リニア鉄道館にデートで行く場合のおすすめポイントをご紹介

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

愛知県名古屋市にある「リニア・鉄道館」に関して、

彼氏や彼女とデートで行く際におすすめのポイントをご紹介します

 

リニア・鉄道館は、簡単に言うと鉄道の博物館で、

例えば、色んな電車などが見られる他にも、鉄道のジオラマが見られたり、

運転シミュレータが体験できたり、様々な見所がありますが、

この記事では、特に鉄道に詳しくない私なりに、

デートで行く場合に個人的におすすめなポイントをご紹介しますので、

デートの計画を立てる際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

営業時間やアクセス方法

 

まずはじめに、「リニア・鉄道館」に関して、

営業時間やアクセス方法、駐車場の有無などをご紹介させて頂きます

 

営業時間や休館日と入場料

 

[営業時間・休館日]

営業時間:10時~17時30分(入館できるのは閉館30分前まで)

休館日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日、また、春休み・ゴールデンウィーク・夏休みなどは火曜日も開館)、12月28日~1月1日

※詳細は公式サイトの開館カレンダーも合わせてご覧下さい

ご利用案内│リニア・鉄道館

[入館料(個人)]

大人:1000円

小学生・中学生・高校生:500円

幼児(3歳以上未就学児):200円

※その他、団体割引などもありますので、詳細は公式サイトの以下のページも合わせてご覧下さい

ご利用案内│リニア・鉄道館

 

上記の内容を少し補足していきますと、

営業時間に関しては、上記の通りとなっており、

休館日に関しては、基本的には毎週火曜日ですが、年末年始は休館となっている他、

春休み・ゴールデンウィーク・夏休みなどの場合は、火曜日でも開館していますので、

詳しくは上記に示した公式サイトの開館カレンダーも合わせてご覧下さい

 

また、個人の場合の入館料は上記の通りですが、

20名以上の団体割引などもありますので、

団体割引などの詳細は上記に示した公式サイトのページも合わせてご覧下さい

 

なお、主に新幹線を利用する様な遠い地域の方向けになりますが、

新幹線・あおなみ線・入館チケットがセットになったお得きっぷもありますので、

遠い地域の方は、以下のページも合わせて参考としてみて下さい

リニア・鉄道館 往復きっぷ│JR東海

 


車でのアクセス・駐車場に関して

 

[駐車場の有無]

近くの有料駐車場を利用

 

上記の内容を少し補足していきますと、

残念ながら、リニア・鉄道館自体には駐車場はありませんが、

リニア・鉄道館の近く、徒歩数分程度の距離には、例えば、

約5000台停められる「名古屋市営金城ふ頭駐車場」や、

約1800台停められる「モノづくり文化交流エリア駐車場」などがありますので、

そういった有料駐車場を利用する事になります

名古屋市金城ふ頭駐車場

モノづくり文化交流エリア駐車場について│名古屋市

 

なお、駐車場は上記の通り、駐車台数には比較的余裕がありますが、

夏休み・ゴールデンウィークなど、時期によっては混み合う可能性もあり、

以下でご紹介している通り、リニア・鉄道館は駅も近くにありますので、

混み合う可能性がある時期には電車でのアクセスがおすすめです

 


電車でのアクセスに関して

 

[最寄り駅]

あおなみ線 金城ふ頭駅(徒歩約2分)

 

上記の内容を少し補足していきますと、

リニア・鉄道館へ行く場合、すぐ近くに駅があり、徒歩約2分の距離なので、

公共交通機関を利用してのアクセスが便利となっています

 

なお、あおなみ線は名古屋駅から乗る事ができますので、

特に名古屋駅まで来る事が容易な方には、

電車でのアクセスがおすすめではないでしょうか

 

デートで行く際のおすすめポイントをご紹介

 

続いて、「リニア・鉄道館」にデートで行く際に、

彼氏や彼女と盛り上がれるであろうポイントに関して、

鉄道には特に詳しくない私なりにご紹介していきます

 

