ゆうパックとレターパックライトの違いを比較!メリットデメリット

この記事は約10~12分ぐらいで読めそうです

youpackletterpacklight_t

ゆうパックとレターパックライトの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、追跡の有無、お届け日数、着払いの可否などの違いを比較して、

私なりに感じるメリット・デメリットに関してまとめてみました

 

最近では、様々なバリエーションの配送サービスがある事から、

どの送り方が自分の目的とあっている方法なのか、がわかりにくい事もあり、

この記事では特に、ゆうパックとレターパックライトを比較してみましたので、

発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件

 

まず、レターパックライトとゆうパックを利用するための、

前提条件に関してまとめると以下の通りとなっています

[レターパックライト]

専用封筒が必要

[ゆうパック]

専用の伝票が必要(利用方法によっては自宅印刷も可能)

箱や袋などは自分で用意する必要あり

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトに関しては単純で、

発送の際にはあらかじめ必ず専用の封筒を購入して使用しなければいけません

(専用封筒を購入できる場所は2つ後の割引制度の項でご紹介しています)

 

ゆうパックに関しては、無料で手に入る専用の送り状ラベル(伝票)が必要で、

手書きの伝票なら、郵便局やコンビニなどのゆうパック取扱店で手に入る他、

集荷の際に持ってきてもらう事もできますし、

Webゆうパックプリント などのサービスを利用して自宅印刷する方法であったり

日本郵便アプリ ゆうパックスマホ割アプリ といったスマホアプリを利用して、

郵便局で送り状を発行する方法もあり、

利用方法毎の伝票の入手方法は別途以下の記事でもまとめていますので、

そちらも合わせて参考としてみて下さい

日本郵便のゆうパックの送り状伝票ラベルに関して、 手書き、自宅印刷、スマホアプリ、e発送など、 それぞれの利用方法においての送り状ラベルの入手方法をまとめてみま・・・

 

ちなみに、梱包に使用する封筒や箱などは、ゆうパックに関しては、

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒でも、ダンボールでも、ビニール製の袋でも、何を使ってもOKです



合わせて読みたい記事のご紹介
段ボール箱に関して、スーパーでは無料でもらう事ができるのか、 また、もしスーパーにダンボールが無い場合に、 例えば、コンビニ・ドラッグストア・家電量販店など、他・・・

 

以上の事から、簡単にまとめると、

レターパックライトに関しては、事前に専用の封筒を用意(購入)する必要があり、

ゆうパックに関しては、事前に専用の伝票を用意する必要がある事に加え、

箱や袋などは自分で用意する必要がある、という事になります

[利用の前提条件のまとめ]

レターパックライトは専用封筒が必要

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(利用方法によっては自宅印刷も可能)

ゆうパックでは梱包に使う箱や袋などは自分で用意する必要あり

 


サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関してまとめると以下の通りになります

[レターパックライト]

サイズ34cm×24.8cm(A4大)、厚さ3cm以下、重さ4kgまで

全国一律送料:360円(専用封筒の値段)

[ゆうパック]

サイズ3辺合計170cm以内、重さ30kgまで(25kgを超え30kg以下の荷物は重量ゆうパック扱いで、ゆうパック基本運賃+500円)

送料:サイズと配送距離で決まる

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトに関しては、サイズと重さが、

A4用紙より大きいA4ファイルサイズの34cm×24.8cm、厚さ3cm以下、重さ4kgまで、

という制限なので、ゆうパックと比較すると送れるものが限定されますが、

その分、送料が全国一律で360円に設定されている点が特徴的となっています

 

なお、レターパックライトは専用封筒の値段に送料も含まれているので、

発送の際には、切手は貼り付けず、そのまま差し出す事が可能となっています

 

ゆうパックに関しては、

サイズが縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内、

重さはサイズ区分を問わず一律30kgまで(25kgを超え30kg以下は重量ゆうパック扱い)、

とレターパックライトと比較すると制限の余裕がある事に加え、

送料に関しては全国一律料金ではなく、

「60サイズ・80サイズ・100サイズ・120サイズ・140サイズ・160サイズ・170サイズ」

というそれぞれ3辺の合計の最大値を表すサイズ区分に加え、

(例えば、60サイズの場合、荷物の3辺の合計値が60cm以内)

