らくらくメルカリ便 宅急便とレターパックを徹底比較!コンビニ受取,補償など

この記事は約11~13分ぐらいで読めそうです

「ヤマト運輸 らくらくメルカリ便 宅急便」と「日本郵便 レターパックライト & レターパックプラス」の3つのサービスを取り上げて、

運賃・サイズ、補償の有無、自宅などへの集荷サービスの可否、お届け方法、受け取り可能な場所などの様々な違いを比較してまとめてみました

 

最近では色んなバリエーションの配送サービスがある事から、どの送り方が自分の目的と合っているのか、ちょっとわかりにくい事もあり、

この記事では特に、らくらくメルカリ便 宅急便とレターパックライト・レターパックプラスを比較してみましたので、実際に発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 


簡単なサービス比較一覧

 

まずはじめにらくらくメルカリ便 宅急便とレターパックライト・レターパックプラスを簡単に比較し一覧にまとめると以下の通りとなっています

サービス名らくらくメルカリ便 宅急便レターパックライトレターパックプラス
料金全国一律 700~1600円
「大きさ or 重さ」で決まる

(集荷の場合+30円)
全国一律 370円
(専用封筒の値段)
全国一律 520円
(専用封筒の値段)
大きさ3辺合計160cm以内長辺 34cm
短辺 24.8cm
長辺 34cm
短辺 24.8cm
厚さ3cm以内制限の規定なし(専用封筒に入れてフタが閉められればOK)
大きさの目安縦&横&高さの3辺計が最大160cm以内A4サイズが入る
重さ最大25kgまで4kgまで
前提条件[2次元コード or バーコード or 送り状番号]が必要
箱や袋などは自分で用意する
※メルカリ出品者のみ利用可能
専用の送り状はなし
専用封筒が必要
割引制度割引制度なし割引制度なし(金券ショップなどで定価以下で買える事がある)
支払い方法メルカリの売上金から差し引かれる購入場所によって異なる(購入場所によっては現金以外も可) 参考
発送できる場所ヤマト運輸 営業所、ファミリーマート、セブンイレブン、宅配便ロッカーPUDO郵便局の窓口、街の郵便ポスト
自宅などへの集荷サービス可能(取引毎に集荷料として+30円)不可可能
お届け方法対面手渡し自宅などの郵便受けに投函対面手渡し
日にち・時間帯指定可能不可
お届け日数の目安ヤマト運輸のこちらのページ で調べられます日本郵便のこちらのページ で調べられます
土曜・日曜・祝日の配達あるある
信書の取り扱い送れない送れる
補償メルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があるなし
追跡サービスあるある
着払い不可不可
代金引換不可不可
受け取り場所自宅など(置き配も可)、(クロネコメンバーズと連携すれば)ヤマト運輸 営業所止め・PUDOステーション自宅など(条件を満たせば置き配も可)、郵便局留め
コンビニ受け取り可能(クロネコメンバーズとの連携が必要)不可

 

以上、各サービスを簡単に比較すると上記の表の通りになりますが、

次項より更に項目毎に詳しくご紹介していきたいと思いますので、それぞれの細かい違いなどはそちらも合わせてご確認下さい

 

利用の前提条件・運送会社に関して

レターパックライト
レターパックプラス
らくらくメルカリ便 宅急便
会社日本郵便ヤマト運輸
前提条件専用の送り状なし(住所・氏名などは専用封筒の表面の記入欄に書く)[2次元コード or バーコード or 送り状番号]が必要
専用封筒が必要梱包用の箱・袋などは自分で用意する
※メルカリ出品者のみ利用可能

 

「レターパックライト・レターパックプラス」は、自分で用意した箱や袋では送れませんので、必ずそれぞれの専用封筒を以下の様な場所で購入して使用して下さい

(消印のある使用済の専用封筒をレターパックプラス・レターパックライトの封筒として再利用する事はできません)

レターパックライト・レターパックプラス専用封筒購入場所
郵便局の窓口
郵便局のネットショップ(日本郵便公式オンラインショップ)
コンビニエンスストア
※コンビニは店舗によって取扱がない場合があります
各種金券ショップ
オークションサイト(ヤフオク)など

なお、購入場所によって利用できる支払い方法が異なりますので、詳細は以下の記事も合わせてご覧ください

合わせて読みたい
レターパック&スマートレターの色んな購入場所と支払い方法まとめ!

