レターパックライトとレターパックプラスの違いを比較!メリットデメリット

この記事は約9~11分ぐらいで読めそうです

レターパックライトとレターパックプラスの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、追跡の有無、お届け日数、着払いの可否などの違いを比較して、

私なりに感じるメリット・デメリットに関してまとめてみました

 

最近では色んなバリエーションの配送サービスがありますが、

どの送り方が自分の目的と合ったものなのかわかりにくい事もあり、

この記事では特にレターパックライトとレターパックプラスを比較しましたので、

発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 


簡単なサービス比較一覧

 

はじめにレターパックライトとレターパックプラスを簡単に比較すると以下の通りですが、

細かい注意点などは以降の記事中にまとめていますので、

以降の記事内容も合わせてご覧いただけますと幸いです

サービス名 レターパックライト(青色) レターパックプラス(赤色)
郵便料金 全国一律 370円(専用封筒の値段) 全国一律 520円(専用封筒の値段)
サイズ 34cm×24.8cm(A4大、専用封筒の大きさ) 34cm×24.8cm(A4大、専用封筒の大きさ)
厚さ 3cm以下 制限の規定なし(専用封筒に入れてフタが閉められればOK)
重さ 4kg以内 4kg以内
前提条件 専用封筒が必要 専用封筒が必要
割引制度 なし(金券ショップなどで定価以下で買える事がある) なし(金券ショップなどで定価以下で買える事がある)
支払い方法 購入場所によって異なる(購入場所によっては現金以外も可) 参考 購入場所によって異なる(購入場所によっては現金以外も可) 参考
発送できる場所 郵便局の窓口、郵便ポストへ投函 郵便局の窓口、郵便ポストへ投函
自宅などへの集荷サービス 不可 可能
お届け方法 郵便受けに投函 対面手渡し
日にち・時間帯指定 不可 不可
お届け日数の目安 日本郵便のこちらのページ で調べられます 日本郵便のこちらのページ で調べられます
日曜・祝日の配達 ある ある
信書の取り扱い 送れる 送れる
補償 なし なし
追跡サービス ある ある
着払い 不可 不可
代金引換 不可 不可
受け取り場所 自宅など、郵便局留め 自宅など、郵便局留め
コンビニ受け取り 不可 不可

 

以上、各サービスを簡単に比較すると上記の表の通りになりますが、

次項より更に項目毎に詳しくご紹介していきたいと思いますので、

それぞれの細かい違いなどはそちらも合わせてご確認下さい

 

利用の前提条件

 

まず、各サービスの利用のための前提条件をまとめると以下の通りになります

[レターパックプラス]

発送するためには専用封筒の購入が必要

[レターパックライト]

発送するためには専用封筒の購入が必要

 

上記の内容を補足していきますと、

レターパックプラスは赤色、レターパックライトは青色の、それぞれの専用の封筒があるので、

事前に専用の封筒を購入して、その専用封筒に入れて送る必要があります

(専用の封筒を購入できる場所は2つ次の割引制度の項でご紹介しています)

 

ちなみに、レターパックプラスもレターパックライトも、

専用封筒の外装に記入欄が設けられていますので、宛名はそちらに記入して下さい

 

なお、レターパックプラスもレターパックライトも、

別途、あて名ラベルや送り状などを用意する必要がなく、

専用の封筒さえ用意すれば、お手軽に利用できるので、

発送に慣れていない様な方でもわかりやすい点が魅力となっています

[利用の前提条件のまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも送るには専用封筒が必要

 



サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関してまとめると以下の通りになります

サービス名 レターパックプラス(赤色) レターパックライト(青色)
郵便料金 全国一律 520円(専用封筒の値段) 全国一律 370円(専用封筒の値段)
サイズ 34cm×24.8cm(A4大、専用封筒の大きさ) 34cm×24.8cm(A4大、専用封筒の大きさ)
厚さ 制限の規定なし(専用封筒に入れてフタが閉められればOK) 3cm以下
重さ 4kg以内 4kg以内

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックプラスもレターパックライトも、

距離を問わず全国一律の料金設定となっている点は共通しており、

現在販売中の料額の封筒を使用する場合、切手を貼り付けずそのまま発送する事ができます

 

また、サイズと重さの制限に関して、それぞれを比較してご紹介していきますと、

まず、サイズの制限は、「レターパックライト」も「レターパックプラス」も同じで、

専用封筒の大きさはどちらも34cm×24.8cmでA4より少し大きいサイズとなっており、

また、重さの制限も、どちらも同じで4kgまでとなっていますが、

厚さは、「レターパックライト」が厚さ3cm以下である事と比較して、

「レターパックプラス」は専用封筒に入れる事ができ、フタをちゃんと閉められれば、

厚さの制限には特に規定がありません

 

