ゆうパックとゆうパケットの違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約14~16分ぐらいで読めそうです
→ 全4ページ

ゆうパックとゆうパケットの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、追跡の有無、お届け日数、着払いの可否などの違いを比較して、

私なりに感じるメリット・デメリットに関してまとめてみました

 

最近では、様々なバリエーションの配送サービスがある事から、

どの送り方が自分の目的とあっている方法なのか、がわかりにくい事もあり、

この記事では特に、ゆうパックとゆうパケットを比較してみましたので、

発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです

この記事は全4ページあります

 

 



簡単なサービス比較一覧

 

はじめにゆうパケットとゆうパックを簡単に比較すると以下の通りですが、

細かい注意点などは以降の記事中にまとめていますので、

以降の記事内容も合わせてご覧いただけますと幸いです

サービス名 ゆうパケット ゆうパック
料金 全国一律で厚さで変わる 250~360円 サイズと配送距離の組み合わせで決まる 基本運賃810円~
サイズ 長辺34cm以内、3辺合計60cm以内(A4大) 3辺合計170cm以内
厚さ 3cm以下
重さ 1kg以内 30kg以内(25kg超え30kg以内は重量ゆうパック扱いで+510円または+520円)
前提条件 専用あて名シールが必要(自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)
封筒などは自分で用意する
専用の送り状が必要(自宅印刷やアプリ経由での作成も可能)
箱や袋などは自分で用意する
割引制度 契約が必要な特約ゆうパケットがある 個人利用向けの割引制度がある
支払い方法 現金、切手 発送場所・利用方法で異なる(発送場所・利用方法によっては現金以外も可) 参考
発送できる場所 郵便局の窓口、郵便ポストへ投函 郵便局の窓口、ゆうパック取扱所(のぼり旗がある店や一部のコンビニ等)
自宅などへの集荷サービス 不可 可能(一部は不可)
お届け方法 郵便受けに投函 対面手渡し
日にち・時間帯指定 不可(特約ゆうパケットは配達日指定のオプションあり) 可能
お届け日数の目安 日本郵便のこちらのページ で調べられます 日本郵便のこちらのページ で調べられます
日曜・祝日の配達 ある ある
信書の取り扱い 送れない 送れない
補償 なし ある(30万円まで)
追跡サービス ある ある
着払い
代金引換 不可
受け取り場所 自宅など、郵便局留め 自宅など、郵便局留め
コンビニ受け取り 一部は可 一部は可

 

以上、各サービスを簡単に比較すると上記の表の通りになりますが、

次項より更に項目毎に詳しくご紹介していきたいと思いますので、

それぞれの細かい違いなどはそちらも合わせてご確認下さい

 

利用の前提条件

 

まず、ゆうパケットとゆうパックを利用するための、

前提条件に関してまとめると以下の通りとなっています

[ゆうパケット]

専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

封筒などは自分で用意する必要あり

[ゆうパック]

専用の送り状が必要(利用方法によっては自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

箱や袋などは自分で用意する必要あり

 

上記の内容を補足していきますと、

ゆうパケットの発送には専用のあて名ラベルが必要となっており、

ゆうパケット用あて名シールは郵便局で無料でもらう事ができる他にも、

Webゆうパックプリント (主に個人利用向け)や、

ゆうパックプリントR (主に法人・個人事業主向け、要事前登録)のサービスを利用して、

市販のあて名ラベルシールなどに自宅プリンタで印刷する事も可能ですし、

スマホアプリ「日本郵便アプリ 」から発送手続きを行い表示された二次元コードを利用して、

郵便局に設置されている専用プリンタ「ゆうプリタッチ」を利用するか、

郵便窓口に二次元コードを提示してあて名ラベルを作成する方法もあります

[参考:日本郵便アプリ あて名ラベル作成機能(ご利用ガイド) – 日本郵便 ]

 

