小人200円

(利用案内の詳細は公式サイトのこちらのページ も合わせてご覧下さい)

 

アクセス方法:橿原神宮前駅から徒歩15分、畝傍御陵前駅から徒歩5分

※車の場合、無料の駐車場もあります

(アクセス方法の詳細は公式サイトのこちらのページ も合わせてご覧下さい)

 

『橿原考古学研究所附属博物館』はどんな施設?見所は?

橿原考古学研究所附属博物館では、主に、

発掘調査により出土した各時代の石器・土器・鉄器・埴輪などが展示されています

 

展示室では、ボランティアの方による丁寧な解説も聞けますし、

埴輪など子供が興味を持ちやすい展示品もあるので、

子供連れでも楽しみやすいスポットと言えるかと思います

 

『橿原考古学研究所附属博物館』にはミュージアムショップも!

無料で入れるエリアにはミュージアムショップがあり、

博物館マスコットキャラクターの「イワミン」をはじめ、

他にも展示品と関連した様々なグッズが取り扱われていますので、

お土産や思い出の品として、購入されるのもおすすめです

という事をご紹介しました

 

神社仏閣で有名な奈良県ですが、神社仏閣意外でも、

意外な穴場スポットは他にもありそうなので、ぜひ皆さんも探してみて頂ければと思います

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります



この記事をお友達にも紹介して頂ける場合はこちらからお願いします!
ここから下もぜひ見て下さい!
管理人D
著者近影
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄の少し上に
アンケートがある場合がありますが、お気付きですか?
もしよければ、気軽にご回答頂けると嬉しいです!
管理人Dの書いた記事一覧
注目の記事をご紹介!
関西の夏祭り&花火大会 屋台などの情報まとめ!
関東の夏祭り&花火大会 屋台などの情報まとめ!

同カテゴリ記事一覧 観光

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ピックアップ記事(クリックで開きます)

ピックアップ記事をスライドでどうぞ!

セルカ棒(自撮り棒)がディズニーで禁止されている理由とは? セルカ棒のセルカはどんな意味?リモコンシャッターの使い方は? 京都しだれ桜オススメ名所9景をピックアップ!知る人ぞ知る名所も? 愛知しだれ桜の評判スポット名所8景をご紹介!お花見に是非! ファランジリングとはどんな意味?英語が由来となっている? ネイルチップリングとはどんな意味?ファランジリングとの違いは? 寄せ書きの色紙レイアウト定番デザイン4種類! 引っ越し挨拶文の定番は?文例として転居報告などの挨拶状も 引っ越し挨拶の手土産ギフトはいくらまで?品物にのしは付ける? 新入社員歓迎会や飲み会のマナー!好印象を与えるポイント5選 ネクタイの色の選び方!与えるイメージを把握して良い印象を与えよう! ネクタイの選び方!プレゼントに決める前に確認したい3ステップ

ページの最初に戻る