上記を簡単にまとめますと、

サイズ・重さの制限は「レターパックライト」も「レターパックプラス」も同じで、

「レターパックライト」の方が「レターパックプラス」よりも送料は安価ですが、

「レターパックプラス」には厚さの規定がないので、

「レターパックプラス」なら「レターパックライト」の厚さ制限3cm以下を超えても送れる、

というのが1つの大きな特徴となっています

レターパックプラス
34cm×24.8cmの専用封筒に入り、フタが閉まればOK(厚さ制限の規定なし)
重さ4kgまで
レターパックライト
34cm×24.8cm(専用封筒のサイズ)
厚さ3cm以内
重さ4kgまで
運賃 運賃
520円 370円

 

なお、「レターパックプラス」の運賃が「レターパックライト」と比較して高い理由としては、

「レターパックライト」とは違い、自宅などへの集荷サービスが利用できる、

お届けが対面手渡しである、等もありますので、詳しくは以降でもご紹介していきます

[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

レターパックライトは34cm×24.8cm(A4大)・厚さ3cm以下・重さ4kgまで

レターパックライトの送料は全国一律370円

レターパックプラスの制限は34cm×24.8cm(A4大)の専用封筒に入れてフタが閉められる事、重さ4kgまで

レターパックプラスの送料は全国一律520円

送料はレターパックライトの方が安価だが、レターパックプラスならレターパックライトの厚さ制限を超えるものでも送れる






割引制度に関して

 

レターパックライトとレターパックプラスの割引制度に関しては、以下の通りです

[レターパックプラス]

日本郵便による割引制度はないが、金券ショップなどで安く買える場合もある

[レターパックライト]

日本郵便による割引制度はないが、金券ショップなどで安く買える場合もある

 

上記の内容を補足していきますと、

レターパックライトの専用封筒もレターパックプラスの専用封筒も同様で、

定価で購入出来る場所としては、郵便局以外にも、

郵便局の通販サイト「郵便局のネットショップ (20枚単位で購入可)」の他、

コンビニでも販売されている可能性がありますが、

コンビニでは店舗によって取り扱い状況が異なっており、

ローソンやミニストップの各店舗であれば比較的、手に入りやすい印象です

(ローソン・ミニストップ以外にも、セブンイレブン、ファミリーマートなどの、

切手類を販売している日本国内の主要なコンビニチェーン店では取り扱い自体は可能ですが、

取り扱い状況は店舗によって異なり、取り扱っていない店舗もあります)

合わせて読みたい
レターパックやスマートレターの購入場所と使える支払い方法まとめ!

 

上記でご紹介した場所は定価で購入できる場所になりますが、

レターパックライトもレターパックプラスも日本郵便での割引制度がある訳ではないものの、

金券ショップなどで定価以下の金額で販売されている場合があり、

金券ショップの例を挙げると「チケットレンジャー 」、

J・マーケット 」などではネット通販もされていますので、

少しでも節約されたい方は金券ショップなどの利用も検討されてみてはいかがでしょうか

[割引制度のまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも金券ショップなどで安く販売されている事がある

 

支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[レターパックライト]

現金(注)

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部のコード決済(注)

一部の商品券(注)

コンビニ決済・Biz@gent決済(注)

Pay-easy(注)

ゆうちょ即時振替(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

[レターパックプラス]

現金(注)

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部のコード決済(注)

一部の商品券(注)

コンビニ決済・Biz@gent決済(注)

Pay-easy(注)

ゆうちょ即時振替(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、

レターパックプラスもレターパックライトも同様で、現金でのお支払い以外にも、

郵便局では切手やハガキなどと交換できたり、

他にも購入場所によってはクレジットカードで支払える場合もあり、

購入する場所によって利用できる支払い方法が異なるため、

以下の記事で詳しくまとめていますので、合わせて参考としてみて下さい

合わせて読みたい
レターパックやスマートレターの購入場所と使える支払い方法まとめ!

 

[支払い方法のまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも購入場所によっては現金以外でも支払える

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数の目安は以下の通りとなっています

[レターパックプラス]

日曜・祝日も配達される

正式な速達扱いではないが、ほぼ速達と同等とされる

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数の目安が調べられます)

[レターパックライト]

日曜・祝日も配達される

レターパックプラスより1日多くかかる場合がある

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数の目安が調べられます)

 

上記を補足していきますと、レターパックプラスは原則、速達並みの日数で届きますが、

レターパックライトに関しては、日本郵便のサイトに以下の記載があり、

配達状況によっては、レターパックプラスより+1日程度の日数がかかる場合もあります

「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、

配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意

 