参考として、以下が郵便局で無料でもらえる、ゆうパケット用あて名シールになります

(例外として、メルカリのゆうゆうメルカリ便のゆうパケット、

ヤフオクのゆうパケット おてがる版、ラクマのかんたんラクマパックのゆうパケット、

モバオクのらくらく定額便のゆうパケットの様な、

各サービスの出品者専用のゆうパケットに関しては、以下のあて名シールは利用できず、

2次元をコードを利用して、ローソンまたは郵便局で送り状を発行します)

 

ゆうパックに関しては、無料で手に入る専用の送り状ラベル(伝票)が必要で、

手書きの伝票なら、郵便局やコンビニなどのゆうパック取扱店で手に入る他、

集荷の際に持ってきてもらう事もできますし、

Webゆうパックプリント などのサービスを利用して自宅印刷する方法であったり

日本郵便アプリ ゆうパックスマホ割アプリ といったスマホアプリを経由して、

郵便局で送り状を発行する方法もあり、

利用方法毎の伝票の入手方法は別途以下の記事でもまとめていますので、

そちらも合わせて参考としてみて下さい

合わせて読みたい
ゆうパック送り状ラベル入手方法まとめ!手書きや印刷,スマホアプリ等

 

ちなみに、梱包に使用する封筒や箱などは、ゆうパックもゆうパケットも同様で、

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒でも、ダンボールでも、ビニール製の袋でも、何を使ってもOKです

合わせて読みたい
ダンボールはスーパーで無料でもらえる?他にももらえる場所はある?

 

以上の事から、簡単にまとめると、

ゆうパケットに関しては、事前に専用のあて名ラベルを用意する必要があり、

ゆうパックに関しては、事前に専用の送り状を用意する必要があり、

また、どちらの場合も箱や袋などは自分で用意する必要がある、という事になります

[利用の前提条件のまとめ]

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

ゆうパケットは梱包に使う封筒などは自分で用意する

ゆうパックの利用には専用の送り状が必要(利用方法によっては自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

ゆうパックも梱包に使う箱や袋などは自分で用意する必要あり

 




サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関してまとめると以下の通りになります

サービス名 ゆうパック ゆうパケット
郵便料金 サイズと配送距離の組み合わせで決まる 基本運賃810円~ 全国一律で厚さで変わる 250~360円
サイズ 3辺合計170cm以内 長辺34cm以内、3辺合計60cm以内(A4大)
厚さ 3cm以下
重さ 30kg以内(25kg超え30kg以内は重量ゆうパック扱いで+510円または+520円) 1kg以内

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパケットに関しては、

サイズは、長辺34cm以内 かつ 長辺・短辺・厚さの3辺の合計60cm以内 かつ 厚さ3cm以内、

(一例としてサイズの目安を挙げるとA4サイズが入る角形2号封筒 33.2cm×24cm)、

重さは1kgまで、という制限なので、

大雑把に言うと「A4大サイズ & 厚さ3cm以内 & 1kgまで」となり、

ゆうパックと比較すると送れるものは限定されますが、

送料は全国一律料金で、運賃は厚さによって変動するというのが特徴的です

 

ゆうパックに関しては、

サイズが縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内、

重さはサイズ区分を問わず一律30kgまで(25kgを超え30kg以下は重量ゆうパック扱い)、

とゆうパケットと比較すると制限の余裕がある事に加え、

送料に関しては全国一律料金ではなく、

「60サイズ・80サイズ・100サイズ・120サイズ・140サイズ・160サイズ・170サイズ」

というそれぞれ3辺の合計の最大値を表すサイズ区分に加え、

(例えば、60サイズの場合、荷物の3辺の合計値が60cm以内)

