レターパックライト&プラスとゆうゆうメルカリ便ゆうパックを徹底比較!

「日本郵便 レターパックライト & レターパックプラス」とメルカリで利用できる「日本郵便 ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」の2つのサービスを取り上げて、

運賃・サイズ、コンビニ受け取りの可否、補償の有無、お届け日時指定の可否、発送できる場所、集荷サービスの有無、お届け方法、などの様々な違いを比較してまとめてみました

 

最近では色んなバリエーションの配送サービスがある事から、どの送り方が自分の目的と合っているのか、ちょっとわかりにくい事もあり、

この記事では特に、レターパックライト & レターパックプラスとゆうゆうメルカリ便ゆうパックを比較してみましたので、実際に発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


簡単なサービス比較一覧

まずはじめに「レターパックライト & レターパックプラス」と「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」のサービス内容を表にまとめ、更に簡単に比較し一覧にすると以下の通りとなっています

サイズ・料金の比較
サービス名レターパックライト
専用封筒が必要
レターパックプラス
専用封筒が必要
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
料金全国一律
370円
(専用封筒の値段)
全国一律
520円
(専用封筒の値段)
全国一律
60サイズ:770円
80サイズ:870円
100サイズ:1070円
大きさ長辺 34cm
短辺 24.8cm
[A4サイズが入る]
長辺 34cm
短辺 24.8cm
[A4サイズが入る]
3辺合計 100cm以内
厚さ
[補足1]
3cm以内<制限の規定なし>
専用封筒に入れて
フタが閉められればOK
重さ4kgまで一律25kgまで
各サービスの簡単な比較
各サービスの簡単な比較
サービス名レターパックライト
レターパックプラス
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
サービス名
会社日本郵便日本郵便会社
前提条件
[補足2]
専用の送り状はなし
専用封筒が必要
専用の送り状を
[郵便局 or ローソン]で発行
箱や袋などは自分で用意する
前提条件
[補足2]
割引制度なし
金券ショップ等で
定価以下の販売あり
[補足3]
なし割引制度
追跡サービスあるある追跡サービス
補償なしある
[補足4]
補償
お届け日数の目安
[補足5]
距離で異なる
お届け日数調べる
<レターパックライト>
ライトは+1日かかる場合あり
距離で異なる
お届け日数調べる
ゆうパックと同等
匿名配送は+1日の場合あり
お届け日数の目安
[補足5]
土日・祝日の配達あるある土日・祝日の配達
着払い××着払い
代金引換××代金引換
支払い方法
[補足6]
購入場所で異なる
(場所によっては現金以外も可)
参考
メルカリの売上金から
自動的に差し引かれる
支払い方法
[補足6]
発送できる場所
[補足7]
街の郵便ポスト
郵便局の窓口
郵便局の窓口
コンビニ(ローソンのみ)
発送できる場所
[補足7]
自宅などへの
集荷サービス
[補足7]
<レターパックライト>
×
<レターパックプラス>
×自宅などへの
集荷サービス
[補足7]
お届け方法
[補足8]
<レターパックライト>
自宅などの
郵便受け投函
(条件付で置き配も可)
<レターパックプラス>
対面手渡し
(条件付で置き配も可)
対面手渡し
(置き配も可)
お届け方法
[補足8]
日時指定××
[補足8]
日時指定
信書の取り扱い
[補足9]
×信書の取り扱い
[補足9]
受け取り場所
[補足10]
自宅など
郵便局留め
自宅など
郵便局
はこぽす
PUDOステーション(一部)
【ただし、局留め不可】
郵便局受取方法
受け取り場所
[補足10]
コンビニ受け取り
[補足11]

【対象コンビニ】
・ローソン
・ミニストップ
コンビニ受け取り
[補足11]

 

続いて、上の表の補足内容をそれぞれ項目毎にご紹介していきます

また、更に補足内容の後に、各サービスの注目すべき比較ポイントを私なりの観点からまとめましたので、補足を飛ばして比較ポイントをご覧になりたい方はこちらをタップして下さい

補足1:大きさ・重さの制限

レターパックライトレターパックプラスゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
大きさ長辺 34cm
短辺 24.8cm
長辺 34cm
短辺 24.8cm
3辺合計 100cm以内
厚さ3cm以内制限の規定なし(専用封筒に入れてフタが閉められればOK)
重さ4kgまで一律25kgまで