ちなみに、レターパックプラスは原則、速達とほぼ同等の日数で届きますが、

正式な速達の扱いではないため、物量が多い場合などには、

速達の郵便物・速達のゆうメールの方が優先して配達される場合があります

 

なお、具体的な日数の目安は、発送地域からお届け地域までの距離で変わりますので、

郵便局のこちらのページ を参考としてみて頂ければと思いますが、

レターパックプラスもレターパックライトもどちらも同様に、

日曜・祝日も配達されるのが特徴となっています

[お届け日数のまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも日曜・祝日も配達される

 

信書の取り扱いに関して

 

各サービスの信書の取り扱いとしては次の通りになっています

レターパックライト レターパックプラス
信書が送れる 信書が送れる

 

上記の内容を補足していきますと、

信書に関しては、レターパックプラスでもレターパックライトでも送る事ができます

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも信書が送れる

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

サービス名 レターパックプラス レターパックライト
発送できる場所 郵便局の窓口、郵便ポスト 郵便局の窓口、郵便ポスト
自宅などへの集荷 不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックプラスもレターパックライトも、

郵便局の窓口で受付するだけでなく、郵便ポストへ投函して発送できる事が共通していますが、

少し注意点として、コンビニレジでは受付していませんので、

コンビニへ持って行く場合には、コンビニに設置された郵便ポストに投函して下さい

(ローソンなどの一部のコンビニでは店内にポストが設置されている場合もあります)

 

なお、どちらのサービスも専用封筒の代金に運賃が含まれているため、

現在販売中の料額の封筒を利用する場合、

郵便ポストへ投函する際に切手の貼り付けは不要となっています

 

また、荷物1個からでも自宅などに荷物を取りに来てもらう事ができる集荷サービスですが、

レターパックライトでは利用する事はできませんが、

レターパックプラスでは利用する事が可能となっており、

この違いがレターパックライトとレターパックプラスのサービスの大きな違いの1つです

 

ちなみに、万が一、郵便ポストの投函口に入らない場合は、

レターパックプラスの場合は、窓口へ持って行くか、集荷を利用し、

レターパックライトの場合は郵便局の窓口から差し出しして下さい

[発送できる場所と集荷のまとめ]

レターパックプラスは集荷サービスが荷物1個から利用可能

レターパックライトは集荷サービス利用不可

レターパックプラスもレターパックライトも窓口だけでなく、ポスト投函でも発送可

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届け方法、日にち・時間帯指定に関しては以下の通りです

サービス名 レターパックライト レターパックプラス
お届け方法 郵便受けに投函 対面手渡し
日にち・時間帯指定 不可 不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックプラスもレターパックライトも、

発送の際に、お届けの日にちや時間帯の指定をする事はできません

 

ただし、お届け方法には少し違いがあり、

レターパックプラスに関しては、対面手渡しのお届け方法になり、

この時、不在だと不在票が投函される事になります

 

対照的に、レターパックライトに関しては、

お届け方法は基本的に郵便受けに投函になりますが、

万が一、ご自宅などの郵便受けに入らない様な場合には、

例外として、対面手渡しでのお届けとなり、この時、不在なら不在票が投函されます

 

なお、レターパックプラスでもレターパックライトでも、

一度、不在票が投函され、再配達の申し込みをする際には、

お届けの日にち・時間帯の指定が可能となっています

[お届け方法、日にち・時間帯指定のまとめ]

レターパックプラスもレターパックライトも日にち・時間帯の指定不可

レターパックプラスのお届け方法は対面手渡し

レターパックライトのお届け方法は郵便受けに投函

 

補償・追跡に関して

 

各サービスの追跡と補償、お届け方法に関しては以下の通りになります

サービス名 レターパックライト レターパックプラス
追跡サービス ある ある
補償 なし なし

 

以上の内容を補足していきますと、レターパックプラスもレターパックライトもどちら共に、

追跡サービスが利用できるのが特徴の1つとなっています

 

また、補償に関しては同様で、どちらのサービスも残念ながら補償がありませんので、

補償が必要な場合には、ゆうパックやヤマト運輸の宅急便であったり、

書留のオプションが付けられるゆうメールや定形外郵便なども検討してみて下さいね

[追跡・補償のまとめ]

レターパックライトもレターパックプラスも追跡サービスが利用可能

レターパックライトもレターパックプラスも補償がない

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

サービス名 レターパックライト レターパックプラス
自宅などで受け取り
郵便局留め
コンビニ受け取り 不可 不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトもレターパックプラスも、

自宅などで受け取れる事に加え、郵便局留めをする事も可能となっています

(郵便局留めをする場合、あらかじめ発送時に「○○郵便局留め」と、あて名に記入して下さい

→参考ページ:郵便局留 – 日本郵便

 