その1 たくさんの車両展示

 

まず、リニア・鉄道館のメインの見所と言えるのは、

やはり、たくさんの車両が展示されている、という事になりますが、

展示されている車両のバリエーションが多いので、

誰でも少なくとも1つぐらいは見た事のある車両があると思いますし、

鉄道に関する詳しい知識はなくても、意外と楽しむ事ができます

 

また、単純に並んでいる車両の外観が見られるだけでなく、

いくつかの車両に関しては、実際に車内に入る事もできるのが特徴的で、

今までに乗った事がない車両の車内に入る事で身近に感じられますし、

特に古い車両では、近代の車両にはない味わい深い雰囲気が楽しめるので、

デートで行った際には、車内を見て回るだけでも、

色んな話題が見つかって、盛り上がりやすいかと思います

 

他にも、古い車両に関しては、

近代の車両では見られない様なディテールも多いので、

そこまで電車に詳しくなくても、普段から通勤などで普通に電車に乗る方であれば、

ちょっとした違いなども見つかって楽しみやすいです

 

その2 鉄道ジオラマ

 

こちらもリニア・鉄道館の見所の1つとなっていますが、

リニア・鉄道館では、大きなスケールの鉄道ジオラマを楽しむ事ができます

 

この鉄道ジオラマは、単純にジオラマが展示されているだけでなく、

約20分をかけて、朝→昼→夕方→夜へと時間が変化していく様子を楽しむ事ができ、

夜になれば、暗くなり、建物に明かりが灯るなど、

時間によって変化していくギミックや動きが取り入れられているので、

ちょっとしたアトラクション的な面白さもあります

 

更に、ジオラマは非常に細部にこだわられているのが特徴的で、

日本各地の名所がモチーフに作られ、色んな名所を探す楽しみがある事に加えて、

遊び心として、色んな隠れキャラが隠されている事が知られおり、

じっくり時間をかけて見る事で見つけられる面白い部分も多いので、

デートで行った際には、ぜひゆっくりと時間をかけて、

ジオラマの細部を見て楽しまれてみてはいかがでしょうか

 

その3 運転シミュレータ

 

抽選もしくは先着となっていますので、確実に体験できる訳ではありませんが、

リニア・鉄道館にデートで行く際には、

運転シミュレータにチャレンジしてみるのもおすすめです

 

運転シミュレータでは、有名な電車運転ゲームの様に、運転シミュレーション体験ができ、

運転シミュレータは初めてだと少し難しく感じるかもしれませんが、

難易度が選択できるので、初めてでも割と挑戦しやすいですし、

デートでも盛り上がりやすい体験型のエリアなので、ぜひ試してみて下さいね

 

なお、新幹線シミュレータ「N700」・在来線シミュレータ「車掌」は抽選制で、

当選すると利用する事ができ、料金はそれぞれ1回500円、

在来線シミュレータ「運転」は先着順で、料金は1回100円となっています

 

その4 電車の中で食べれる駅弁

 

私が個人的にリニア・鉄道館にデートで行く際に特におすすめだと思うのが、

館内で販売されている駅弁を実際に車両内で食べられるという点です

 

リニア・鉄道館では、館内で駅弁を購入する事ができ、

館内の飲食コーナーで食べる事もできるのですが、

実は、入館後の屋外展示エリアにある車両内でも飲食する事ができる様になっているので、

駅弁を車内の座席に座って食べる事もでき、

ある意味で、プチ旅行気分を味わえるのが魅力となっています

 

駅弁というだけでも、ちょっと普通のお弁当とは違った風情がありますが、

更に電車の中で食べる事で、より強く風情を味わう事ができる面白いエリアなので、

リニア・鉄道館に行った際には、ぜひ車内で駅弁を食べるのも検討してみて下さいね

 

その5 超電導リニア模擬体験

 

