ネクタイのディンプルってどんな意味?作らない場合もある?

ネクタイのディンプルとはどんな意味か皆さんはご存じでしょうか?

ちなみに場面によっては作らない事もあるみたいです

 

また、ディンプル自体は知っていても

言葉の由来などは知らない方もいるかもしれません

 

ネクタイを日常的に結ぶ方には馴染みの深いものではありますが、

ディンプルの作り方や結び方、締め方を知らない方も中には当然いるかと思います

 

この記事では、ディンプルとダブルディンプルの作り方や結び方、

言葉の由来、作らない場面に関してなど、まとめてみました


 

ディンプルとはどんな意味?言葉の由来は?

まず、言葉の由来から説明していきたいと思います

 

ディンプルとは、英語で『dimple』と表記し、

主に『えくぼ』を意味する言葉となっています

 

つまり、『ネクタイのディンプル』とは

『ネクタイに作られるえくぼ』という様な意味になりますね

 

実際には、ネクタイの結び目の根本に

ディンプルと呼ばれるくぼみを作り、

ネクタイを立体感のある表情へと演出するテクニックとなっています

 

ディンプルの作り方、結び方、締め方は?

実際の作り方、結び方、締め方に関しましては、

動画を見て頂いた方がわかりやすいかと思いますので、

以下の動画をご確認下さい

 

[動画]1日崩れないディンプルの作り方

 

作る事自体はそれほど、難しくありませんが、

ややコツを掴む必要がありますので、

綺麗なディンプルを作るためには、

人によっては若干の練習が伴ってくるかもしれません



ダブルディンプルの作り方、結び方、締め方は?

実はディンプルだけでなく、ダブルディンプルというものも存在しています

 

ダブルディンプルとは、言葉から想像ができる様に

ディンプルを2つ作るテクニックとなっています

 

こちらも実際の作り方、結び方に関しては動画の方がわかりやすいかと思いますので、

以下の動画をご確認頂ければと思います

 

[動画]ダブルディンプルの作り方

 

なお、ダブルディンプルはディンプルより更に遊び心のある結び方とされ、

仕事などのシーンでは適切な結び方とは言えません

 

主に結婚式など、華やかな場面で使われるテクニックという事にご注意下さい

 

ディンプルを作らない場合とは?

実際にはディンプルを作らない場合もある様です

 

例えば、細身のタイを使う場合、

わざわざディンプルを作らない方がスマートに見えるという意見もあります

 

また、ディンプルはネクタイをよりオシャレに見せる遊び心の様なもの

という性質がある事から

特にお葬式など、フォーマルな場面では好まれない部分があります

 

この辺りはあらかじめ、きちんと注意しておきたい所ですね

 

管理人の感想

ここまで見ていきますと、ネクタイを締めるからには

必ずディンプルを作った方が良い、

という様なイメージを抱かれた方もいるかもしれませんが

 

正直、私個人といたしましては、

自分の感性で選択すべき事という風に感じております

 

ファッション雑誌などを読むと、

ディンプルを作った方がお洒落というイメージを受けますが

その辺りは個人の自由に楽しまれれば良いかと思います

 

シーンに合わせて、あるいは自分の気分にも合わせて、

皆さんもディンプルを楽しんでみて下さい

 

更なる情報を求めるあなたへのオマケ!(管理人の手動更新)

 

まとめ

今回は、ネクタイのディンプルがどんな意味なのか、

言葉の由来や、ディンプルとダブルディンプルの作り方、結び方について、

ディンプルの意味

ネクタイに立体的な表情を与えるテクニック

 

言葉の由来

英語でえくぼを意味する『dimple』が由来

 

ディンプルの作り方、結び方、締め方

ディンプルとは、ビジネスなどでも、ちょっとしたお洒落を演出できる遊び心

[動画]1日崩れないディンプルの作り方

 

ダブルディンプルの作り方、結び方、締め方

ダブルディンプルとは、結婚式など華やかな場面で使われる事のある結び方

[動画]ダブルディンプルの作り方

 

ディンプルを作らない場合は?

・細めのタイを結ぶ場合

・特にお葬式などフォーマルな場面

という事を調べました

 

皆さんも今後、少し意識されてみると、

ネクタイ1つといえ、楽しみの幅が広がっていくかと思います