ゆうパックとスマートレターの違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約10~12分ぐらいで読めそうです

youpacksmartletter_t

ゆうパックとスマートレターの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、着払いの可否、お届け日数、補償の有無などの違いを比較して、

私なりにメリット・デメリットと感じる部分をまとめてみました

 

最近では様々なバリエーションの配送サービスがありますが、

どの送り方が自分の目的に合う方法なのかがわかりにくい事もあり、

この記事では特に、ゆうパックとスマートレターを比較してみましたので、

実際に発送方法を比較される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件・運送会社に関して

 

まず、ゆうパックとスマートレターを利用するための前提条件や、

配送を担当する運送会社をまとめると以下の通りとなっています

[ゆうパック]

前提条件:箱などは自分で用意する必要あり、専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

運送会社:郵便局

[スマートレター]

前提条件:発送するためには専用封筒の購入が必要

運送会社:郵便局

 

上記の内容を補足していきますと、配送を担当する運送会社に関しては、

どちらも同じで郵便局が担当しています

 

サービスを利用するための前提条件として、ゆうパックの場合は、

発送する際には、無料で手に入る専用の伝票が必要で、

伝票に関しては、郵便局でもらったり、集荷を頼んだ際に持って来てもらう事もできますし、

ローソン・ミニストップなどのゆうパックを取り扱っているコンビニで手に入れられる他にも、

Webゆうパックプリント (カラープリンターが必要)や、

ゆうパックプリントR (モノクロプリンターもOK、要事前登録)等のサービスを利用して、

自宅のプリンターを使って印刷する事も可能となっています

(自宅で印刷した伝票は複写式の伝票を除き、コンビニなどの取扱所では利用できない他、

ゆうパック代金引換の伝票などを自宅印刷する場合、

要事前登録のゆうパックプリントRなどを利用する必要があります)

 

なお、詳細は次項でもご紹介しますが、

2018年3月1日以降のゆうパック運賃の値上げに伴い、新たにできた、

重さ25kgを超え30kg以下の「重量ゆうパック」に関しては、

専用の伝票はありませんので、通常のゆうパックの伝票がそのまま利用できます

 

ちなみに、ゆうパックの場合は、梱包に使用する封筒や箱などは、

自分で用意する必要があるものの、スマートレターと違い、

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒でも、ダンボールでも、ビニール製の袋でも、何を使ってもOKです



合わせて読みたい記事のご紹介
段ボール箱に関して、スーパーでは無料でもらう事ができるのか、 また、もしスーパーにダンボールが無い場合に、 例えば、コンビニ・ドラッグストア・家電量販店など、他・・・

 

対して、スマートレターに関しては、ゆうパックとの違いとして、

事前に専用の封筒を購入して、その専用封筒に入れて送る必要があります

(スマートレターの専用封筒を購入できる場所は2つ次の割引制度の項でご紹介しています)

 

また、スマートレターはゆうパックと違い、専用の伝票やラベルはなく、

専用封筒の外装に記入欄が設けられていますので、宛名はそちらに記入して下さい

 

以上の事から、ゆうパックとスマートレターの違いの1つとしては、

発送するために専用の封筒や専用の伝票が必要かどうか、という事が挙げられるかと思います

[利用の前提条件・運送会社のまとめ]

ゆうパックもスマートレターも郵便局が配送する

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要

ゆうパックは梱包用の箱などは自分で用意する(専用のものはない)

スマートレターを送るには専用封筒が必要

 


サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関しては以下の通りです

[ゆうパック]

サイズ3辺合計170cm以内、重さ30kgまで(25kgを超え30kg以下の荷物は重量ゆうパック扱いで、ゆうパック基本運賃+500円)

送料:サイズと、距離で決まる

[スマートレター]

サイズ17cm×25cm(A5大)、厚さ2cm以下、重さ1kgまで

全国一律送料:180円(専用封筒の値段)

 

上記の内容を補足していきますと、

スマートレターの場合は、サイズと重さが、

A5用紙より大きいA5ファイルサイズの17cm×25cm、厚さ2cm以下、重さ1kgまで、

という制限なので、ゆうパックと比較して送れるものは限定されますが、

(スマートレターでは荷物を専用封筒に入れて、

専用封筒の封をちゃんと閉じる事ができる必要があります)

その分、送料が全国一律で180円に設定されている点が特徴的となっています

 