 

ちなみに「レターパックライト・レターパックプラス」は専用封筒の代金に運賃が含まれますので差出し時に切手の貼り付けは不要です

[古いレターパック専用封筒を使う場合]

専用封筒に記載されている料額が350・360・500・510の古いレターパック専用封筒も使用する事ができますが、古いレターパック専用封筒を使用する場合には、現料額との差額分の切手の貼り付けが必要になります

また、「レターパックライト・レターパックプラス」には専用の送り状はありませんので、専用封筒の表面に設けられた記入欄に住所・氏名などを記入して下さい

 

また、「らくらくメルカリ便 宅急便」は梱包に使用するダンボール箱などは自分で用意し、自分で梱包する必要がありますが、

決められた専用のダンボール箱はないため、一般的な輸送に耐えられる強度があれば、ダンボール箱でもビニール製の袋でも何を使用しても自由なので、自宅にあるダンボール箱やビニール製の袋の再利用でもOKです

(ヤマト運輸 営業所やヤマト運輸 クロネコマーケット メルカリストア でもロゴ入りダンボールなどの梱包用資材の販売もあります)

 

また、「らくらくメルカリ便 宅急便」には手書きの送り状などはないため、

[ヤマト運輸 営業所 or ファミリーマート or セブンイレブン]に持って行く場合には[2次元コード or バーコード]を提示して送り状を発行し、宅配便ロッカーPUDOステーションを利用する場合には2次元コードを読み取らせる必要があり(PUDOステーションを利用する場合は送り状の発行は不要です)、集荷サービス利用時はドライバーに送り状番号の提示を行う必要がありますので、詳細は以下も合わせて参考としてみて下さい

 

なお、「らくらくメルカリ便 宅急便」はあくまでメルカリ出品者のみが利用できるサービスになりますので、あらかじめご注意下さい

 



サイズや重さの制限と送料

らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
レターパックライトレターパックプラス
送料全国一律 700~1600円
「大きさ or 重さ」で決まる

(集荷の場合+30円)
全国一律 370円
(専用封筒の値段)
全国一律 520円
(専用封筒の値段)
大きさ3辺合計160cm以内長辺 34cm
短辺 24.8cm
長辺 34cm
短辺 24.8cm
厚さ3cm以内制限の規定なし
(専用封筒に入れてフタが閉まればOK)
大きさの目安縦&横&高さの3辺計が最大160cm以内A4サイズが入るA4サイズが入る
重さ最大25kgまで
※サイズ区分毎に重さ制限あり
4kgまで4kgまで

 

まず、「レターパックライト(青の専用封筒)・レターパックプラス(赤の専用封筒)」はいずれも「A4サイズが入る」という点は共通していますが、「レターパックライト」が「厚さ3cm以内」に対して、「レターパックプラス」は厚さの制限はなく専用封筒に入れてフタが閉められればOKとなっているのが特徴的です

また、「らくらくメルカリ便 宅急便」の送料は以下のサイズ区分と配送距離との組み合わせで決まり、

「大きさ」と「重さ」を表に当てはめて、大きい方に該当するサイズ区分が適用されます

[例1:大きさ 3辺の合計 90cm & 重さ 9kg → 100サイズが適用]

[例2:大きさ 3辺の合計 90cm & 重さ 14kg → 120サイズが適用]

サイズ区分大きさ(3辺の合計)重さ
60サイズ60cm以内2kgまで
80サイズ80cm以内5kgまで
100サイズ100cm以内10kgまで
120サイズ120cm以内15kgまで
140サイズ140cm以内20kgまで
160サイズ160cm以内25kgまで

 

なお、送料に関しては、「レターパックライト・レターパックプラス」も「らくらくメルカリ便 宅急便」も距離を問わず全国一律なので、

それぞれの大きさの制限の目安として、「レターパックライト・レターパックプラス」と「らくらくメルカリ便 宅急便」に関して、3辺の合計値が小さい順に並べ、送料を一覧にすると以下の通りです

サービス名大きさ(3辺の合計)重さ送料(全国一律)
宅急便
60サイズ
60cm以内2kgまで700円
レターパックライト61.8cm以内
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
(厚さ3cm以内)

[A4サイズが入る]
4kgまで370円
レターパックプラス58.8cm+フタが閉まれば厚さ3cm超えもOK
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
[A4サイズが入る]
4kgまで520円
宅急便
80サイズ
80cm以内5kgまで800円
宅急便
100サイズ
100cm以内10kgまで1000円
宅急便
120サイズ
120cm以内15kgまで1100円
宅急便
140サイズ
140cm以内20kgまで1300円
宅急便
160サイズ
160cm以内25kgまで1600円

