宅急便コンパクトと他の発送方法の比較として違いや各々の特徴のまとめ

この記事は約6~8分ぐらいで読めそうです

conpactcomparison_t

宅急便コンパクトと他の発送方法を比較して、料金の安い配送方法、

サービス内容の違い、といった部分で、当サイト内の比較記事をまとめてみました

 

最近では多種多様な配送サービスがありますが、

この記事では、宅急便コンパクトとの比較として、

レターパック、はこBOON、クリックポスト、宅急便、ゆうパック、定形外郵便などとの違い、

それぞれのサービスの特徴、といった事をご紹介させて頂きますので、

実際に発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

宅急便コンパクトの簡単なサービス内容

 

まずは簡単に、宅急便コンパクトの料金などのサービス内容をまとめると以下の通りです

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

 

また、以下の別記事では、宅急便コンパクトの具体的な出し方をご紹介していますので、

よろしければそちらも合わせて参考としてみて下さい

宅急便コンパクトに関して、セブンイレブン・ファミリーマート・サークルKなどの コンビニから送る場合の具体的な送り方をご紹介したいと思います ヤマト運輸の・・・

 

更に、以下の別記事では、宅急便コンパクトをコンビニで受け取りたい方のために、

具体的な利用方法・利用条件などに関してもまとめています

ヤマト運輸の宅急便・宅急便コンパクト・はこBOONの3つのサービスを取り上げて、 セブンイレブンやファミマ、サークルKなどでコンビニ受け取りするための、 具体的・・・

 


宅急便コンパクトと宅急便の比較

 

宅急便コンパクトと宅急便の違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[宅急便]

料金:サイズor重さ、配送区間で異なる(基本運賃756円~4644円、割引制度あり)

サイズ:3辺長さ合計[最大]160cm以内

重さ:[最大]25kgまで

主な特徴・注意点:料金は配送区間と、各料金サイズ区分におけるサイズか重さの規定を超過しているいずれか一方との組み合わせで決まる

[比較すると…]

サイズの制限は、宅急便の方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる(宅急便コンパクトは、宅急便の最安料金区分である60サイズより更に1つ下の料金区分の様な料金設定になっている)

[判断基準の一例]

宅急便コンパクトの専用BOXに入るものは宅急便コンパクト、宅急便コンパクトの専用BOXに入らないものや高価なものは宅急便(宅急便の方が補償限度額が大きいため)

 

また、代金引換・着払いの利用可否などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

ヤマト運輸の宅急便と宅急便コンパクトの2つのサービスを取り上げて、 サイズ・料金、着払いの可否、お届け日数、コンビニ受け取りなどの違いを比較して、 私なりにメリ・・・

 


宅急便コンパクトとはこBOONの比較

 

宅急便コンパクトとはこBOONの違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[はこBOON]

料金:重さ、配送区間で異なる(494円~2243円)

サイズ:3辺長さ合計[一律]160cm以内

重さ:[最大]25kg以下

主な特徴・注意点:発送受付がファミリーマート店頭でのみ可能

[比較すると…]

サイズの制限は、はこBOONの方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用しない場合、軽い荷物など、条件次第で、はこBOONの方が安く送れる可能性がある

[判断基準の一例]

割引制度を活用するなら、宅急便コンパクトの専用BOXに入るものは宅急便コンパクト、宅急便コンパクトの専用BOXに入らないものや高価なものは、はこBOON(はこBOONの方が補償限度額が大きいため)

 

また、代金引換の利用可否、使える支払い方法などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

はこBOONと宅急便コンパクトの2つのサービスを取り上げて、 料金・サイズ、お届け日数、着払いの可否、補償などの違いを比較して、 私なりにメリット・デメリットと・・・

 

宅急便コンパクトとゆうパックの比較

 

宅急便コンパクトとゆうパックの違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[ゆうパック]

料金:サイズ、配送区間で異なる(基本運賃690円~2810円、割引制度あり)