なお、スマートレターは専用封筒の値段に送料も含まれているので、

発送の際には、切手は貼り付けず、そのまま差し出す事が可能となっています

 

ゆうパックに関しては、

サイズが縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内、

重さはサイズ区分を問わず一律30kgまで(25kgを超え30kg以下は重量ゆうパック扱い)、

とスマートレターと比較すると制限の余裕がある事に加え、

送料に関しては全国一律料金ではなく、

「60サイズ・80サイズ・100サイズ・120サイズ・140サイズ・160サイズ・170サイズ」

というそれぞれ3辺の合計の最大値を表すサイズ区分に加え、

(例えば、60サイズの場合、荷物の3辺の合計値が60cm以内)

発送地域からお届け地域までの距離との組み合わせで決まるのが特徴的で、

また、2018年3月1日のゆうパック運賃値上げに伴い、

25kgを超え30kg以下のゆうパックの荷物に関しては、

重量ゆうパックとして取り扱われる事になり、

重量ゆうパックの運賃は、ゆうパック基本運賃+500円になる事に加え、

お届け日数も、重量ゆうパックは通常のゆうパックと比較して、

おおむね+1日程度の日数がかかります

(重量ゆうパックでは、遠方や離島などの一部地域の場合、

通常のゆうパックよりも更に数日のお届け日数を要する場合もあります)

[参考:ゆうパックの送料一覧 ]

 

ちなみに、スマートレターではサイズ・重さとしては、

ゆうパックと比較して、送れるものが限定される、という一面がありますが、

単純に料金面のみを比較した場合、

スマートレターの方がゆうパックよりも安価で送る事ができますので、

とにかく安価で送りたいという目的のみを考慮するならば、

スマートレターで送れるものならば、スマートレターで送る方が安価に送る事ができます

スマートレター
サイズ 運賃
17cm×25cmの専用封筒に入り、厚さ2cm以内 180円(全国一律)
ゆうパック(25kg以下) 運賃 東京→東海の例
区分 基本料金
割引適用なし
仮に持込割引を適用した場合
持込割引(-120円)
60サイズ 850円 730円
80サイズ 1080円 960円
100サイズ 1310円 1190円
120サイズ 1560円 1440円
140サイズ 1800円 1680円
160サイズ 2020円 1900円
170サイズ 2370円 2250円
ゆうパック(25kg以下) 運賃 東京→近畿の例
区分 基本料金
割引適用なし
仮に持込割引を適用した場合
持込割引(-120円)
60サイズ 950円 830円
80サイズ 1180円 1060円
100サイズ 1410円 1290円
120サイズ 1660円 1540円
140サイズ 1910円 1790円
160サイズ 2120円 2000円
170サイズ 2480円 2360円
[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

ゆうパックの送料はサイズと、距離で決まる

ゆうパックのサイズ制限は、3辺合計170cmまで

ゆうパックの重さ制限は、サイズ問わず一律30kgまで(ただし、25kg超え30kg以下の荷物は重量ゆうパックになり、基本運賃+500円)

スマートレターの送料は、全国一律180円

スマートレターのサイズ制限は、17cm×25cm(A5大)、厚さ2cm以下

スマートレターの重さ制限は、1kgまで

 


割引制度に関して

 

ゆうパックとスマートレターの割引制度に関しては、以下の通りです

[ゆうパック]

個人利用でも使いやすい割引制度あり

[スマートレター]

日本郵便による割引制度はないが、金券ショップなどで安く買える場合もある

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックの場合は、スマートレターとの違いとして、

個人利用の場合でも使いやすい割引制度が用意されているという特徴があります

 

具体的にゆうパックで利用する事ができる割引制度としては、

持込割引(120円引き)、同一あて先割引(60円引き)、

複数口割引(60円引き)などがあり、どれを組み合わせて利用できるかも含め、

以下の別記事で詳しくまとめていますので、よろしければ合わせてご覧下さい

ゆうパックの送料に各種割引制度を適用した場合に関して、 少しでも安い送り方をまとめてご紹介させて頂きたいと思います ゆうパックには意外と色んな割引制度が・・・

 

対して、スマートレターの場合、

定価で専用の封筒を買える場所としては、郵便局以外にも、

郵便局の通販サイト「郵便局のネットショップ (20枚単位で購入可)」の他、

コンビニでも販売されている可能性がありますが、

コンビニでは店舗によっては取り扱っていない場合もあり、

ローソンであれば比較的、手に入りやすい印象です

(ローソン以外にも大手コンビニチェーン店などでは取り扱っている事があります)