ただし、コンビニ店頭での受け取りに関しては、

レターパックライトもレターパックプラスも、

残念ながら、コンビニ受け取りには対応していませんのでご注意下さい

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

レターパックライトもレターパックプラス自宅などで受け取りできる

レターパックライトもレターパックプラスも郵便局留めが可能

レターパックライトもレターパックプラスはコンビニ受け取りは不可

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払い・代金引換の利用の可否は以下の通りになります

サービス名 レターパックプラス レターパックライト
代金引換 利用不可 利用不可
着払い 利用不可 利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックプラスもレターパックライトも、

送料が専用封筒購入時の料金に含まれているため、

どちらのサービスも送料着払いでの発送はできない事に加え、

どちらのサービスも代金引換を利用する事も不可能となっています

(代金引換を利用したい場合、

定形外郵便、ゆうパック、ゆうメールなどの利用をご検討下さい)

 

また、レターパックプラスもレターパックライトもどちらも同様に、

書留などのオプションサービスを付加する事もできませんのでご注意下さい

[着払い・代金引換のまとめ]

レターパックライトもレターパックプラスは着払いも代金引換も利用不可

 

レターパックプラスとレターパックライトのメリット・デメリット

 

最後にレターパックライトとレターパックプラスの2つのサービスに関して、

メリット・デメリットをまとめてご紹介させて頂きます

[レターパックライトのメリット・デメリット]

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大・厚さ3cm以下

重さは4kgまで

料金は全国一律370円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用不可

お届け方法は郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

信書が送れる

追跡サービスが利用可能

補償なし

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

[レターパックプラスのメリット・デメリット]

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは専用封筒が34cm×24.8cm(A4大)、厚さ制限なし(専用封筒に入れてフタが閉まればOK)

重さは4kgまで

送料は全国一律520円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用可能

お届けは対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

信書が送れる

追跡サービスが利用可能

補償なし

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

レターパックの具体的な送り方は以下の記事にまとめています

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

レターパックライトもレターパックプラスもどちらも同様に、

専用封筒さえ用意すれば、送りたいものを専用封筒に入れて、

あて名を書くだけ、と発送までの準備が単純明快で、

(現在販売中の料額の封筒なら)切手を貼り付けずそのまま発送するだけなので、

発送に慣れていない方でも簡単に送る事ができるお手軽さが魅力のサービスとなっています

 

ただし、レターパックライトとレターパックプラスの大きな違いとして、

送料が安価なレターパックライトは、厚さが3cm以下の制限がある、

お届けが対面手渡しではなく郵便受けに投函、

自宅などへの集荷サービスが利用できない、という特徴があり、

逆にレターパックプラスは、専用封筒に入れてフタが閉まればOKで厚さ制限の規定がなく、

お届けが対面手渡し、自宅などへの集荷サービスも利用できる、という特徴がありますので、

用途・目的に合わせて検討されてみてはいかがでしょうか

 

管理人の感想

 

ここまで、レターパックプラスとレターパックライトの2つのサービスを取り上げて、

料金・追跡・日数・着払いなどの違いを比較して、まとめてご紹介させて頂きました

 

どちらのサービスも、残念ながら、補償はありませんが、

どちらのサービスも専用封筒さえ用意すれば簡単に送れるお手軽さが魅力で、

特にレターパックプラスなら、運賃が高い分、

対面手渡しでのお届けといった安心感もありますので、

それぞれの特徴を理解して、上手く活用してみて頂ければ幸いです

 

なお、レターパックプラスとレターパックライト以外にも、

最近では様々な発送方法がありますので以下も参考としてみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律 120円~

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律 180円~

クリックポスト 全国一律 188円

ゆうパケット 全国一律 250円~

宅急便コンパクト 距離で変動 610円~(割引制度あり)

ゆうパック 距離で変動 810円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 距離で変動 930円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、レターパックプラスとレターパックライトの違い、メリット・デメリットを比較して、

 
[レターパックライトのメリット・デメリット]

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大・厚さ3cm以下

重さは4kgまで

料金は全国一律370円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用不可

お届け方法は郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

信書が送れる

追跡サービスが利用可能

補償なし

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

 

レターパックプラスのメリット・デメリット

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは専用封筒が34cm×24.8cm(A4大)、厚さ制限なし(専用封筒に入れてフタが閉まればOK)

重さは4kgまで

送料は全国一律520円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用可能

お届けは対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

信書が送れる

追跡サービスが利用可能

補償なし

着払い・代金引換は利用不可

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可

という事をご紹介しました

 

使ってみないとわからない部分も少なからずあるかと思いますので、

よろしければ皆さんもぜひ実際に一度利用してみて下さいね

 

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る