寄せ書き色紙の文例とメッセージを書く時に気を付けたい事

この記事は約2~4分ぐらいで読めそうです

flower_t

寄せ書き色紙の文例と、

実際にメッセージを書く際に気を付けたい事をまとめてみました

 

寄せ書きというと、場合によっては一生残るものなので、

どんなメッセージを書くかという事には、しっかりと気を付けておきたい所ですね

 

寄せ書きでミスをしないためにも、

様々なシーンに合わせた実際の文例が掲載されているサイトの紹介と

メッセージを書く際に基本として押さえておきたいポイント

をまとめてみましたので参考となれば幸いです

[2015年2月25日追記]

なお、色紙や寄せ書きのデザインレイアウトアイデアの実例としては、

パッと見てイメージしやすい画像を中心にまとめた記事も書きましたので

こちらもよろしければ、合わせてご覧下さい


 

メッセージ内容で気を付けたい事

良い事を書く

 

当たり前かもしれませんが、

寄せ書きというと場合によっては、一生残る様なものなので、

悪い事(批判的な事)などはあまり相応しい内容とは言えませんよね

 

お相手の事をじっくり考えてみて、良い部分を抜き出し、

それを贈る言葉とするべきではないでしょうか

 

今までの思い出を振り返る

 

お相手の方と一緒に過ごした

過去の思い出を振り返った様なエピソードを盛り込む事で

メッセージが印象深いものとなります

 

実際、将来読んだ際にも、その場面が思い出されるでしょうし、

寄せ書きのメッセージとして嬉しい内容となるかと思います

 

今後の事

 

先を見据えた様な内容がとても喜ばれるかと思います

 

寄せ書きというとお別れのメッセージになりがちですが、

また再び会いましょうという様な

今後もつながっていきたいという思いが伝わる内容は

お相手としても、とても嬉しいものとなるはずです

 


メッセージを実際に書く際の注意点

丁寧に書く

 

色紙寄せ書きの性質上、人数が多い場合など、

どうしても急いで書く必要に迫られる場合があるかもしれませんが、

多少、字が下手であったとしても丁寧に書く事を心がけましょう

 

やはり、丁寧に書く事で思いがこもりますし、

自分の気持ちも正しく伝えられるのではないでしょうか

 

下書きをする

 

色紙寄せ書きは割と自由に書ける場合が多いので、

例えば、文章が斜めになってしまったり、

予想以上にスペースをとってしまったり、

一発書きで上手く書くのが難しいという部分があります

 

なので、時間的余裕があれば、一度下書きをする事をオススメします

 

どの程度、自分が使ってよいスペースがあるのか、

という点も踏まえて、鉛筆などで軽い下書きをしておくと

きれいにまとめられるかと思います

 

更に、下書きをしておけば、空いたスペースも

イラストや写真などを使って活用しやすいですしね

 


寄せ書き文例集へのリンク

それぞれのシーンに合わせた寄せ書きの文例集へのリンクを集めてみました

実際にメッセージを書かれる際には大変参考となるかと思います

 

いくつかのサイトを見た上で自分なりの文章へと組み立てれば、

しっかりとした文章を作る手助けとなるはずです

 

送別系

 

送別メッセージ全般

送別や退職

あまり親交のない方へ

定年や退職

 

卒業系

 

卒業祝い全般

先輩へ

先生へ

[2015年3月13日追記]

部活を引退される先輩や、卒業される先輩向けの

色紙・寄せ書きのデザイン実例をまとめた記事も追加しましたので、

よろしければ合わせて、参考としてみて下さい

 

結婚系

 

結婚祝い全般その1

結婚祝い全般その2

英語で

上司や先輩へ

 

誕生日系

 

誕生祝い全般その1

誕生祝い全般その2

 

出産系

 

出産祝い全般

 

管理人の感想

 

メッセージに関しましては、やはり気持ちの部分が大事かと思いますので、

上記にも挙げました通り、

丁寧に書くという点に気を付ける事が重要だと思います

 

中には、それほど親しくない方へ寄せ書きするという事もありますが、

そういった場合でも、ちゃんとしたメッセージを綴る事で、

それがきっかけで親交を得るという可能性もありますので、

上記に挙げました文例なども参考にしつつ、

ぜひ、自分なりに精一杯のまごころを込めたメッセージを贈ってみて下さい

 

更なる情報を求めるあなたへのオマケ!(管理人の手動更新)

 

まとめ

今回は、色紙寄せ書きの文例として、参考のサイトをご紹介した他、

メッセージを書く際のポイントとして、

内容

・良い事を書く

・今までの思い出を振り返る

・今後の事

 

注意点

・丁寧に書く

・下書きをする

という様な事を挙げさせて頂きました

 

実際に色紙寄せ書きのメッセージを書かれる際には

皆の目に触れるものだという点にも注意しておきたい所ですね

 

なお、色紙寄せ書きのデザインやレイアウトのアイデアの実例としては、

別記事でもご紹介していますので、よろしければ、そちらも合わせてご覧下さい

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 寄せ書き・色紙


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
管理人Dの書いた記事一覧
人気記事

    まだデータがありません。

注目記事
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた
古本やCDとDVDとゲームなどを宅配買取しているおすすめ店を紹介!

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る