発送地域からお届け地域までの距離との組み合わせで決まるのが特徴的で、

また、2018年3月1日のゆうパック運賃値上げに伴い、

25kgを超え30kg以下のゆうパックの荷物に関しては、

重量ゆうパックとして取り扱われる事になり、

重量ゆうパックの運賃は、ゆうパック基本運賃+500円になる事に加え、

お届け日数も、重量ゆうパックは通常のゆうパックと比較して、

おおむね+1日程度の日数がかかります

(重量ゆうパックでは、遠方や離島などの一部地域の場合、

通常のゆうパックよりも更に数日のお届け日数を要する場合もあります)

[参考:ゆうパックの送料一覧 ]

 

以上の事から、レターパックライトは全国一律料金で、

送料としては、ゆうパックよりも安価ではあるものの、

サイズ・重さとしては、ゆうパックよりも送れるものが限定される、という事に加え、

ゆうパックは、サイズ・重さとしては、

レターパックライトと比較すると、色んなものが送れるが、

運賃は、レターパックライトと異なり、

サイズ区分や配送区間で変化する、という特徴が挙げられます

レターパックライト
サイズ 運賃
34cm×24.8cmの専用封筒に入り、厚さ3cm以内 360円(全国一律)
ゆうパック運賃 東京から発送する場合の例
3辺合計170cm以内かつ重さ25kg以下
25kgを超え30kg以下の場合+500円
区分 東京→東海 基本運賃
割引適用なし
東京→東海 持込割引運賃
持込割引(-120円)
60サイズ 850円 730円
80サイズ 1080円 960円
100サイズ 1310円 1190円
120サイズ 1560円 1440円
140サイズ 1800円 1680円
160サイズ 2020円 1900円
170サイズ 2370円 2250円
区分 東京→近畿 基本運賃
割引適用なし
東京→近畿 持込割引運賃
持込割引(-120円)
60サイズ 950円 830円
80サイズ 1180円 1060円
100サイズ 1410円 1290円
120サイズ 1660円 1540円
140サイズ 1910円 1790円
160サイズ 2120円 2000円
170サイズ 2480円 2360円
[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

レターパックライトは34cm×24.8cm(A4大)・厚さ3cm以下・重さ4kgまで

レターパックライトの送料は全国一律360円

ゆうパックの制限は3辺合計170cmまで・重さ30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+500円)

ゆうパックの送料はサイズと配送距離の組み合わせで決まる





割引制度に関して

 

ゆうパックとレターパックライトの割引制度に関しては、以下の通りです

[レターパックライト]

日本郵便による割引制度はないが、金券ショップなどで安く買える場合もある

[ゆうパック]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトの専用封筒は、

定価で購入出来る場所としては、郵便局以外にも、

郵便局の通販サイト「郵便局のネットショップ (20枚単位で購入可)」の他、

コンビニでも販売されている可能性がありますが、

コンビニでは店舗によっては取り扱っていない場合もあり、

ローソンであれば比較的、手に入りやすい印象です

(ローソン以外にも大手コンビニチェーン店などでは取り扱っている事があります)

 

上記でご紹介した場所は定価で購入できる場所になりますが、

レターパックライトは日本郵便で割引制度がある訳ではないものの、

金券ショップなどで定価以下の金額で販売されている場合があり、

一例を挙げると「切手販売 (20枚以上から注文可能)」などでは通販もされています

 

ゆうパックに関しては、レターパックライトと違い、郵便局の割引制度が用意されており、

郵便局の窓口やコンビニなどのゆうパック取扱所に荷物を持ち込む場合に適用される、

「持込割引 120円引き」であったり、

2018年9月25日から始まった新サービス「ゆうパックスマホ割アプリ」の利用で適用される、

「ゆうパックスマホ割 180円引き」の様に、

個人利用の場合でも適用させやすい割引制度がいくつかあり、

詳細は以下の別記事でまとめていますので合わせてご覧下さい

ゆうパックの送料に各種割引制度を適用した場合に関して、 少しでも安い送り方をまとめてご紹介させて頂きたいと思います ゆうパックには意外と色んな割引制度が・・・
[割引制度のまとめ]

レターパックライトは金券ショップなどで安く販売されている事がある

ゆうパックは個人利用でも使いやすい割引制度あり

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払いや代金引換の可否としては以下の通りになります

[レターパックライト]

着払いも代金引換も利用不可

[ゆうパック]

代金引換が利用可能(専用の伝票が必要)※

着払いも利用可能(専用の伝票が必要)※

※日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで印字したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、レターパックライトに関しては、

専用の封筒を購入する事が送料を支払う事の代わりになりますが、

発送方法として、着払いや代金引換を利用する事はできません

 

