ページ4:メリット & デメリット、記事内容のまとめ

4ページ / 全4ページ

ゆうパックとゆうパケットのメリット・デメリット

 

最後に、ゆうパックとゆうパケットのメリット・デメリットをまとめたいと思います

[ゆうパケットのメリット・デメリット]

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で厚さで変動する(250~360円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いは利用可能、代金引換は利用不可

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(個人利用の場合)

追跡サービスは利用可能

補償は無い

お届け日数は一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日

日曜・祝日も配達される

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

発送時にお届けの日にち・時間帯の指定はできない(特約ゆうパケットには当日配達もしくは配達日指定のオプションあり)

一部の荷物はコンビニ受取・はこぽす受取が可能

ゆうパケットに関する基本的な事は以下の記事も合わせてご覧になってみて下さい
[ゆうパックのメリット・デメリット]

ゆうパックの利用には専用の送り状が必要(利用方法によっては自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さは30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+510円または+520円)

サイズと配送距離の組み合わせで決まる 基本運賃810円~(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所・利用方法で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニなど(荷物の種類・利用方法などで異なる)

集荷サービスも利用可能(ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

お届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換が利用可能(日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可)

信書は送れない

一部の荷物はコンビニ受取・はこぽす受取が可能

ゆうパックの送り方などは以下で詳しくご紹介しています!

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

ゆうパケットに関しては、厚さによって運賃が決まり、

厚さ1cm毎に細かく運賃が設定されているので、

厚さが薄くなれば、その分、少しでも安価に送れる可能性がある点が魅力で、

追跡サービスも利用できるので安心感がある点もポイントとなっていますが、

料金が安価な分、補償がなかったり、お届けが郵便受けに投函となっているのが特徴的です

 

ゆうパックに関しては、ゆうパケットと比較すると料金は安価と言えませんが、

ゆうパケットと比較して、サイズや重さに余裕がありますし、

郵便局以外にも、ローソンやミニストップなどの一部のコンビニからも発送でき、

追跡サービスだけでなく、補償などもはじめから付いている点が特徴かと思います

 

以上の事から、少しでも安く送りたいなら、

サイズや制限に収まるのであれば、ゆうパケットの利用がオススメとも言えますが、

例えば、高価なものを送る場合などは、ゆうパックの方が安心とも考えられますので、

自分の目的と合わせて上手く検討してみてはいかがでしょうか

 

管理人の感想

 

ここまで、ゆうパックとゆうパケットの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ・追跡・着払い・日数などの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

ゆうパケットはA4大の封筒サイズで厚さ3cm以内に収める事ができれば、

例えば、Tシャツなどでも送る事ができますので、

サイズ・厚さが合うものであれば、ゆうパックより安価に送れるのが魅力の1つです

 

逆にゆうパックは、サイズ・重さの制限にゆうパケットと比較して余裕があり、

送れるものの自由度が高い事も特徴の1つとも考えられますので、

サービスのどの辺りを重視するかなども踏まえて、送り方を検討してみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律 120円~

ゆうメール 全国一律 180円~

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

クリックポスト 全国一律 188円

レターパック 全国一律 370円と全国一律 520円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 距離で変動 610円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 距離で変動 930円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ゆうパックとゆうパケットの違い、メリット・デメリットを比較して、

[ゆうパケットのメリット・デメリット]

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で厚さで変動する(250~360円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いは利用可能、代金引換は利用不可

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(個人利用の場合)

追跡サービスは利用可能

補償は無い

お届け日数は一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日

日曜・祝日も配達される

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

発送時にお届けの日にち・時間帯の指定はできない(特約ゆうパケットには当日配達もしくは配達日指定のオプションあり)

一部の荷物はコンビニ受取・はこぽす受取が可能

 

ゆうパックのメリット・デメリット

ゆうパックの利用には専用の送り状が必要(利用方法によっては自宅印刷やアプリ経由で作成も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さは30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+510円または+520円)

サイズと配送距離の組み合わせで決まる 基本運賃810円~(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービスが利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所・利用方法で異なる)

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニなど(荷物の種類・利用方法などで異なる)

集荷サービスも利用可能(ゆうパックスマホ割アプリを利用する場合は集荷不可)

お届け方法は対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

日曜・祝日も配達される

着払い・代金引換が利用可能(日本郵便アプリ・ゆうパックスマホ割アプリで作成したラベルを利用する場合は代金引換・着払いは利用不可)

信書は送れない

一部の荷物はコンビニ受取・はこぽす受取が可能

という事をご紹介しました

 

一概にどちらのサービスの方が優れているという訳ではないので、

それぞれの特徴を理解して、より自分の目的と合う方を選択して頂ければ幸いです

 

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
コンビニのコピー機の料金を比較!一番安いのはどのコンビニ?
大須商店街グルメマップ食べ歩き編!安いけどおいしいおすすめは?

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る