 

上記でご紹介した場所は定価で購入できる場所になりますが、

スマートレターは日本郵便で割引制度がある訳ではないものの、

金券ショップなどで定価以下の金額で販売されている場合があり、

一例を挙げると「切手販売 (20枚以上から注文可能)」などで通販もされていますので、

少しでも安く手に入れたい場合には、金券ショップなども探してみて下さいね

[割引制度のまとめ]

ゆうパックは個人利用でも使いやすい割引制度あり

スマートレターは金券ショップなどで安く販売されている事がある

 

補償・追跡に関して

 

ゆうパックとスマートレターの追跡と補償に関しては以下の通りになります

[ゆうパック]

追跡サービス利用可能・補償あり(30万円まで)

[スマートレター]

追跡サービス利用不可・補償なし

 

上記の内容を補足していきますと、まず、ゆうパックの場合は、

30万円までの補償があり、追跡サービスを利用する事も可能となっています

 

また、ゆうパックでは、別途370円を加算する事で、

セキュリティサービスというオプションを付加する事もでき、

セキュリティサービスを付加すると、補償が50万円になります

(ただし、重量ゆうパックではセキュリティサービスのオプションは利用できません)

[参考ページ:セキュリティサービス – 日本郵便 ]

 

対して、スマートレターの場合は、料金が安価なサービスという事もあり、

補償もありませんし、追跡サービスを利用する事も不可能な事に加え、

書留・特定記録などのオプションを付加する事もできないため、

高価なものを送る場合にはあまり向いていないと言えますので、

高価なものを送る場合などはゆうパックの利用も検討してみて下さいね

[追跡・補償のまとめ]

ゆうパックは追跡サービス利用可能・補償あり(30万円まで)

スマートレターは追跡サービス利用不可・補償なし

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数としては、以下の通りとなっています

[ゆうパック]

日曜・祝日も配達される

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

[スマートレター]

大型郵便物(定形外郵便など)と同様

日曜・祝日は配達されない

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

 

具体的なお届け日数に関しては、発送地域とお届け地域までの距離で決まるため、

上記にも挙げた各サイト内のリンク先ページを参考として頂ければと思いますが、

ゆうパックは日曜・祝日も配達されるものの、

スマートレターは日曜・祝日は配達されない、という特徴がありますので、

特に日曜・祝日を挟む場合には、スマートレターの方が日数がかかる点にご注意下さい

 

他にも、2018年3月1日のゆうパック運賃値上げに伴い、新たにできた、

重さが25kgを超え30kg以下の場合の「重量ゆうパック」に関しては、

通常のゆうパックと比較して、おおむね+1日程度のお届け日数がかかりますので、

「重量ゆうパック」に関しては、お届けまでに少し時間がかかる点にご注意下さい

(重量ゆうパックでは、遠方・離島などの一部地域の場合、

通常のゆうパックと比較して、更に数日の期間をお届けに要する場合もあります)

 

なお、特に急ぎの荷物を送りたい場合、

ゆうパックに関しては、対象エリアが限定されますが、

基本運賃のみで利用でき、概ね午前中に発送すれば発送日の当日に届く、

当日配達ゆうパック 」というサービスもあります

(重量ゆうパックでは「当日配達ゆうパック」は利用できません)

[お届け日数のまとめ]

ゆうパックは日曜・祝日も配達される

スマートレターは日曜・祝日は配達されない

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払いや代金引換の可否としては以下の通りになります

[ゆうパック]

着払いも利用可能(専用の伝票が必要)

事前契約なしで、代金引換も利用可能(専用の伝票が必要)

[スマートレター]

着払いは利用不可

代金引換も利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、スマートレターに関しては、

専用の封筒を購入する事が送料を支払う事の代わりになりますが、

発送方法として、着払いや代金引換を利用する事はできません

 

ゆうパックは発送人が送料を払う「元払い」以外にも、

着払いと代金引換での発送方法が可能となっていますが、

どちらもそれぞれ専用の伝票を使う必要があります

(着払いの伝票はコンビニでも手に入りますが、

代金引換の伝票に関しては、通常コンビニには置いていないので、

郵便局で手に入れるか、集荷の際に持って来てもらう方法があります)