「レターパックライト(青の専用封筒)・レターパックプラス(赤の専用封筒)」はいずれも専用封筒を利用する必要があり、専用封筒の大きさの実寸値は同じで「A4サイズが入る」という点は共通していますが、「レターパックライト」が「厚さ3cm以内」に対して、「レターパックプラス」は厚さの制限はなく専用封筒に入れてフタが閉められればOKとなっているのが特徴的です

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は「最大3辺合計100cm以内」となっており、送料は荷物の大きさ(3辺の長さの合計)によって分けられる以下のサイズ区分で決まります

サイズ区分大きさ(3辺の合計)
60サイズ60cm以内
80サイズ80cm以内
100サイズ100cm以内
※重さはどのサイズ区分も一律25kg以下

 

なお、通常の「ゆうパック」は3辺合計170cm以下まで対応しており、170サイズまでのサイズ区分がありますが、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は3辺合計100cm以下までの対応となり、100サイズまでのサイズ区分となりますので、通常の「ゆうパック」との違いにご注意下さい

 

補足2:サービス利用の前提条件

前提条件
レターパックライト
レターパックプラス
専用の送り状はなし
専用封筒が必要
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
専用の送り状を[郵便局 or ローソン]で発行
箱や袋などは自分で用意する

「レターパックライト・レターパックプラス」は、自分で用意した箱や袋では送れませんので、必ずそれぞれの専用封筒を以下の様な場所で購入して使用して下さい

(消印のある使用済の専用封筒をレターパックプラス・レターパックライトの封筒として再利用する事はできません)

レターパックライト・レターパックプラス専用封筒購入場所
郵便局の窓口
郵便局のネットショップ(日本郵便公式オンラインショップ)
コンビニエンスストア
※コンビニは店舗によって取扱がない場合があります
各種金券ショップ
オークションサイト(ヤフオク)など

なお、購入場所によって利用できる支払い方法が異なりますので、詳細は以下の記事も合わせてご覧ください

合わせて読みたい
レターパック&スマートレターの色んな購入場所と支払い方法まとめ!

 

ちなみに「レターパックライト・レターパックプラス」は専用封筒の代金に運賃が含まれますので差出し時に切手の貼り付けは不要です

[古いレターパック専用封筒を使う場合]

専用封筒に記載されている料額が350・360・500・510の古いレターパック専用封筒も使用する事ができますが、古いレターパック専用封筒を使用する場合には、現料額との差額分の切手の貼り付けが必要になります

また、「レターパックライト・レターパックプラス」には専用の送り状はありませんので、専用封筒の表面に設けられた記入欄に住所・氏名などを記入して下さい

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はメルカリ出品者のみが利用できるサービスとなっており、梱包に使用するダンボール箱・袋などは自分で用意し、自分で梱包する必要がありますが、

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」には決められた専用の箱などはありませんので、大きさの制限の規定に収まり、一般的な輸送に耐えられる強度があれば、家にあるダンボール箱でもビニール製の袋でも何を使用しても自由となっています

合わせて読みたい
ダンボールはスーパーで無料でもらえる?他にももらえる場所はある?

 

なお、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」には専用の送り状がありますので、「郵便局 or ローソン」で専用の送り状を発行し、発送受付前に自分で荷物に貼り付けて下さい

 

なお、日本郵便の「ゆうパック」は原則的に誰でも利用できるサービスとなりますが、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はあくまでメルカリ出品者のみが利用できるサービスになりますので、あらかじめご注意下さい

 

補足3:割引制度に関して

割引制度
レターパックライト
レターパックプラス
なし
金券ショップ等で
定価以下の販売あり
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
なし

「レターパックライト & レターパックプラス」には残念ながら割引制度は用意されていません

ただし、「レターパックライト & レターパックプラス」は金券ショップやオークションサイト(ヤフオク)などでは定価以下の金額で専用封筒が販売されている事があります(オークションサイトで出品されているものは定価以下の金額でない場合もありますのでご注意下さい)

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はメルカリ出品者のみが利用可能となっていますが、誰でも利用できる通常の「ゆうパック」と比較すると、以下の表の様に通常の「ゆうパック」の割引前の基本料金よりは安い料金設定となっており、別途の割引制度はありません

