レターパック購入場所と支払い方法まとめ!クレジットカードは使える?

この記事は約4~6分ぐらいで読めそうです

letterpackpayment_t

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒を購入できる場所に加え、

切手・クレジットカード・電子マネー・商品券・ギフト券など、

購入場所毎にどんな支払い方法を利用する事ができるのか、をまとめてみました

 

レターパックは専用封筒さえあれば、お手軽に送れる点が魅力の1つですが、

どんな場所で購入する事が可能なのか、という事に加えて、

どんな支払い方法が使えるのか、という事をまとめてみましたので、

レターパックを使う機会が多い方は参考としてみて頂ければ幸いです

 

※スマートレターの専用封筒に関しても、

レターパックの専用封筒と購入できる場所・使える支払い方法はほぼ同じになります


 

郵便局の窓口

 

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒は当然、

郵便局の窓口で購入する事が可能となっていますが、

レターパックを郵便局で購入する場合の支払い方法は以下の通りです

現金

切手やハガキなどと交換(交換手数料がかかる)

※スマートレターの専用封筒を購入する場合も同じです

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックの専用封筒を郵便局で購入する場合、

現金で購入できる以外にも、切手やハガキなどと交換する方法があります

(交換に使えるものは郵便局のこちらのページ でご確認できます)
 

ただし、切手やハガキをレターパックの専用封筒と交換する場合には、

切手・ハガキ1枚毎に、所定の手数料がかかりますのでご注意下さい

(例えば、切手や通常はがきなら1枚につき5円 参考ページ

 


切手SHOP(ネット通販)

 

レターパックの専用封筒は日本郵便が運営しているネット通販サイトの、

切手SHOPでも購入する事が可能ですが、切手SHOPで利用できる支払い方法は以下の通りです

各種クレジットカード

ゆうちょ銀行の送金サービス(振替)

※スマートレターの専用封筒を購入する場合も同じです

 

上記の内容を補足していきますと、切手SHOPでの支払い方法に関しては、

切手SHOPのサイトに以下の通りの記載があります

お支払方法は、3万円未満の場合は「クレジットカード」

又は「ゆうちょ銀行の送金サービス(振替)」が選択可能ですが、

3万円以上20万8千円以下の場合は

「ゆうちょ銀行の送金サービス(振替)」のみとなります。

[引用元]切手SHOP:ご利用ガイド

 

なお、切手SHOPではレターパックライトとレターパックプラスの専用封筒は、

こちらのページ で販売されていますが、20枚単位での購入しかできませんので、

まとめて購入される方にはおすすめな方法の1つと言えるかと思います

 


切手販売(ネット通販)

 

レターパックの専用封筒は「切手販売」というネット通販サイトでも購入する事ができ、

「切手販売」で使える支払い方法は以下の通りとなっています

代金引換

銀行振込(ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行)

※切手販売ではスマートレターの取り扱いはありません

 

上記の内容を補足していきますと、切手販売を利用して、

レターパックの専用封筒を購入する場合、代金引換でも銀行振込でも、

代引手数料や振込手数料は購入者の負担となりますのでご注意下さい

 

なお、「切手販売」ではこちらのページ でレターパックが販売されており、

「切手販売」では20枚以上からしか買えませんが、「切手販売」で購入するメリットとして、

レターパックライトの専用封筒もレターパックプラスの専用封筒も、

通常の販売価格より少し安い金額で購入できるのが特徴的です

(レターパックプラスは510円⇒501.5円、レターパックライトは360円⇒355円)

 

コンビニ

 

レターパックプラスとレターパックライト、スマートレターの専用封筒は、

コンビニでも購入する事が可能となっていますが、

コンビニの場合、レターパックやスマートレターの仕入れの判断は店舗毎に異なりますので、

実際に取り扱っているかどうか、という事に関してはお近くのお店に確認してみて下さい

 

なお、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、

サークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、セイコーマートなど、

日本国内の主要なコンビニチェーン店ではどこでも、

レターパック・スマートレターの専用封筒を取り扱う事自体は可能となっています

(切手類を販売しているコンビニなら、レターパックなどを取り扱う事自体は可能です)

 

ちなみに、現状では、ゆうパックを取り扱っているローソン・ミニストップなどの店舗では、

レターパック・スマートレターの専用封筒を販売している事が多いものの、

ゆうパックを取り扱っていないセブンイレブン・ファミリーマートなどの店舗では、

レターパック・スマートレターの専用封筒を販売していない事が多い様です

 

※以降で使える支払い方法はスマートレターの専用封筒を購入する場合も同じです
 

セブンイレブン

 

セブンイレブンでレターパック購入に使える支払い方法は以下の通りです

現金

nanaco

 

上記の内容をを補足していきますと、

セブンイレブンでレターパックの専用封筒を購入する場合、

現金以外にも電子マネーのnanacoが利用できるのが特徴となっています

 

ミニストップ

 

ミニストップでレターパック購入に使える支払い方法は以下の通りです

現金

イオン商品券

WAON(2016年2月1日~)

 