 

ちなみに、ゆうパックの代金引換に関しては、ヤマト運輸などと違い事前契約が不要で、

専用の伝票さえ手に入れれば、個人でも利用する事が可能となっています

(ただし、代引手数料と送金手数料などが別途かかります 参考ページ

 

なお、元払い・着払いの場合は、ゆうパックを取り扱っている、

ローソン・ミニストップなどのコンビニからも発送できますが、

代金引換に関しては、郵便局の窓口か集荷を利用してしか発送できませんのでご注意下さい

 

また、コンビニなどの取扱店から発送する場合、例えば、複写式以外の自宅印刷した伝票など、

一部利用できない伝票がありますのでご注意下さい

[着払い・代金引換の可否のまとめ]

ゆうパックでは、着払いも利用可能

ゆうパックでは、事前契約なしに代金引換が利用可能(専用の伝票が必要)

スマートレターでは、着払いは利用不可

スマートレターでは、代金引換も利用不可

 

支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[ゆうパック]

現金

切手(注)

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所によって、使える支払い方法が異なります

[スマートレター]

現金

切手やハガキと交換(注)

クレジットカード(注)

一部の電子マネー(注)

一部の商品券(注)

注:購入場所によって使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、

現金の他に、切手が使えたり、一部コンビニでは、

クレジットカード・電子マネー・クオカード支払いなどもできますが、

発送する場所によって支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

ゆうパックの送料はクレジットカード払いが可能なのか、という事に関して、 ローソン・ミニストップなどのコンビニ発送の場合や、 代引きの場合、着払いの送料を支払う場・・・

 

スマートレターに関しては、購入場所によって使える支払い方法が異なりますが、

購入場所毎の使える支払い方法は、レターパックとほぼ同じになりますので、

以下の記事を合わせて参考としてみて頂ければと思います

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒を購入できる場所に加え、 切手・クレジットカード・電子マネー・商品券・ギフト券など、 購入場所毎にどんな支払い方・・・

 

[支払い方法のまとめ]

ゆうパックは発送場所によっては現金以外でも支払える

スマートレターも購入場所によっては現金以外でも支払える

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[ゆうパック]

発送できる場所:郵便局の窓口、ゆうパックを取り扱うコンビニ等の取扱店

集荷:利用可能

[スマートレター]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポストへ投函

集荷:利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、自宅に荷物を取りに来てもらう、

「集荷サービス」に関しては、ゆうパックでは荷物1個から利用できますが、

スマートレターでは基本的に利用する事ができません

(スマートレターでも例外として、元々集荷サービスの対象である、

ゆうパックやレターパックプラスの荷物のついで、としてや、

大量個数の荷物がある場合などには、対応してもらえる可能性があります)

 

発送できる場所は、スマートレターの場合、郵便局の窓口で受付する以外に、

投函口に入る荷物なら、郵便ポストへ投函して発送する事が可能です

(スマートレターは切手の貼り付けは不要です)

 

ただし、郵便ポストの投函口に入らない荷物に関しては、

スマートレターでは集荷が利用できないため、郵便局の窓口へ持って行く必要があります

 

また、ゆうパックに関しては、郵便局の窓口で受付できる以外にも、

コンビニなどの取り扱い店でも発送の受付をする事ができるのが特徴的です

[参考:ゆうパックを取り扱うコンビニ ]

(ゆうパックは郵便ポストへ投函して発送する事はできません)

 

ただし、ゆうパックの場合、コンビニ等のゆうパック取り扱い店では、

重さが25kgを超え30kg以下の重量ゆうパックに加え、チルドゆうパック・代金引換の荷物など、

一部取り扱えないサービスがありますのでご注意下さい

 

ちなみに、スマートレターに関しては、

ゆうパックと違い、コンビニレジでの発送受付はしていませんので、

コンビニへ持って行く場合には、コンビニに設置されている郵便ポストへ投函して下さい

(ローソンなど一部のコンビニでは、レジの前に郵便ポストが設置されている事があります)

 

他にも、ゆうパックに限っては、

現時点では限られた一部のサイトの荷物の発送のみに利用できますが、

はこぽす 」という専用ロッカーから発送するサービスもあります

[発送できる場所と集荷のまとめ]

