デコパージュスニーカーを洗う時の耐久性と布の洗濯や石鹸の使い方!

この記事は約3~5分ぐらいで読めそうです

decouperwash_t

デコパージュしたスニーカーを洗う時の耐久性、そもそも洗えるのか、

という事に加え、デコパージュした布を洗濯できるのか、

デコパージュした石鹸の使い方、普通に使えるのか、という事をまとめてみました

 

以前にデコパージュとはどんな意味なのかという記事でご紹介した通り、

デコパージュの技術自体は比較的、古くからありましたが、

ケマージュ・デコポッジ・モトポジなどの商品以外でも、

ペーパーナプキンなどの柄をコーティングするためのデコパージュ用の糊が、

ダイソー・セリアなどの100均でお手軽に手に入る様になり、

ここ最近、注目を集めている様なので、私なりに調べてみました


 

デコパージュスニーカーを洗う時の耐久性は?本当に洗えるの?

 

まずはじめに、最近よく見かける様になった

デコパージュしたスニーカーや上履きに関してご紹介していきます

 

デコパージュスニーカーは洗えるのか、という事に関して、

最初に簡単に結論を述べますと、

デコパージュしたスニーカーや上履きは洗っても大丈夫
 

という事になるかと思います

ただし、いくつか注意しておきたい部分もあります

 

例えば、こちらは、実際にデコパージュの上履きなどをご自分で製作されて、

販売も行っている方のブログからの引用になりますが、

デコパージュ面は高温多湿に弱く

[引用元]しーさんのハッピーライフ

と書かれており、具体的に私の実体験から言っても、

熱いお湯で洗う事

浸け置き洗い

には弱い事が確認されています

 

ですから、デコパージュスニーカーや上履きを洗う場合には、

熱いお湯を使う事や、水で浸け置きする事は避けた方が無難です

 

また、デコパージュの性質上、デコパージュとはそもそも

ペーパーナプキンなどの薄い紙が、

ケマージュなどのデコパージュ液で素材の表面に貼り付けられ、

コーティングされている様な状態になりますので、

あまり強い力でゴシゴシと擦ったりすると、

コーティングが劣化して剥がれやすくなる可能性が考えられます

この点にも少しご注意頂ければと思います

 

なお、デコパージュをする際には、

デコパージュ液以外にも仕上げとして、防水材を重ね塗りする事がありますが、

基本的には、この防水材を少し多めに重ね塗りしておいた方が、

スニーカーを洗う際にも、耐久性が高い傾向にある様です

 

ただし、デコパージュスニーカーの特徴として、

柔軟性のあるスニーカーの素材(布など)を、デコパージュ糊で固めてしまう事から、

スニーカーを実際に履いていてシワの入りやすい甲の部分などは、

長期間使用すると特に、どうしてもコーティングのひび割れが発生しやすくなりますので、

この点はあらかじめ知っておいた方が良いかと思います

 

そして、この点に関しては、

デコパージュ糊と素材との相性によっても耐久性が変わってくる部分となっており、

布製品にデコパージュする場合には、布製品向けのデコパージュ糊として、

仕上がりが柔らかめの「デコポッジ ファブリック」などもありますので、

よりそれぞれの素材に合ったデコパージュ液を検討してみて下さいね

 

他にも、そもそもデコパージュスニーカーや上履きを洗う事に不安を感じられる方や、

なるべく長持ちさせたいと考える方は、

市販の防水スプレーを使って定期的にケアしていけば、

汚れ自体の付着を予防する事ができるので、結果的に長く使える様になるかと思います

 


デコパージュ石鹸の使い方や耐久性は?

 

続いて、この項では、デコパージュ石鹸の使い方や耐久性をご紹介します

 

前項で、デコパージュスニーカーを洗う場合に関して、

「熱いお湯で洗う事」「浸け置き洗い」が苦手という事をご紹介しましたが、

これはデコパージュ石鹸にもほぼ同じ事が当てはまります

 

石鹸というと、お風呂場などで使う方もいるかと思いますが、

実際に使い方として、少し注意しておきたい点としては、

浸け置き洗いが良くない、という事からも想像できますが、

「石鹸を使用後に濡れたまま放置する」

というのがあまり良くないので、デコパージュ石鹸を使った後は、

「なるべく風通しの良い場所などに置いて乾燥させる」

という使い方がおすすめです

 

また、熱いお湯を使うと、どうしても水で使う場合と比べて、

デコパージュ部分が剥がれやすい傾向にあるので、

この点にも少し気を付けておいた方が良いかと思います

 

更に、こちらは前出のデコパージュスニーカーを洗う際の注意点と同じですが、

デコパージュ面をあまり強い力で擦ったりすると、

やはりデコパージュ面の劣化が早くなる傾向にありますのでご注意下さい

 

ちなみにデコパージュ石鹸を使っていくと、

使い終わりはどんな風になるのか、というのが気になるかもしれませんが、、

こちらのサイト で、実際に使い続けた石鹸の画像が掲載されていますので、

よろしければ、合わせてご覧になってみて下さいね

 


デコパージュかばん等の布の場合の洗濯方法は?