配送距離「東京 ⇔ 東京」の場合
ゆうゆうメルカリ便ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計100cm以内
重さ一律25kgまで
ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計170cm以内
重さ一律30kgまで
※25kg超え30kgまでは重量ゆうパック扱いで+510円または+520円
区分基本料金
割引適用なし
60サイズ770円810円
80サイズ870円1030円
100サイズ1070円1280円
配送距離「東京 ⇔ 愛知」の場合
ゆうゆうメルカリ便ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計100cm以内
重さ一律25kgまで
ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計170cm以内
重さ一律30kgまで
※25kg超え30kgまでは重量ゆうパック扱いで+510円または+520円
区分基本料金
割引適用なし
60サイズ770円870円
80サイズ870円1100円
100サイズ1070円1330円
配送距離「東京 ⇔ 大阪」の場合
ゆうゆうメルカリ便ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計100cm以内
重さ一律25kgまで
ゆうパック(25kg以下) 送料
3辺合計170cm以内
重さ一律30kgまで
※25kg超え30kgまでは重量ゆうパック扱いで+510円または+520円
区分基本料金
割引適用なし
60サイズ770円970円
80サイズ870円1200円
100サイズ1070円1440円

 

 

補足4:補償に関して

補償
レターパックライト
レターパックプラス
なし
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
ある

「レターパックライト & レターパックプラス」は以下の通り『補償なし』です(書留などのオプションも用意されていません)

レターパックは損害賠償の対象となりますか?

損害賠償の対象となりません。

[引用元]よくあるご質問 – 日本郵便

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は『補償あり』です

状況に応じて、(ゆうゆうメルカリ便ゆうパックを含むメルカリ便の荷物は全て)メルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性があります(メルカリ事務局による補償は状況に応じて、代金の一部の補償となる場合もあります)

 

 

補足5:お届けまでの日数

お届け日数
レターパックライト配送距離で決まる
プラスより+1日かかる場合あり
レターパックプラス配送距離で決まる
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
配送距離で決まる
匿名配送は+1日の場合あり

「レターパックライト & レターパックプラス」も「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」もお届け日数は配送距離で決まりますので、

具体的なお届け日数の目安に関しては、以下のページで差出元とお届け先の郵便番号を入力してご確認下さい

(匿名配送でない「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」のお届け日数の目安は通常の「ゆうパック」と同様になります)

 

なお、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は「匿名配送の場合」は、上の通常の「ゆうパック」の場合の検索結果の+1日程度の日数が必要となる場合がありますので、あらかじめご注意下さい

(メルカリで出品時もしくは購入手続き前にゆうゆうメルカリ便が選択されている場合、自動的に匿名配送となります)

 

また、「レターパックプラス」は原則、速達並みの日数で届きますが、正式な速達扱いではないため、物量が多い場合などは速達の郵便物・速達のゆうメールの方が優先して配達される事があります

更に以下の通り「レターパックライト」は「レターパックプラス」よりもお届けに+1日かかる場合があります

「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意 – 日本郵便

 

ちなみに「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」も「レターパックライト・レターパックプラス」も土曜・日曜・祝日も配達されます

 

 

補足6:送料支払い方法に関して

送料支払い方法
レターパックライト
レターパックプラス
購入場所によって異なる
(以下を参考)
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
メルカリ出品者の売上金から
自動的に差し引かれる

「レターパックライト & レターパックプラス」は専用封筒を購入できる場所がいくつかあり、送料は専用封筒の代金に含まれますが、専用封筒の購入場所によって購入時に使える支払い方法が以下の様に異なりますのでご参考下さい

キャッシュレス決済を導入していない郵便局の窓口
現金
切手・はがき等と交換(交換手数料がかかる)
キャッシュレス決済を導入している郵便局の窓口
利用可能なクレジット・電子マネー・バーコード決済の詳細はこちら
クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
各種電子マネー
各種バーコード決済
郵便局のネットショップ
クレジットカード(VISA・MASTER・Diners)
ゆうちょ即時振替
コンビニ決済
PayEasy
LINE Pay(オンライン決済)
あと払い(ペイディ)
PayPay(オンライン決済)
au PAY(オンライン決済)
コンビニエンスストア
※切手を取り扱うコンビニ店舗ではレターパックライト・レターパックプラスの仕入れ自体は可能ですが、店舗によってレターパックライト・レターパックプラスを仕入れていない場合もあります
※コンビニ店舗で使えるレターパックライト・レターパックプラスの支払い方法は、切手・はがき・印紙の購入時の支払い方法と同様です
セブンイレブン
現金
電子マネー nanaco
ファミリーマート
現金
FamiPay
ユニー・ファミリーマートグループ商品券
クレジット機能のあるファミマTカード(クレジット払い)
ローソン
現金
ミニストップ
現金
電子マネー WAON
イオン商品券
デイリーヤマザキ
現金
セイコーマート
現金
各種金券ショップ
お店によって異なる