 

割引制度に関して

レターパックライト
レターパックプラス
らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
割引制度なし
(金券ショップなどで定価以下で買える事がある)
割引制度なし

 

通常個人間の発送で利用する「ヤマト運輸 宅急便」は配送距離によって料金が変動しますが、「らくらくメルカリ便 宅急便」は全国一律料金となっており、「らくらくメルカリ便 宅急便」だけの特別な割引が適用された金額となっていますので、別途の割引制度はありません

 

「レターパックライト・レターパックプラス」にも残念ながら割引制度は用意されていません

ただし、金券ショップやオークションサイト(ヤフオク)などでは定価以下の金額で専用封筒が販売されている事があります






補償・追跡に関して

レターパックライト
レターパックプラス
らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
追跡サービスありあり
補償なしメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合がある

 

「らくらくメルカリ便 宅急便」は追跡サービスを利用する事ができますし、状況に応じて、(らくらくメルカリ便 宅急便を含むメルカリ便の荷物は全て)メルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性があります(メルカリ事務局による補償は状況に応じて、代金の一部の補償となる場合もあります)

 

対して、「レターパックライト・レターパックプラス」は追跡サービスは利用できますが、以下の通り補償はありません

レターパックは損害賠償の対象となりますか?

損害賠償の対象となりません。

[引用元]よくあるご質問 – 日本郵便

 

お届け日数に関して

レターパックライトレターパックプラスらくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
配送距離で決まる
レターパックプラスより+1日ぐらいかかる場合がある
配送距離で決まる配送距離で決まる
土曜・日曜・祝日も配達される土曜・日曜・祝日も配達される土曜・日曜・祝日も配達される

「らくらくメルカリ便 宅急便」も「レターパックライト・レターパックプラス」もお届け日数は配送距離で決まりますので、

具体的なお届け日数に関しては、以下のそれぞれのページで差出元とお届け先の郵便番号を入力してご確認下さい

 

なお、「レターパックプラス」は原則、速達並みの日数で届きますが、

正式な速達扱いではないため、物量が多い場合などは速達の郵便物・速達のゆうメールの方が優先して配達される事があります

更に以下の通り「レターパックライト」は「レターパックプラス」よりもお届けに日数がかかる場合があります

「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意 – 日本郵便

 

ちなみに「らくらくメルカリ便 宅急便」も「レターパックライト・レターパックプラス」も土曜・日曜・祝日も配達されます

 




着払い・代金引換の可否

レターパックライト
レターパックプラス
らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
着払い利用不可利用不可
代金引換利用不可利用不可

 

「荷物を受け取る側が受取時に送料を支払う:着払い」に関しては、

「らくらくメルカリ便 宅急便」も「レターパックライト・レターパックプラス」も利用する事ができません

「着払い」を利用したい場合、ゆうパック ゆうパケット ゆうメール 宅急便 宅急便コンパクト 等の利用をご検討下さい

 

また、「荷物を受け取る側が受取時に送料・商品代金を支払う:代金引換」に関しても、

「らくらくメルカリ便 宅急便」も「レターパックライト・レターパックプラス」も利用する事ができません

個人発送の荷物で代金引換を利用したい場合、ゆうパック 定形郵便・定形外郵便 ゆうメール などをご利用下さい

 

支払い方法に関して

らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
メルカリの売上金から自動的に差し引かれる
レターパックライト・レターパックプラス
※専用封筒の購入場所で異なります
現金
切手・はがき等と交換(交換手数料がかかる)
クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
電子マネー
バーコード決済
ゆうちょ即時振替
コンビニ決済
PayEasy
一部の商品券

 

「らくらくメルカリ便ネコポス」に関しては、送料はメルカリの売上金から自動的に差し引かれますので、ヤマト運輸 営業所やコンビニでの発送手続き時に送料を現金などでの支払う事はできない点にはあらかじめご注意下さい

 

「レターパックライト・レターパックプラス」は専用封筒の購入場所によって使える支払い方法が異なり、購入場所毎の詳細は以下の記事でまとめていますので合わせてご覧ください

合わせて読みたい
レターパック&スマートレターの色んな購入場所と支払い方法まとめ!