 

更に、カバンなどにデコパージュした布素材の場合の洗濯方法に関してご紹介します

 

こちらは、最初にご紹介したデコパージュスニーカーと

同じ様な対応になりますが、基本的に、

熱いお湯で洗う事

浸け置き洗い

には弱いので、

熱いお湯で洗ったり、浸け置き洗いは避けた方が無難です

 

また、前述の通り、デコパージュは表面をゴシゴシ擦ったりすると、

コーティングが劣化してしまう傾向にあるので、

生地(やコーティング)に負担のかかりやすい、洗濯機の使用はあまり好ましくありません

 

ですから、コーティングをなるべく劣化させない事を考えると、

やはり個人的には、なるべく手洗いされる事を推奨します

 

ちなみに、実際に布にデコパージュした生地を

洗濯機で洗濯された結果の画像を載せている方もいますので、

よろしければ、こちらのサイト も参考としてみて下さい

(上記のサイトの結果では、洗濯機洗いでも概ね問題なかった様です)

 

なお、こちらもデコパージュスニーカーの場合と対応は似てきますが、

布素材にデコパージュしたアイテムをなるべく洗いたくない場合は、

あらかじめ防水スプレーで定期的なケアを行うと、

そもそも汚れが付きにくくなり、結果的に長く使う事ができるかと思います

 

管理人の感想

 

ここまで、デコパージュスニーカーの洗う時の耐久性や、

デコパージュ布の洗濯方法、デコパージュ石鹸の使い方などをご紹介させて頂きました

 

私の経験上、素材やデコパージュ用の糊との相性などはもちろんありますが、

上記でご紹介した浸け置き洗いなどに注意しておけば、

そこまで細かい部分まで気にしなくても、普通に洗ったりできますので、

それなりにデコパージュの耐久性は高いかと思います

 

ただし、中にはデコパージュ液(糊)と素材の相性の合わない場合などもありますので、

その辺りは、実際に試してみて確認するのが確実です

 

また、洗濯が不安な方は、防水スプレーで定期的にケアをする事で、

汚れの付着自体をある程度は予防できますので、こちらも試してみて下さいね

 

他のデコパージュ関連の記事も合わせてご覧下さい!

 

まとめ

今回は、デコパージュスニーカーを洗う時の耐久性や、

デコパージュした布の洗濯、デコパージュ石鹸の使い方などに関して、

デコパージュスニーカーを洗う時の耐久性は?本当に洗えるの?

デコパージュスニーカーは基本的に洗っても大丈夫です

 

ただし、注意点として、熱いお湯を使ったり、

浸け置き洗いをする、というのは避けた方が無難です

 

また、デコパージュの部分をあまり強く擦ったりすると、

どうしても、デコパージュのコーティングが劣化しやすくなるので、

この点にもご注意下さい

 

そもそも洗う事に不安を感じるのであれば、

定期的に市販の防水スプレーを使ってケアをする事で、

汚れ自体が付きにくくなり、結果的に長持ちさせられます

 

デコパージュ石鹸の使い方や耐久性は?

デコパージュスニーカーでご紹介した通り、デコパージュは浸け置きに弱いので、

デコパージュ石鹸を使った後、濡れたまま放置すると、

デコパージュ面が剥がれやすくなります

 

ですから、デコパージュ石鹸の使い方としては、使った後には、

風通しの良い場所などに保管し、乾燥させるというのがポイントです

 

また、デコパージュ面をあまり強く擦ったりすると、

やはり、コーティングの劣化が早まるので、

その点にもあらかじめご注意頂ければと思います

 

デコパージュかばん等の布の場合の洗濯方法は?

こちらのサイト に、実際にデコパージュした布を洗濯された結果の画像があり、

上記のサイトの結果では、洗濯機の使用も特に問題はなかった様です

 

ただし、洗濯機など生地に負担のかかりやすい方法だと、

デコパージュのコーティングが劣化しやすい傾向にあるので、

私個人的には手洗いを推奨します

 

また、デコパージュスニーカーと同じく、

市販の防水スプレーなどを使って定期的にケアするという方法も、

長持ちさせるには有効な手段だと思います

という事をご紹介しました

 

アイデア次第で、色んなものに

自分の好きな柄を貼り付けられるのが、デコパージュの魅力なので、

ぜひ皆さんも色々と試してみて頂ければと思います

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 趣味の手作り


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人C
管理人C
この記事は管理人Cが書かせて頂きました
記事はここで終わり、と思われたかもしれませんが、
ここから少し下に行くとコメント欄もありますので
もしよければ、気軽にコメントを残していって下さいね
管理人Cの書いた記事一覧
注目記事
古本やCDとDVDとゲームなどを宅配買取しているおすすめ店を紹介!
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る