上記の内容を補足していきますと、

ミニストップでレターパックの専用封筒を購入する場合には、

ミニストップがイオングループである事から、

現金以外に、イオン商品券が使える他にも、

2016年2月1日からは電子マネーのWAONでも購入する事ができる様になります

 

ファミリーマート

 

ファミリーマートでレターパック購入に使える支払い方法は以下の通りです

現金

クレジット機能のあるファミマTカード

 

上記の内容を補足していきますと、

ファミリーマートでレターパックの専用封筒を購入する場合に使える支払い方法として、

現金以外にも、クレジットカード機能の付いているファミマTカードが使えるのが特徴的で、

コンビニでレターパックを購入する場合には、

数少ないクレジットカードが利用できるお店となっています

(ただし、使えるカードはクレジット機能の付いたファミマTカードのみです)

 

サークルK・サンクス

 

サークルK・サンクスでレターパック購入に使える支払い方法は以下の通りです

現金

ユニーグループ商品券

 

上記の内容を補足していきますと、

サークルK・サンクスでレターパックの専用封筒を購入する場合、

サークルK・サンクスがユニーグループである事から、

現金以外にも、ユニーグループ商品券が使えるのが特徴的です

 

ローソン・セイコーマート・デイリーヤマザキ

 

こちらはまとめてご紹介しますが、ローソン、セイコーマート、

デイリーヤマザキでレターパック購入に使える支払い方法は以下の通りです

現金
 

 

上記の内容を補足していきますと、

ローソン、セイコーマート、デイリーヤマザキに関しては、

レターパックの専用封筒は現金でしか購入できませんのでご注意下さい

 

各種オークションサイトや金券ショップ

 

番外編として、レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒は、

上記以外でも、ヤフオクや楽天オークションなどのオークションサイトであったり、

金券ショップなどで取り扱われている事があります

(スマートレターの専用封筒も取り扱われている場合があります)

 

オークションサイトや金券ショップで利用できる支払い方法は、

それぞれで異なりますので、今回は省略させて頂きますが、

オークションサイトや金券ショップでは、定価よりも安い価格で購入できる可能性があるので、

少しでも節約したいと考えている方は上手く利用してみてはいかがでしょうか



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒に関して、

購入できる場所と利用できる支払い方法をまとめてご紹介させて頂きました

 

レターパックの専用封筒はコンビニで取り扱っている場合もありますが、

コンビニに関しては少し注意が必要で、必ずどの店舗でも在庫がある訳ではないので、

事前に電話などで確認されてみるのが良いかもしれません

 

この記事でご紹介してきた通り、購入場所によっては、

現金以外の支払い方法でレターパックを購入する事も可能なので、

自分に合う支払い方法を上手く活用してみて頂ければ幸いです



合わせて読みたい記事のご紹介
レターパックのコンビニでの買い方・購入方法やコンビニの取扱店に加え、 レターパックの具体的な出す方法・発送の仕方をご紹介していきます 専用封筒を用意でき・・・

 

まとめ

今回は、レターパックの専用封筒を購入できる場所と支払い方法に関して、

郵便局の窓口

利用できる支払い方法:現金、切手・ハガキなどと交換

※切手・ハガキと交換の場合、所定の交換手数料がかかる

 

切手SHOP(ネット通販)

利用できる支払い方法:各種クレジットカード、ゆうちょ銀行の送金サービス(振替)

 

切手販売(ネット通販)

利用できる支払い方法:代金引換、銀行振込

 

コンビニ

セブンイレブン

利用できる支払い方法:現金、nanaco

 

ミニストップ

利用できる支払い方法:現金、イオン商品券、WAON(WAONは2016年2月1日~)

 

ファミリーマート

利用できる支払い方法:現金、クレジット機能の付いたファミマTカード

 

サークルK・サンクス

利用できる支払い方法:現金、ユニーグループ商品券

 

ローソン・セイコーマート・デイリーヤマザキ

利用できる支払い方法:現金のみ

 

各種オークションサイトや金券ショップ

利用できる支払い方法:サイトやお店毎に異なる

という事をご紹介しました

 

レターパックを購入する場合には、意外と色んな支払い方法があるので、

現金以外の支払い方法も上手く利用してみてはいかがでしょうか

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私が当サイトのメインの管理人ですが、
友達の管理人Cにも少し手伝ってもらっています
ちなみに名前の由来はサイト名の頭文字から取りました
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?

2 Responses to この記事

  1. 匿名 より:

    セブンイレブンはレターパック扱ってない

    • 管理人D 管理人D より:

      匿名 様

      コメントありがとうございます

      セブンイレブンでのレターパックの専用封筒の取り扱いに関しては、基本的に店舗経営者の判断で決まる様です(切手を販売しているコンビニ店舗であれば、レターパックの専用封筒を販売する事自体は可能となっています)

      現状としては、セブンイレブンではゆうパックのサービスを取り扱っていない事から、レターパックを取り扱っていない店舗が多い様ですが、セブンイレブンでも一部店舗ではレターパックの専用封筒を取り扱っている場合があります

      セブンイレブンは店舗数も多いので、今後多くの店舗で取り扱ってもらえればより便利になるかもしれませんね

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る