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

レターパックライトレターパックプラスらくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
自宅などへの集荷利用不可利用可利用可(取引毎に集荷料として+30円)
発送受付場所郵便局ヤマト運輸 営業所
街の郵便ポストへ投函街の郵便ポストへ投函 不可
コンビニ不可コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン)
宅配便ロッカーPUDOステーション

 

「レターパックライト」は自宅などへの集荷サービスの対象ではありませんが、

「レターパックプラス」は荷物1個から自宅などへの集荷サービスの対象となっていますので、集荷をご希望の方は以下の集荷依頼ページをご利用下さい

 

また、「レターパックライト・レターパックプラス」の発送受付場所は、郵便局の窓口、街の郵便ポストがありますので「自分自身で郵便局の窓口へ持っていく」または「自分自身で街の郵便ポストへ投函」して下さい

なお、「レターパックライト・レターパックプラス」もコンビニのレジでは発送受付を行っていませんのでご注意下さい

ただし、コンビニでも店舗によっては店内もしくは店外に郵便ポストが設置されている事がありますので、郵便ポストが設置されていれば、郵便ポストへ投函する事ができます

(ローソン・ミニストップは店内のレジ前に郵便ポストが設置されている事があります)

 

「らくらくメルカリ便 宅急便」も自宅などへの集荷サービスを利用する事ができますが、集荷サービスを利用する場合、集荷料として取引毎に+30円がかかりますのであらかじめご注意下さい

 

また、「らくらくメルカリ便 宅急便」の発送受付場所は、「ヤマト運輸 営業所」「コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン)」「宅配便ロッカーPUDOステーション」がありますので、集荷サービスを利用されない場合には自分自身で発送受付場所へ荷物を持って行って下さい

(宅配便ロッカーPUDOステーションで発送できる最大サイズは[長辺55cm×短辺44cm×高さ37cm]となりますのでご注意下さい)

なお、発送受付の手続きは以下も合わせてご参考下さい

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
レターパックライトレターパックプラス
お届け方法対面手渡し自宅などの郵便受けに投函対面手渡し
お届けの日時指定指定可能指定不可指定不可

 

「らくらくメルカリ便 宅急便」と「レターパックプラス」のお届け方法は郵便受けに投函ではなく対面手渡しなので、受け取りの際にサインなどが必要になります(ただし、「置き配」とした場合には随時、指定場所に荷物を置いてのお届けとなるのでサインなどは不要になります)

なお、「らくらくメルカリ便 宅急便」は誰でも置き配が利用可能ですが、「レターパックプラス」に関しては、『1.事前に配達郵便局に[指定場所配達に関する依頼書]を提出』しており、『2.[受領証発行機能を備えたロッカー型 or アンカー等で躯体等に固定されているタイプ]の施錠できる宅配ボックス』であれば、「置き配」でのお届けも可能となります(各サービスの置き配の詳細は以下も合わせてご覧下さい)

ちなみに、通常は対面手渡しでのお届けとなるため、不在時には不在票が投函されますが、不在票の指示に従い再配達を申し込む際には指定可能な範囲内でお届け希望日時の指定ができます

また、「レターパックプラス」は発送受付時にお届け希望日時の指定はできませんが、「らくらくメルカリ便 宅急便コンパクト」は指定可能な範囲内で「発送受付時にお届け希望日時の指定が可能」となっていますので希望があれば日時を指定してご利用下さい

 

「レターパックライト」のお届け方法はハガキなどと同じく、自宅などの郵便受けに投函となっていますので、受け取りの際にサインなどは不要です(随時、配達員が郵便受けに投函していきます)

例外として、「レターパックライト」で「お届け先の郵便受けが小さくて荷物が郵便受けに入らない場合」や「お届け先の郵便受けが満杯の場合」には、郵便受けに投函ではなく対面手渡しでお届けとなり、不在時には不在票が投函され、不在票の指示に従い再配達を申し込む際には指定可能な範囲内でお届け希望日時の指定ができます

なお、「レターパックライト」は、[置き配バッグOKIPPAを利用する or 事前に配達郵便局に指定場所配達に関する依頼書を提出していれば]、自宅などの郵便受けに入らない場合には「置き配」でのお届けも可能となります(日本郵便の置き配の詳細は以下も合わせてご覧下さい)

また、「レターパックライト」は発送受付時にお届け希望日時の指定はできません

 

信書の取り扱いに関して

レターパックライト
レターパックプラス
らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
信書が送れる信書は送れない

「らくらくメルカリ便 宅急便」は信書は送れませんので、

信書を送りたい場合、定形郵便・定形外郵便 レターパック スマートレター などをご利用下さい

 