発送地域からお届け地域までの距離との組み合わせで決まるのが特徴的で、

また、25kgを超え30kg以下のゆうパックの荷物に関しては、

重量ゆうパックとして取り扱われる事になり、

重量ゆうパックの運賃は、ゆうパック基本運賃+510円または+520円になる事に加え、

お届け日数も、重量ゆうパックは通常のゆうパックと比較して、

おおむね+1日程度の日数がかかります

(重量ゆうパックでは、遠方や離島などの一部地域の場合、

通常のゆうパックよりも更に数日のお届け日数を要する場合もあります)

[参考:ゆうパックの送料一覧 ]

 

以上の事から、ゆうパケットは全国一律料金で、

送料としては、ゆうパックよりも安価ではあるものの、

サイズ・重さとしては、ゆうパックよりも送れるものが限定される、という事に加え、

ゆうパックは、サイズ・重さとしては、ゆうパケットと比較すると色んなものが送れるが、

厚さで料金が変動する、ゆうパケットと異なり、

ゆうパックの料金は、サイズ区分や配送区間で変化する、という特徴が挙げられます

厚さ ゆうパケット
長辺34cm以内 & 3辺合計60cm以内(A4大)
厚さ3cm以内
重さ1kgまで
運賃(全国一律)
1cm以内 250円
2cm以内 310円
3cm以内 360円
ゆうパック運賃 東京から発送する場合の例
3辺合計170cm以内かつ重さ25kg以下
25kgを超え30kg以下の場合+510円または+520円
区分 東京→東海 基本運賃
割引適用なし
東京→東海 持込割引運賃
持込割引(-120円)
60サイズ 870円 750円
80サイズ 1100円 980円
100サイズ 1330円 1210円
120サイズ 1590円 1470円
140サイズ 1830円 1710円
160サイズ 2060円 1940円
170サイズ 2410円 2290円
区分 東京→近畿 基本運賃
割引適用なし
東京→近畿 持込割引運賃
持込割引(-120円)
60サイズ 970円 850円
80サイズ 1200円 1080円
100サイズ 1440円 1320円
120サイズ 1690円 1570円
140サイズ 1950円 1830円
160サイズ 2160円 2040円
170サイズ 2530円 2410円
[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

ゆうパケットの制限は長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内、重さ1kgまで

ゆうパケットの送料は全国一律料金で厚さで決まる(250~360円)

ゆうパックの制限は3辺合計170cmまで・重さ30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+510円または+520円)

ゆうパックの送料はサイズと配送距離の組み合わせで決まる 基本運賃810円~

 

割引制度に関して

 

ゆうパックとゆうパケットの割引制度に関しては、以下の通りです

[ゆうパケット]

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

[ゆうパック]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパケットに関しては、

個人利用で気軽に用いる事ができる割引制度とは言えませんが、

事前に契約する事で特約運賃が適用される「特約ゆうパケット」があります

(特約の契約に関しては、最寄りの集荷などを担当する郵便局にご相談下さい

集荷に関する連絡先を調べる – 日本郵便

 

「特約ゆうパケット」は条件を満たせば、企業だけでなく個人でも利用可能ですし、

通常のゆうパケットより安く送る事ができる可能性もありますので、

定期的に何度も発送する予定のある方にはおすすめかと思います

(おおよその目安として、年間500通以上送る様な場合)

 

また、ゆうパックに関しては、

郵便局の窓口やコンビニなどのゆうパック取扱所に荷物を持ち込む場合に適用される、

「持込割引 120円引き」であったり、

2018年9月25日から始まった新サービス「ゆうパックスマホ割アプリ」の利用で適用される、

「ゆうパックスマホ割 180円引き」の様に、

個人利用の場合でも適用させやすい割引制度がいくつかあり、

詳細は以下の別記事でまとめていますので合わせてご覧下さい

合わせて読みたい
ゆうパック送料に割引を使った場合の少しでも安い送り方まとめ

 

[割引制度のまとめ]

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

ゆうパックは個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
フクウロ宅配買取の評判を見て古着査定を実際に利用してみたレビュー
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る