ゆうパックは発送人が送料を払う「元払い」以外にも、

「着払い」「代金引換」のそれぞれの専用の伝票を用いる事で、

「着払い」と「代金引換」での発送方法が可能となっていますが、

(着払いの伝票はコンビニでも手に入りますが、

代金引換の伝票に関しては、通常コンビニには置いていないので、

郵便局で手に入れるか、集荷の際に持って来てもらう方法があります)

日本郵便アプリやゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合には、

代金引換・着払いのいずれも利用する事ができませんのであらかじめご注意下さい

 

ちなみに、ゆうパックの代金引換に関しては、ヤマト運輸などと違い事前契約が不要で、

専用の伝票さえ手に入れれば、個人でも利用する事が可能となっています

(ただし、代引手数料と送金手数料などが別途かかります 参考ページ

 

なお、元払い・着払いの場合は、ゆうパックを取り扱っている、

ローソン・ミニストップなどのコンビニからも発送できますが、

代金引換に関しては、郵便局の窓口か集荷を利用してしか発送できませんのでご注意下さい

 

また、コンビニなどの取扱店から発送する場合、例えば、複写式以外の自宅印刷した伝票など、

一部利用できない伝票がありますのでご注意下さい

[着払い・代金引換の可否のまとめ]

ゆうパックは代金引換も着払いも利用可能(日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可)

レターパックライトは着払いも代金引換も利用不可

 

補償・追跡・お届け方法に関して

 

ゆうパックとレターパックライトの追跡と補償、お届け方法に関しては以下の通りになります

[レターパックライト]

追跡サービス利用可能

補償なし

お届けは郵便受けに投函

[ゆうパック]

追跡サービス利用可能

補償あり(30万円まで)

お届けは対面手渡し

 

以上の内容を補足していきますと、どちらに関しても、

追跡サービスを利用する事ができるという点が特徴的です

 

ちなみに、補償に関しては違いがあり、

レターパックライトの場合、比較的、安価なサービスである事から、補償がありませんが、

ゆうパックは、はじめから30万円までの補償があり、

更にゆうパックの場合、別途370円を加算し、

セキュリティサービスのオプションを利用する事で、50万円まで補償されます

(ただし、重量ゆうパックではセキュリティサービスのオプションは利用できません)

[参考ページ:セキュリティサービス – 日本郵便 ]

 

また、お届け方法に関しても違いがあり、ゆうパックは対面手渡しでのお届けになりますが、

レターパックライトでは基本的に、普通の手紙や封書などと同じ、

郵便受けに投函でのお届けとなっているのが特徴的です

 

ただし、レターパックライトでも例外的に、

サイズの問題で自宅などのお届け先の郵便受けに荷物が入らない場合には、

対面手渡しでのお届けになり、その場合に不在だと、不在票が投函されます

 

以上の通り、補償の有無・お届け方法の違いに関しては、

ゆうパックとレターパックライトで大きく異なる部分の1つとなっていますので、

特に高価なものを送る場合などは、できる限り「ゆうパック」の利用がおすすめです

[追跡・補償のまとめ]

レターパックライトもゆうパックも追跡サービスが利用可能

レターパックライトのお届け方法は郵便受けに投函

レターパックライトは補償がない

ゆうパックのお届け方法は対面手渡し

ゆうパックは補償がある(30万円まで)

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[レターパックライト]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポスト

集荷:利用不可

[ゆうパック]

発送できる場所:郵便局の窓口・コンビニなど

集荷:利用可能(ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

 

上記の内容を補足していきますと、

自宅に荷物を取りに来てもらえる「集荷サービス」に関しては、

レターパックライトでは利用する事ができませんが、

ゆうパックの場合には荷物1個からでも利用する事が可能となっているものの、

2018年9月25日に新しく始まったゆうパックスマホ割アプリを利用する場合には、

残念ながら、ゆうパックの荷物でも集荷を利用する事ができませんのでご注意下さい

 

発送できる場所は、レターパックライトの場合、郵便局の窓口で受付する以外に、

投函口に入る荷物なら、郵便ポストへ投函して発送する事が可能です

(レターパックライトは切手の貼り付けは不要です)

 

ただし、郵便ポストの投函口に入らない荷物に関しては、

レターパックライトでは集荷が利用できないため、郵便局の窓口へ持って行く必要があります

 

また、ゆうパックに関しては、郵便局の窓口で受付できる以外にも、

コンビニなどのゆうパック取扱所でも発送の受付をする事ができるのが特徴的です

[参考:ゆうパックを取り扱うコンビニ ]

(ゆうパックは郵便ポストへ投函して発送する事はできません)

 