なお、「どんなものが信書に該当するのか」という事に関しては以下のページもご参考下さい

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

荷物を受け取れる場所
らくらくメルカリ便 宅急便
メルカリ出品者のみ利用可能
レターパックライト
レターパックプラス
自宅など(置き配も可能)自宅など
ヤマト運輸 営業所止め
※クロネコメンバーズとの連携が必要
郵便局留め
コンビニ(セブンイレブン、ファミマ等)
※クロネコメンバーズとの連携が必要
コンビニ受け取り不可
宅配便ロッカーPUDOステーション
※クロネコメンバーズとの連携が必要

 

「らくらくメルカリ便 宅急便」は自宅などでの受け取りの他、

玄関ドア前などの指定場所に荷物を置き非対面で配達する「置き配」も可能ですし、

クロネコメンバーズとの連携を行う事によって、

「ヤマト運輸 営業所止め」も可能ですし、

以下の「セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニエンスストアでの受け取り」も可能ですし、

宅急便コンパクトコンビニ受け取りの対象コンビニエンスストア
セブンイレブン
ファミリーマート
デイリーヤマザキ
ヤマザキスペシャルパートナーショップ
ポプラ
スリーエイト
くらしハウス
ニューデイズ
アンスリー
オダキューマート
リトルスター
生活彩家

「宅配便ロッカーPUDOステーション」での受け取りも可能となっています

 

「レターパックライト・レターパックプラス」は自宅などで受け取り以外では、郵便局留めとする事が可能となっていますが、

コンビニ受け取りとする事はできませんのであらかじめご注意下さい

 

レターパックとらくらくメルカリ便 宅急便の比較のポイント

 

最後に私なりの比較のポイントをまとめたいと思います

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

らくらくメルカリ便 宅急便は利用できる人が限定される

「レターパックライト・レターパックプラス」は原則的に誰でも利用する事が可能なサービスとなっていますが、

「らくらくメルカリ便 宅急便」はあくまでメルカリ出品者のみが利用可能なサービスという点にはあらかじめご注意下さい

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

レターパックライト・レターパックプラスは専用封筒が必要

「らくらくメルカリ便 宅急便」に専用の箱・袋はありませんので、一般的な輸送に耐えられる強度があれば、ダンボール箱やビニール製の袋など何を使用しても自由ですが、

「レターパックライト・レターパックプラス」の特徴として専用封筒が必要という事がありますので、「レターパックライト・レターパックプラス」を利用される際には必ず以下の様な場所であらかじめ専用封筒を購入してご利用下さい

(消印のある使用済の専用封筒をレターパックライト・レターパックプラスの封筒として再利用する事はできません)

レターパックライト・レターパックプラス専用封筒購入場所
郵便局の窓口
郵便局のネットショップ(日本郵便公式オンラインショップ)
コンビニエンスストア
※コンビニは店舗によって取扱がない場合があります
各種金券ショップ
オークションサイト(ヤフオク)など
合わせて読みたい
レターパック&スマートレターの色んな購入場所と支払い方法まとめ!

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

送料はレターパックライト・レターパックプラスの方が安い

「らくらくメルカリ便 宅急便」と「レターパックライト・レターパックプラス」の大きさ・重さの制限と送料は以下の表の通りとなっています

サービス名大きさ(3辺の合計)重さ送料(全国一律)
宅急便
60サイズ
60cm以内2kgまで700円
レターパックライト61.8cm以内
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
(厚さ3cm以内)

[A4サイズが入る]
4kgまで370円
レターパックプラス58.8cm+フタが閉まれば厚さ3cm超えもOK
(長辺34cm)
(短辺24.8cm)
[A4サイズが入る]
4kgまで520円
宅急便
80サイズ
80cm以内5kgまで800円
宅急便
100サイズ
100cm以内10kgまで1000円
宅急便
120サイズ
120cm以内15kgまで1100円
宅急便
140サイズ
140cm以内20kgまで1300円
宅急便
160サイズ
160cm以内25kgまで1600円

上の表の通り、3辺計は「宅急便 60サイズ」よりも「レターパックライト・レターパックプラス」の方が大きくなっているものの、各辺の長さには制限がない「宅急便 60サイズ」と違い、「レターパックライト・レターパックプラス」は専用封筒に入るものしか送れない(レターパックライトは厚さ3cm以内)という制限がありますが、

送料は「レターパックライト・レターパックプラス」の方が安くなっていますので「レターパックライト・レターパックプラスの専用封筒に入る、重さ4kgまでのもの」を送る場合には「レターパックライト・レターパックプラス」の利用がオススメです