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は送料に関しては、

メルカリ出品者の売上金から自動的に差し引かれますので、窓口で現金で送料を支払ったり、切手を貼り付けて発送する事ができないという点にご注意下さい

 

 

補足7:発送できる場所、自宅などへの集荷に関して

自宅などへの集荷発送できる場所
レターパックライト街の郵便ポスト
郵便局の窓口
レターパックプラス
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
郵便局 窓口
コンビニ(ローソンのみ)
街の郵便ポストへ投函 不可

「レターパックライト」は自宅などへの集荷サービスは行っていませんが、「レターパックプラス」は荷物1個から自宅などへの集荷サービスの対象となっていますので、集荷をご希望の方は以下の集荷依頼ページをご利用下さい(レターパックプラスの集荷サービスは無料で利用できます)

 

また、「レターパックライト & レターパックプラス」を発送できる場所は「郵便局の窓口・街の郵便ポスト」になりますので、「自分自身で郵便局の窓口へ持っていく」または「自分自身で街の郵便ポストへ投函」して下さい(レターパックプラスは厚さによっては街の郵便ポストの投函口に入らない場合がありますので、入らない場合は郵便局の窓口へ持っていって下さい)

なお、「レターパックライト & レターパックプラス」はコンビニのレジでは発送受付を行っていませんのでご注意下さい

ただし、コンビニでも店舗によっては店内もしくは店外に郵便ポストが設置されている事がありますので、郵便ポストが設置されていれば、郵便ポストへ投函する事ができます

(ローソン・ミニストップは店内のレジ前に郵便ポストが設置されている事があります)

 

ちなみに「レターパックライト & レターパックプラス」は専用封筒の代金に運賃が含まれるため、差出し時に切手の貼り付けは不要となっています

 

通常の「ゆうパック」は自宅などへの集荷サービスを行っていますが、メルカリ出品者の利用できる「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」に関しては自宅などへの集荷サービスは行っていませんので、

「自分自身で郵便局の窓口へ持っていく」または「自分自身でローソンの店舗へ持っていく」という方法になります

 

ちなみに「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は街の郵便ポストへ投函して発送する事ができませんので、必ず「郵便局の窓口 or ローソンの店舗」へ持っていって下さい

(「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はメルカリの売上金から自動的に送料が差し引かれるので、差出し時に切手の貼り付けは不要です)

 

 

補足8:お届け方法・お届け希望日時指定に関して

お届け方法
レターパックライト自宅などの
郵便受け投函
(条件付で置き配も可)
レターパックプラス対面手渡し
(条件付で置き配も可)
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
対面手渡し
(apple pay利用時を除き、置き配も可)

「レターパックライト」のお届け方法はハガキなどと同じく、自宅などの郵便受けに投函となっていますので、受け取りの際にサインなどは不要です(随時、配達員が郵便受けに投函していきます)

また、「レターパックライト」は発送受付時にはお届け希望日時の指定はできません(お届け希望日時を指定するオプションなどもありません)

例外として、「レターパックライト」で「お届け先の郵便受けが小さくて荷物が郵便受けに入らない場合」や「自宅などの郵便受けが満杯で入らない場合」には、郵便受けに投函ではなく対面手渡しでお届けとなり、

不在時には不在票が投函され、不在票の指示に従い再配達を申し込む際には指定可能な範囲内でお届け希望日時の指定ができます

「レターパックライト」は、[置き配バッグOKIPPAを利用する or 事前に配達郵便局に指定場所配達に関する依頼書を提出していれば]、自宅などの郵便受けに入らない場合には「置き配」でのお届けも可能となります(日本郵便の置き配の詳細は以下も合わせてご覧下さい)

 

「レターパックプラス」のお届け方法は郵便受けに投函ではなく対面手渡しなので、受け取りの際にサインなどが必要になります

また、「レターパックプラス」も発送受付時にはお届け希望日時の指定はできません(お届け希望日時を指定するオプションなどもありません)