ただし、ゆうパックの場合、コンビニ等のゆうパック取り扱い店では、

重さが25kgを超え30kg以下の重量ゆうパックに加え、チルドゆうパック・代金引換の荷物など、

一部取り扱えないサービスがある事に加え、

ゆうパックの荷物でも、もし、ゆうパックスマホ割アプリを利用される場合には、

郵便局の窓口でしか発送の受付をする事ができませんのでご注意下さい

 

ちなみに、レターパックライトに関しては、

ゆうパックと違い、コンビニレジでの発送受付はしていませんので、

コンビニへ持って行く場合には、コンビニに設置されている郵便ポストへ投函して下さい

(ローソンなど一部のコンビニでは、レジの前に郵便ポストが設置されている事もあります)

 

他にも、ゆうパックに限っては、

現時点では限られた一部のサイトの荷物の発送のみに利用できますが、

はこぽす 」という専用ロッカーから発送するサービスもあります

[発送できる場所と集荷のまとめ]

ゆうパックは集荷サービスが利用可能(ただし、ゆうパックでゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

ゆうパックは郵便局の窓口やコンビニなどから発送できる

レターパックライトは集荷サービスは利用不可

レターパックライトは郵便局の窓口や郵便ポストから発送できる

 

支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[レターパックライト]

現金

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部の商品券(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

[ゆうパック]

現金(注)

切手(注)

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所・利用方法によって、使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、

現金の他に切手が使えたり、利用方法によってはクレジットカードが使えたり、

一部コンビニでは、電子マネー・クオカード支払いなどもできますが、

例えば、コンビニから発送する場合であったり、

もしくは、ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合であったり、

発送する場所や利用方法によって支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

ゆうパックの送料はクレジットカード払いが可能なのか、という事に関して、 ローソン・ミニストップなどのコンビニ発送の場合や、 代金引換の場合、着払いの送料を支払う・・・

 

レターパックライトに関しても、現金でのお支払い以外にも、

切手などと交換できたり、クレジットカードで支払える場合もありますが、

購入場所によって使える支払い方法が異なるため、

以下の別記事で詳しくまとめましたので、合わせて参考としてみて下さい

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒と、 スマートレターの専用封筒を購入できる場所に加え、 切手・クレジットカード・電子マネー・商品券・ギフト券など・・・
[支払い方法のまとめ]

レターパックライトは現金以外の支払い方法もある(購入場所で異なる)

ゆうパックも現金以外の支払い方法もある(発送場所・利用方法で異なる)

 


お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数に関しては以下の様な情報が挙げられます

[レターパックライト]

日曜・祝日も配達される

レターパックプラスより1日多くかかる場合がある

(お届け日数は郵便局のこちらのページ から確認する事ができます)

[ゆうパック]

日曜・祝日も配達される

(お届け日数は郵便局のこちらのページ から確認する事ができます)

 

上記を補足していきますと、どちらのサービスに関しても、

具体的なお届け日数としては、発送地域とお届け地域の距離で異なるため、

上記にも挙げた郵便局のこちらのページ からご確認頂ければと思います

 

なお、レターパックライトに関しては、日本郵便のサイトに以下の記載があり、

レターパックプラスは、原則、速達並みの日数で届きますが、

レターパックライトの場合、配達状況によっては、

レターパックプラスより+1日程度の日数がかかる場合もあります

「レターパックライト」の送達日数は、おおむね「レターパックプラス」と同様ですが、

配達の状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合があります。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意

 

更に、2018年3月1日のゆうパック運賃値上げに伴い、新たにできた、

重さが25kgを超え30kg以下の場合の「重量ゆうパック」に関しては、

通常のゆうパックと比較して、おおむね+1日程度のお届け日数がかかりますので、

「重量ゆうパック」に関しては、お届けまでに少し時間がかかる点にご注意下さい

(重量ゆうパックでは、遠方・離島などの一部地域の場合、

通常のゆうパックと比較して、更に数日の期間をお届けに要する場合もあります)

 

また、特に急ぎの荷物を送りたい場合、

ゆうパックに関しては、対象エリアが限定されますが、

基本運賃のみで利用でき、概ね午前中に発送すれば発送日の当日に届く、

当日配達ゆうパック 」というサービスもあります

(重量ゆうパックでは「当日配達ゆうパック」は利用できません)

 

ちなみに、レターパックライトもゆうパックも日曜・祝日も配達される事も特徴的です

[お届け日数のまとめ]

レターパックライトもゆうパックも日曜・祝日も配達される

 

日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届けの際の日にち・時間帯指定に関しては以下の通りとなっています

[レターパックライト]

発送時の日にち・時間帯の指定は不可

[ゆうパック]