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

「補償の有無」「お届け希望日時指定の可否」「お届け方法」に注目する

「らくらくメルカリ便 宅急便」と「レターパックライト・レターパックプラス」を比較して「特に受け取り側が受け取りまでに安心感を感じられるか」という部分では以下の様な違いがあります

レターパックライトレターパックプラスらくらくメルカリ便 宅急便
追跡サービスありありあり
補償なしなしメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合がある
お届け方法自宅などの郵便受けに投函対面手渡し対面手渡し
お届け日時指定不可不可可能

送料としては安い順に「レターパックライト」「レターパックプラス」「らくらくメルカリ便 宅急便」となっていますが、

「レターパックライト」と「レターパックプラス」との違いとして、「レターパックプラス」なら「対面手渡しでのお届け」が挙げられ、

更に「らくらくメルカリ便 宅急便」なら「対面手渡しでのお届け(置き配などは除く)」「お届け希望日時指定が可能」「状況に応じてメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性がある」という点で安心感があると言えるかと思いますので、どの部分を重視するかという事を考えて比較検討してみて下さいね

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

コンビニから発送できるか?

「らくらくメルカリ便 宅急便」はヤマト運輸 営業所以外にも、コンビニ(ファミリーマート or セブンイレブン)でも発送受付を行っていますが、

「レターパックライト・レターパックプラス」はコンビニのレジでは発送受付を行っていませんので、コンビニから発送したい場合には「らくらくメルカリ便 宅急便」の利用がオススメです

ただし、コンビニでも店舗によっては店内もしくは店外に郵便ポストが設置されている事がありますので、「レターパックライト・レターパックプラス」でも郵便ポストが設置されていれば、郵便ポストへ投函する事ができます

(ローソン・ミニストップは店内のレジ前に郵便ポストが設置されている事があります)

なお、「らくらくメルカリ便 宅急便」は街の郵便ポストに投函しての発送はできませんのでご注意下さい

 

[らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックの比較ポイント]

コンビニで受け取れるか?

自宅以外での受け取りを希望されている場合、「らくらくメルカリ便 宅急便」の荷物であれば、ヤマト運輸の無料会員サービス「クロネコメンバーズ」との連携を行えば、コンビニ受け取りや「宅配便ロッカーPUDOステーション」での受け取りも可能となっています

宅急便コンビニ受け取りの対象コンビニエンスストア
セブンイレブン
ファミリーマート
デイリーヤマザキ
ヤマザキスペシャルパートナーショップ
ポプラ
スリーエイト
くらしハウス
ニューデイズ
アンスリー
オダキューマート
リトルスター
生活彩家

 

対して、「レターパックライト・レターパックプラス」の荷物はコンビニ受け取りはできませんので、自宅以外の受け取りですと「郵便局留め(郵便局での受け取り)」となり、コンビニ受け取りと比較するとやや不便な印象です

 

管理人の感想

 

ここまで、らくらくメルカリ便 宅急便とレターパックライト・レターパックプラスを取り上げて、

料金・大きさ・補償の有無・自宅などへの集荷サービスの可否・お届け方法・受け取り可能な場所などの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

レターパックライト・レターパックプラスは専用封筒さえ用意すれば、重さ4kgまでの専用封筒に入るものが送れる(レターパックライトは厚さ3cm以下)、というのがわかりやすいサービスとなっていますが、

らくらくメルカリ便 宅急便はメルカリ出品者のみが利用できるサービスではあるものの、レターパックより[厚みのあるもの・重いもの・大きいもの]も送れますし、「お届け希望日時指定が可能」「状況に応じてメルカリ事務局によるあんしん配送サポートの対象となる場合があり、補償が行われる可能性がある」などもメリットもありますので、

ご自分の目的・用途に合わせて上手に検討してみて頂ければ幸いです

 

また、らくらくメルカリ便 宅急便・レターパックライト・レターパックプラス以外にも色んな配送サービスがありますので、よろしければ以下の記事も合わせて参考としてみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

ゆうメール 全国一律180円~

クリックポスト 全国一律198円

ゆうパケット 全国一律250円~

宅急便コンパクト 距離で変動 610円~(割引制度あり)

ゆうパック 距離で変動 810円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 距離で変動 930円~(割引制度あり)

 

まとめ

 
今回は、らくらくメルカリ便 宅急便とレターパックライト・レターパックプラスの違いを比較してご紹介しました

 

どちらのサービスの方が一概に優れているという訳ではありませんので、それぞれのサービスの特徴を理解して節約などに役立ててみて下さいね

 

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの最初に戻る