なお、通常は対面手渡しでのお届けとなるため、不在時には不在票が投函されますが、不在票の指示に従い再配達を申し込む際には指定可能な範囲内でお届け希望日時の指定ができます

「レターパックプラス」は、『1.事前に配達郵便局に[指定場所配達に関する依頼書]を提出』しており、『2.[受領証発行機能を備えたロッカー型 or アンカー等で躯体等に固定されているタイプ]の施錠できる宅配ボックス』であれば、「置き配」でのお届けも可能となります(置き配の詳細は以下も合わせてご覧下さい)

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」のお届け方法は郵便受けに投函ではなく対面手渡しなので、受け取りの際にサインなどが必要になります

なお、通常の「ゆうパック」は発送受付時にお届け希望日時の指定ができますが、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は発送時にはお届け希望日時の指定はできませんので、通常の「ゆうパック」との違いにご注意下さい

ちなみに「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は対面手渡しでのお届けとなるため、不在時には不在票が投函されますが、不在票の指示に従い再配達を申し込む際には指定可能な範囲内でお届け希望日時の指定ができます

 

他にも、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は、商品購入時に「購入手続き>配送先>指定した置き場所で受取>希望の置き場所を選択」とする事で置き配も利用する事が可能となっています(apple pay利用時は置き配不可となります、出品者が送り状用2次元コードを発行するまでは取引画面からも置き配の指定が可能です)

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」の置き配の利用方法の詳細は以下も合わせてご覧下さい

 

 

補足9:信書に関して

信書は送れる?
レターパックライト
レターパックプラス
送れる
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
送れない

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」に関しては信書を送る事はできませんので、

信書を送りたい場合、定形郵便・定形外郵便 ・ミニレター・レターパック スマートレター などをご利用下さい

 

なお、「どんなものが信書に該当するのか」という事に関しては以下のページもご参考下さい

 

 

補足10:受け取れる場所・コンビニ受取に関して

受け取れる場所
レターパックライト
レターパックプラス
自宅など
郵便局留め
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
メルカリ出品者のみ利用可
自宅など
郵便局
対象コンビニ
はこぽす
PUDOステーション(一部)

「レターパックライト & レターパックプラス」は自宅などで受け取り以外では、郵便局留めとする事が可能となっていますが、

「レターパックライト & レターパックプラス」はコンビニ受け取りとする事はできませんのであらかじめご注意下さい

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」は自宅などで受け取り以外にも、

購入手続き前に配送方法が「ゆうゆうメルカリ便」に設定されていれば、以下の様な手順で「郵便局受け取り」とする事が可能ですし、

(メルカリでは原則、宛先を郵便局留めにする事はできませんのでご注意下さい → 参考

更に、コンビニ(ローソンまたはミニストップ)の店舗で受け取りする事ができる他、はこぽす(郵便局などに設置されたロッカー)や宅配便ロッカーPUDOステーション(駅やお店などに設置されたロッカー)で受け取る事も可能となっています

 

 

レターパックライト & レターパックプラスとゆうゆうメルカリ便ゆうパックの比較のポイント

最後に私なりの比較のポイントをまとめたいと思います

 

通常の「ゆうパック」は原則的に誰でも利用する事が可能なサービスとなっていますが、

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はあくまでメルカリ出品者のみが利用可能なサービスという点にはあらかじめご注意下さい

 

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」に決められた専用の箱・袋などはありませんので、一般的な輸送に耐えられる強度があれば、家にあるダンボール箱でもビニール製の袋でも何を使用しても自由ですが、

「レターパックライト & レターパックプラス」を送る際には専用封筒が必要となりますので、あらかじめ以下の様な場所で購入して使用して下さい

レターパックライト & レターパックプラス専用封筒購入場所
郵便局の窓口
郵便局のネットショップ(日本郵便公式オンラインショップ)
コンビニエンスストア
※コンビニは店舗によって仕入れがない場合があります
各種金券ショップ
オークションサイト(ヤフオク)など


「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」と「レターパックライト・レターパックプラス」の大きさ・重さの制限と送料は以下の表の通りとなっています

サービス名大きさ(3辺の合計)重さ送料(全国一律)
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
60サイズ
60cm以内25kgまで770円
レターパックライト61.8cm以内
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
(厚さ3cm以内)