他にも、2人で一緒に楽しめる体験型のエリアとしましては、

超電導リニアの模擬体験はデートの際にもおすすめかと思います

 

超電導リニア模擬体験は、座席や窓など、

実際の車内の様子が再現されたシアターの座席に座って、

時速500kmの世界を模擬体験する事ができるエリアで、

映像と共に、言葉通り、超電導リニアを模擬体験する事ができますので、

貴重な体験という事もあり、デートでの良い思い出になるかと思います

 

なお、超電導リニア模擬体験に関しては、

入館料のみで体験する事ができ、別途料金は必要ありませんので、

気軽に体験できる点もポイントとなっています

 

その6 2階のシート

 

リニア・鉄道館には、子供連れのお客さんも多い事からか、

意外と穴場になっている場所があり、

人が少ない事に加えて、ちょっと薄暗くなっているので、

デートで行く際にも雰囲気が良くおすすめなのが2階のシートです

 

具体的な場所としては、

リニア・鉄道館のエントランスを入ってすぐのエリアの2階部分になるのですが、

偶然にもカップル向けであるかの如く、2人がけの座席がいくつか並べられており、

館内の中でも、人がいる事が少ないエリアで、

ゆっくりと静かな時間を過ごせるので、

デートの最後などに行くと、2人だけの時間も作れておすすめかと思います

 

なお、車両などがたくさん展示されているのは1階になりますが、

リニア・鉄道館では、2階にも展示であったり、映像シアターなどもありますので、

1階だけでなく、ぜひ2階にも足を運んでみて下さいね

 

その7 周辺施設

 

最後に、こちらはリニア・鉄道館ではありませんが、

リニア・鉄道館を見終わった後には、周辺施設で楽しまれるのもおすすめです

 

なお、リニア・鉄道館の周辺施設としましては、

1つは新しくできたレゴランドがありますし、

レゴランドの近くには、こちらも新しくできたグルメやショッピングを楽しめる施設、

「メイカーズピア」もあります

 

特に「メイカーズピア」は、グルメ・ショッピングに加えて、

お化け屋敷やゲームセンター、猫カフェなどもある他、

お菓子のオリジナルプチギフトが作れたり、

ガラス細工づくり体験・食品サンプル作り体験などの体験が行えたり、

デートで盛り上がれる施設も多いので、

リニア・鉄道館に足を運んだ際には、一緒に足を運ぶのがおすすめです

 

管理人の感想

 

ここまで、愛知県名古屋市の「リニア・鉄道館」に関して、

デートで行く場合の個人的なおすすめポイントをまとめてご紹介させて頂きました

 

リニア・鉄道館は、鉄道の博物館となっていますが、

単純に展示を見るだけでなく、体験できる展示もあり、

電車の知識などがなくても、意外と楽しめる施設なので、

遊びに行く場所で悩んでいる方は、候補の1つとして検討されてみてはいかがでしょうか

 

実際に私自身は、特に電車の詳しい知識などはありませんが、

足を運んだ際には、意外と楽しめましたので、

電車に詳しくない方が行っても楽しみやすい施設と言えるかと思います

 

まとめ

今回は、愛知県名古屋市の「リニア・鉄道館」に関して、

個人的にデートでおすすめなポイントとして、

デートで行く際のおすすめポイントをご紹介

その1 たくさんの車両展示

その2 鉄道ジオラマ

その3 運転シミュレータ

その4 電車の中で食べれる駅弁

その5 超電導リニア模擬体験

その6 2階のシート

その7 周辺施設

をご紹介しました

 

なお、近年、リニア・鉄道館の近くには、レゴランド・メイカーズピアができた事により、

昔より賑やかになっていますので、

デートで足を運ぶのも、より楽しみやすくおすすめかと思います

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 観光


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
管理人Dの書いた記事一覧
人気記事

    まだデータがありません。

注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
フクウロ宅配買取の評判を見て古着査定を実際に利用してみたレビュー

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る