サイズ:3辺長さ合計[最大]170cm以内

重さ:[一律]30kgまで

主な特徴・注意点:重さを問わずサイズで料金が決まるので、特に重くても小さいものは安い料金で送れる可能性がある

[比較すると…]

サイズの制限は、ゆうパックの方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用しない場合、小さい荷物など、条件次第で、ゆうパックの方が安く送れる可能性がある

[判断基準の一例]

割引制度を活用するなら、宅急便コンパクトの専用BOXに入るものは宅急便コンパクト、宅急便コンパクトの専用BOXに入らないものや高価なものは、ゆうパック(ゆうパックの方が補償限度額が大きいため)

 

また、代金引換・着払いの利用可否、使える支払い方法などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

ゆうパックと宅急便コンパクトの2つのサービスを取り上げて、 料金・サイズ、代金引換・着払いの可否、コンビニ受け取りの可否などの違いを比較して、 私なりにメリット・・・

 

宅急便コンパクトとレターパックの比較

 

宅急便コンパクトとレターパックの違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[レターパック]

料金:全国一律、レターパックライト 360円、レターパックプラス 510円

サイズ:レターパックライト 34cm×24.8cm×厚さ3cm以下、レターパックプラス 34cm×24.8cm×厚さ制限規定なし(専用封筒に入ればOK)

重さ:どちらも4kgまで

主な特徴・注意点:専用封筒が必須(専用封筒代金に送料も含まれる)

[比較すると…]

サイズの制限は、どちらも似ているが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

レターパックライトで送れるものならば、レターパックライトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、レターパックプラスよりも宅急便コンパクトの方が安く送れる可能性がある

[判断基準の一例]

レターパックライトの制限に収まる場合はレターパックライト、遠距離に送る場合はレターパックライトorレターパックプラス(レターパックは全国一律料金のため)、重さが4kgを超える場合や補償が必要な場合は宅急便コンパクト

 

また、お届け日数、コンビニ受け取りの可否などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

宅急便コンパクトとレターパックの違いとして、 例えば、料金・サイズ・重さ・厚さ・着払いの有無などを比較してみました 宅急便コンパクトにも、レターパックに・・・

 

宅急便コンパクトと定形外郵便の比較

 

宅急便コンパクトと定形外郵便の違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[定形外郵便]

料金:全国一律、重さで異なる(120円~1180円)

サイズ:3辺長さ合計[一律]90cm以内(最長辺60cm以内かつ規定の最小サイズ以下でないもの)

重さ:[最大]4kgまで

主な特徴・注意点:サイズを問わず重さで料金が決まるので、特に大きくても軽いものは安い料金で送れる可能性がある

[比較すると…]

サイズの制限は、定形外郵便の方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

重さが500g以下の場合、定形外郵便で送れるものならば、定形外郵便の方が安く送れる

重さが500gを超える場合、宅急便コンパクトの専用BOXに入るなら、割引制度を利用するなどの条件によっては宅急便コンパクトの方が安く送れる可能性がある

[判断基準の一例]

重さが500gまでは定形外郵便、重さが500gを超える場合は重さや配送距離などの条件で定形外郵便と宅急便コンパクトを使い分ける(荷物が重ければ宅急便コンパクト、配送距離が遠くて荷物が軽ければ定形外郵便など)

 

また、お届け日数、使える支払い方法などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

宅急便コンパクトと定形外郵便の2つのサービスを取り上げて、 料金・サイズ、お届け日数、着払い・代金引換の可否などの違いを比較して、 私なりにメリット・デメリット・・・

 

宅急便コンパクトとクリックポストの比較

 

宅急便コンパクトとクリックポストの違いを簡単に比較すると以下の通りになります

[宅急便コンパクト]

料金:配送区間で異なる(通常594円~1188円、最大割引時354円~860円、別途専用BOX代65円が必要、割引制度あり)

サイズ:専用薄型BOX 24.8cm×34cm or 専用BOX 20cm×25cm×厚さ5cm

重さ:制限なし(専用BOXに入ればOK)

主な特徴・注意点:専用BOXが必須(専用BOX代65円が別途必要)