[A4サイズが入る]
4kgまで370円
レターパックプラス58.8cm+フタが閉まれば厚さ3cm超えもOK
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
[A4サイズが入る]
4kgまで520円
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
80サイズ
80cm以内25kgまで870円
ゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
100サイズ
100cm以内25kgまで1070円

上の表を見るとわかる通り、3辺の合計値は「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック 60サイズ」よりも「レターパックライト・レターパックプラス」の方が大きくなっているものの、各辺の長さには制限がない「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック 60サイズ」と違い、「レターパックライト・レターパックプラス」は専用封筒に入るものしか送れない(レターパックライトは厚さ3cm以内)という制限がありますが、

送料としては「レターパックライト・レターパックプラス」の方が安くなっていますので「レターパックライト・レターパックプラスの専用封筒に入る、重さ4kgまでのもの」を送る場合には「レターパックライト・レターパックプラス」の利用がオススメです



「レターパックライト」と「レターパックプラス」と「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」を比較して「特に受け取り側が受け取りまでに安心感を感じられるか」という部分では以下の様な違いがあります

レターパックライトレターパックプラスゆうゆうメルカリ便
ゆうパック
追跡サービスあるあるある
補償なしなしある
お届け方法自宅などの
郵便受けに投函
(条件付で置き配も可)
対面手渡し
(条件付で置き配も可)
対面手渡し
(置き配も可)
お届け日時指定×××

受け取りまでに受け取り側が安心感を感じられるか、という観点からの比較として、「お届け希望日時指定が✕」「荷物の追跡サービスあり」という点は同じになりますが、

「レターパックプラス」と「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」なら「お届け時は対面手渡しでのお届け」ですし、

更に「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」なら「状況に応じてメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性がある(状況に応じて、代金の一部の補償となる場合もあります)」という点で安心感があると言えるかと思いますので、どの部分を重視するかという事を考えて比較検討してみて下さいね

 

自宅以外での受け取りを希望されている場合、「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」であれば、コンビニ(ローソン or ミニストップ)受け取りも可能となっています

対して、「レターパックライト & レターパックプラス」はコンビニ受け取りはできませんので、自宅以外の受け取りですと「郵便局留め(郵便局での受け取り)」となり、コンビニ受け取りと比較するとやや不便な印象です

 

レターパックライトなら「郵便局の窓口へ自分で持っていく、街の郵便ポストへ自分で投函」、ゆうゆうメルカリ便ゆうパックなら「郵便局の窓口へ自分で持っていく、ローソンへ自分で持っていく」という必要がありますが、レターパックプラスなら荷物1個からでも自宅などへの集荷サービスを利用する事ができますので、自分で荷物を持っていく必要がないという点が大きな違いとなっています

また、例えば、誰でも利用できる通常のゆうパックは「集荷を利用する場合」と「自分で郵便局やコンビニへ持っていく場合(持込割引が適用されます)」で料金が異なりますが、レターパックプラスなら「集荷を利用する場合」も「自分で郵便局や街の郵便ポストへ持っていく場合」も料金は変わりませんので、気軽に集荷サービスを利用する事ができます(集荷サービスは無料で利用できます)

 

まとめ

ここまで、レターパックライト & レターパックプラスとゆうゆうメルカリ便ゆうパックの2つのサービスを取り上げて、

運賃・サイズ・コンビニ受け取りの可否・補償の有無・集荷サービスの有無・発送できる場所・お届け方法などの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

「レターパックライト & レターパックプラス」は専用封筒さえ用意すれば、重さ4kgまでの専用封筒に入るものが送れる(レターパックライトは厚さ3cm以下)、というのがわかりやすいサービスとなっていますが、

「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」はメルカリ出品者のみが利用できるサービスではあるものの、レターパックより[厚みのあるもの・重いもの・大きいもの]も送れますし、「状況に応じてメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性がある」などもメリットもありますので、

ご自分の目的・用途に合わせて上手に検討してみて頂ければ幸いです

 

また、レターパックライト・レターパックプラス・ゆうゆうメルカリ便ゆうパック以外にも色んな配送サービスがありますので、よろしければ以下の記事も合わせて参考としてみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

ゆうメール 全国一律180円~

クリックポスト 全国一律198円

ゆうパケット 全国一律250円~

レターパック 全国一律370円と全国一律520円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 距離で変動 610円~(割引制度あり)

ゆうパック 距離で変動 810円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 距離で変動 930円~(割引制度あり)