発送時に日にちも時間帯も指定可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、発送の際に、

お届けの日にちも時間帯も指定する事が可能となっています

(お届けが間に合わない様な日にち・時間帯は指定できません)

 

対照的に、レターパックライトに関しては、

前述の通り、基本的に郵便受けに投函されてのお届けとなる事から

発送時には、お届けの日にちや時間帯を指定して発送する事ができませんのでご注意下さい

[日にち・時間帯指定のまとめ]

ゆうパックは発送時に日にちも時間帯も指定可能

レターパックライトは発送時には日にちも時間帯も指定不可

 

信書の取り扱いに関して

 

各サービスの信書の取り扱いに関しては以下の通りとなっています

[レターパックライト]

信書が送れる

[ゆうパック]

信書は送れない

 

上記の内容を補足していきますと、信書の取り扱いに関しては明確な違いがあり、

ゆうパックでは信書を送る事ができませんが

レターパックライトでは信書を送る事ができるので、

信書を送る場合には、レターパックライトを利用する必要があります

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書の取り扱いに関するまとめ]

ゆうパックは信書が送れない

レターパックライトは信書が送れる

 

ゆうパックとレターパックライトのメリット・デメリット

 

最後に、ゆうパックとレターパックライトのメリット・デメリットをまとめたいと思います

[レターパックライトのメリット・デメリット]

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力(切手の貼り付け不要)

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大・厚さ3cm以下

重さは4kgまで

料金は全国一律360円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

補償無し・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用不可

お届け方法は郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換は利用不可

信書が送れる

レターパックの送り方やレターパックプラスとの違いなどは以下の記事にまとめています
[ゆうパックのメリット・デメリット]

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(利用方法によっては自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さは30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+500円)

送料はサイズと距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所・利用方法で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニなど(荷物の種類・利用方法などで異なる)

集荷サービスも利用可能(ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

お届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換が利用可能(日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可)

信書は送れない

ゆうパックの送り方などは以下で詳しくご紹介しています!

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、レターパックライトに関しては、

専用封筒さえあれば、単純に専用封筒に送りたいものを入れるだけで、

郵便ポストへ投函しても発送できる、というお手軽さが魅力となっていますが、

料金が多少安価な分、補償がなかったり、お届けが郵便受けに投函となっているのが特徴的です

 

ゆうパックに関しては、自分でしっかりと荷物を梱包して、

専用伝票を用意して発送する必要があるものの、

郵便局以外にも、ローソンやミニストップなどの一部のコンビニからも発送でき、

レターパックライトと比較すると、料金は安価と言えませんが、

追跡サービスだけでなく、補償などもはじめから付いている点が特徴かと思います

 

以上の事から、発送に慣れていない方にもおすすめできるのは、

お手軽さが魅力のレターパックライトですが、

例えば、高価なものを送る場合などは、ゆうパックの方が安心とも考えられますので、

自分の目的と合わせて上手く検討してみてはいかがでしょうか



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、ゆうパックとレターパックライトの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ・追跡・着払い・日数などの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

レターパックライトは発送作業が簡単で、お手軽な事が魅力となっていますが、

その分、専用封筒に入らないものは送れないというデメリットもあります

 

逆にゆうパックは、レターパックライトの様に専用封筒がない事から、

送れるものの自由度が高い事も特徴の1つとも考えられますので、

サービスのどの辺りを重視するかなども踏まえて、送り方を検討してみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律185円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ゆうパケット 全国一律250円~

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 907円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ゆうパックとレターパックライトの違い、メリット・デメリットを比較して、

レターパックライトのメリット・デメリット

専用封筒さえあれば送れるお手軽さが魅力(切手の貼り付け不要)

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

サイズは34cm×24.8cmのA4大・厚さ3cm以下

重さは4kgまで

料金は全国一律360円

金券ショップなどで定価より安く購入できる場合がある

補償無し・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストに投函

集荷サービスは利用不可

お届け方法は郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換は利用不可

信書が送れる

 

ゆうパックのメリット・デメリット

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(利用方法によっては自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さは30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+500円)

送料はサイズと距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所・利用方法で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニなど(荷物の種類・利用方法などで異なる)

集荷サービスも利用可能(ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

お届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換が利用可能(日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可)

信書は送れない

という事をご紹介しました

 

一概にどちらのサービスの方が優れているという訳ではないので、

それぞれの特徴を理解して、より自分の目的と合う方を選択して頂ければ幸いです

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました
ブランディア買取査定レビュー!メンズ洋服の古着で実際に使ってみた

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る