[クリックポスト]

料金:全国一律 164円

サイズ:34cm×25cm×厚さ3cm以下

重さ:1kgまで

主な特徴・注意点:Yahoo! JAPAN ID・クレジットカード(一部のデビットカードも利用可)・プリンター(コンビニプリンターも利用可)が必須

[比較すると…]

サイズの制限は、どちらも似ているが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

クリックポストで送れるものならば、クリックポストの方が安く送れる(ただし、クリックポストの利用にはクレジットカードやプリンターが必須)

[判断基準の一例]

重さが1kgまではクリックポスト、重さが1kgを超える場合や補償が必要な場合は宅急便コンパクト

 

また、お届け日数、使える支払い方法などの他の違いに関しても、

以下の別記事でそれぞれ詳しくご紹介させて頂いていますので、合わせて参考としてみて下さい

宅急便コンパクトとクリックポストの2つのサービスを取り上げて、 料金・サイズ、お届け日数、追跡の有無、代金引換の可否などのを違いを比較して、 私なりにメリット・・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、宅急便コンパクトと他の発送方法の比較として、宅急便コンパクト以外に、

宅急便、はこBOON、ゆうパック、クリックポスト、定形外郵便、レターパック、

を挙げてそれぞれご紹介させて頂きました

 

発送方法を比較する際に、重要なポイントの1つとして料金があるかと思いますが、

特に宅急便コンパクトの場合、割引制度の利用の有無で料金が異なりますので、

割引制度も上手く利用してみて頂ければ幸いです

 

また、料金面ばかりにこだわらず、多少高くなってしまっても、

補償や追跡がある方が良い、といったサービス内容の違いも理解した上で、

目的に合わせて発送方法を使い分けてみてはいかがでしょうか



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

まとめ

今回は、宅急便コンパクトを他の発送方法を比較して、

宅急便コンパクトと宅急便の比較

サイズの制限は、宅急便の方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる(宅急便コンパクトは、宅急便の最安料金区分である60サイズより更に1つ下の料金区分の様な料金設定になっている)

 

宅急便コンパクトとはこBOONの比較

サイズの制限は、はこBOONの方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用しない場合、軽い荷物など、条件次第で、はこBOONの方が安く送れる可能性がある

 

宅急便コンパクトとゆうパックの比較

サイズの制限は、ゆうパックの方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、宅急便コンパクトで送れるものならば、宅急便コンパクトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用しない場合、小さい荷物など、条件次第で、ゆうパックの方が安く送れる可能性がある

 

宅急便コンパクトとレターパックの比較

サイズの制限は、どちらも似ているが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

レターパックライトで送れるものならば、レターパックライトの方が安く送れる

宅急便コンパクトの割引制度を活用する場合、レターパックプラスよりも宅急便コンパクトの方が安く送れる可能性がある

 

宅急便コンパクトと定形外郵便の比較

サイズの制限は、定形外郵便の方が余裕があるが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

重さが500g以下の場合、定形外郵便で送れるものならば、定形外郵便の方が安く送れる

重さが500gを超える場合、宅急便コンパクトの専用BOXに入るなら、割引制度を利用するなどの条件によっては宅急便コンパクトの方が安く送れる可能性がある

 

宅急便コンパクトとクリックポストの比較

サイズの制限は、どちらも似ているが、宅急便コンパクトには重さの制限がないため、重さの制限は、宅急便コンパクトの方が余裕がある

クリックポストで送れるものならば、クリックポストの方が安く送れる(ただし、クリックポストの利用にはクレジットカードやプリンターが必須)

という事をご紹介しました

 

宅急便コンパクトは割引制度が充実している点が魅力の1つとなっていますので、

宅急便の割引制度をまとめている記事も参考にしつつ、お得にサービスを利用してみて下さいね

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄のコメントですが
実はランダムで表示されている事にお気付きでしょうか?
もしよければ、他のページのコメントも見てみて下さいね
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました
古本やCDとDVDとゲームなどを宅配買取しているおすすめ店を紹介!

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る