ネクタイの色の選び方!与えるイメージを把握して良い印象を与えよう!

この記事は約2~4分ぐらいで読めそうです

greennecktie_t

ネクタイの色の選び方は意外と難しいですよね

それぞれが持つ色のイメージはご存じでしょうか?

 

就活の面接などでは特に

第一印象という点でも重要な意味を持ってくるかと思います

就活では上手く対策して、内定を勝ち取りたい所ですね

 

また、面接に限らず、大事な場面では、

色の持つイメージを使って、

プレゼンなどをばっちりと成功させたい所です

 

そんな色の持つイメージをしっかりと把握して、

周りから良い印象を持ってもらえる様にしていきましょう


 

落ち着き系

紺(ネイビー)

 

紺色は合わせる相手(スーツやシャツ)を選ばず、

最もオーソドックスと言える色の一つになるかと思います

 

実際に場面を選ばず使える事から

初めの1本として必ず押さえておきたいカラーと言えるかと思います

 

黒(ブラック)

 

落ち着き系の中でも最も暗い色とも言える黒ですが、

紺と比べて、少し冷たいイメージを受ける方もいるかもしれません

 

ただ、最もスタイリッシュと言えるカラーも黒ではあります

 

茶(ブラウン)

 

茶色は少し大人びた印象を与えるカラーになります

年配の方などには好まれそうな色合いですね

 

紺などと同じく合わせやすいという点にも魅力がありますが、

若者が使う事を考えるとフレッシュさが薄れてしまうという点で

やや不向きである様にも思われます

 

緑(グリーン、ダークグリーン)

 

色味によってやや異なるイメージですが、

暗い色味であれば、特別落ち着いたイメージを与え、

やや明るめの色味であれば、フレッシュさも演出できます

 

緑は安心感のある色とも言われていますので

あがり症の方などにはあるいは効果があるかもしれませんね

 


元気系

赤(レッド、ワインレッド)

 

明るい色の代表的カラーであり、

力強い印象を与えるイメージです

 

鮮やかな赤にはやや攻撃的なイメージもありますので、

ワインレッドなど、

少し落ち着いた色味を選択される方が良いかと思います

 

黄(イエロー、オレンジ)

 

なんといっても元気な印象を与えるカラーです

 

コーディネートのアクセントに使える色ではありますが、

やや個性が強いため、使う場面が難しいとも言えます

 


爽やか系

ピンク

 

女性的な色合いというイメージが強く、

男性が使う場合はやや使う場面が限定されます

 

女性の多い職場などでは

あるいは好ましい印象を与えるかもしれませんね

 

水色(サックス)

 

爽やかな色合いの定番と言えます

 

サックスに限らず、ペールトーンの

ペールピンクやペールイエローなどは

似た様な効果を与えられます

 

ベージュ

 

柔らかめのイメージを与えるカラーです

 

主張が強くないので、

他の色を活かす際にも使える色と言えますね

 

灰色(グレー、シルバー)

 

色味でイメージが変わり、

濃いグレーは落ち着き系で

紺や茶に近い、合わせる相手を選ばないイメージ

 

薄いグレーはさわやか系で

シルバーなどであれば、ドレス感も演出でき、

パーティーなんかでも使える色と言えるかと思います

 

個性系

紫(パープル)

 

ファッションとしては個性を演出できるカラーですが、

反面、扱いが難しいという問題があります

 

オシャレを演出する際に遊びとして取り入れる様な色ですね

 

管理人の感想

 

基本となるのは、ネイビーなどの定番色ですが、

少しずつカラーバリエーションも増やして、

場面毎の使い分けができる様になればいいですね

 

スーツ、シャツ、ネクタイの配色などは

実際、凝りだすと楽しくなってきますし、

他の人に与える印象も変わってきますので、

是非、少しずつこだわってもらいたい所です

 

上記に挙げた様な色のイメージも

ある程度、把握しておけば選びやすいので、

是非、色がどんなイメージを持っているのか

少しだけ今までより意識する様にしてみて下さい

 

結果的に、周りからより良い印象を持ってもらえる一助となれば幸いです

 

更なる情報を求めるあなたへのオマケ!(管理人の手動更新)

 

まとめ

今回は、ネクタイの色が与えるイメージに関して、

落ち着き系

・紺(ネイビー)

・黒(ブラック)

・茶(ブラウン)

・緑(グリーン、ダークグリーン)

 

元気系

・赤(レッド、ワインレッド)

・黄(イエロー、オレンジ)

 

爽やか系

・ピンク

・水色(サックス)

・ベージュ

・灰色(グレー、シルバー)

 

個性系

・紫(パープル)

という事をまとめました

 

周りの印象が自分を変えるきっかけとなるかもしれませんので、

ネクタイの色にも少しだけこだわりを持つ様にしてみてはいかがでしょうか

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 ビジネス



[アンケート]あなたが多く持っているネクタイの色は?

回答を選んでアンケートの結果を見る!

Loading ... Loading ...

 

シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
実はここから少し下にコメント欄が設けられています
意外とコメントは残し辛かったりするかもしれませんが、
気にせず、気軽にコメントして頂ければ嬉しいです!
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る