ゆうパックは集荷サービスが荷物1個から利用可能

ゆうパックは郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店から発送可能

スマートレターは集荷サービスを利用する事ができない

スマートレターは郵便局の窓口や郵便ポストに投函して発送可能

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届け方法、日にち・時間帯指定に関しては以下の通りです

[ゆうパック]

お届け方法:対面手渡し

お届けの際の日にち・時間帯の指定可能

[スマートレター]

お届け方法:郵便受けに投函

お届けの際の日にち・時間帯の指定不可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックの場合は、スマートレターとの違いとして、

荷物を発送する際に、お届けの希望日時を指定する事が可能となっている事に加え、

(お届けが間に合わない様な日にち・時間帯は指定できません)

お届け方法が対面手渡しである事が特徴的で、

お届けの際に不在の場合には、不在票が投函される事になります

(再配達時にもお届け希望日時の指定が可能です)

 

対して、スマートレターの場合は、

荷物を発送する際にお届けの希望日時を指定する事は不可能で、

お届け方法は、普通の手紙や封書と同じ様に郵便受けに投函されます

 

ただし、スマートレターに関しても例外として、

荷物の大きさの問題で自宅などのお届け先の郵便受けに入らない場合には、

対面手渡しでのお届けとなり、更にこの場合、不在なら不在票が投函されます

[お届け方法、日にち・時間帯指定のまとめ]

ゆうパックは発送時に日にち・時間帯の指定可能

ゆうパックのお届け方法は対面手渡し

スマートレターは発送時に日にち・時間帯の指定不可能

スマートレターのお届け方法は郵便受けに投函

 

信書の取り扱いに関して

 

ゆうパックとスマートレターの信書の取り扱いに関しては以下の通りになります

[ゆうパック]

信書は送れない

[スマートレター]

信書が送れる

 

上記の内容を補足していきますと、信書の取り扱いに関しては明確な違いがあり、

ゆうパックでは信書を送る事ができませんが

スマートレターでは信書を送る事ができるので、

信書を送る場合には、スマートレターを利用する必要があります

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

ゆうパックは信書が送れない

スマートレターは信書が送れる

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

[ゆうパック]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

一部の通販サイトで購入した商品のみコンビニ受け取りが可能(個人発送のゆうパックの荷物はコンビニ受け取り不可)

一部のサイトで購入した商品や再配達利用可能エリア内の不在持ち戻りの荷物(元払いに限る)は、はこぽす受け取りも可能

[スマートレター]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

コンビニ受け取りは不可能

 

上記の内容を補足していきますと、

ゆうパックもスマートレターも自宅などで受け取れる事に加え、

郵便局留めをする事も可能となっています

 

コンビニ受け取りに関しては、スマートレターもゆうパックも、

個人発送の荷物に関しては、コンビニ受け取りする事はできませんが、

ゆうパックの荷物の中で、Amazonや楽天市場で購入した商品など、

一部のサイトで購入した商品に限っては、限定的にコンビニ受け取りできる場合があります

[参考:コンビニ受取サービス – 日本郵便 ]

 

また、ゆうパックに関しては、ゆうパックのコンビニ受け取りと同様に、

一部のサイトで購入した、はこぽす受け取り可能商品に加え、

不在持ち戻りの荷物(元払いに限る)もはこぽす再配達利用可能エリア 内であれば、

郵便局や駅などに設置された専用ロッカー「はこぽす」での受け取りにも対応しています

[参考:はこぽす – 日本郵便 ]

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

ゆうパックもスマートレター自宅などで受け取りできる

ゆうパックもスマートレターも郵便局留めが可能

ゆうパックは一部の通販サイトで購入したもの以外はコンビニ受け取り不可

ゆうパックは一部の通販サイトで購入した商品や再配達利用可能エリア内の不在持ち戻りの荷物(元払いに限る)は、はこぽす受け取りも可能

スマートレターはコンビニ受け取りは不可

 

ゆうパックとスマートレターのメリット・デメリット

 

最後にゆうパックとスマートレターに関して、

私なりに感じたメリットやデメリットをまとめたいと思います

[ゆうパックのメリット・デメリット]

利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

配送を担当するのは郵便局

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さはサイズを問わず一律30kgまで

送料はサイズと、距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも代金引換も事前契約なしに利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

一部のサイト(Amazon・楽天など)の購入商品のみコンビニ受け取り可能(個人発送の荷物などはコンビニ受け取り不可)

一部の通販サイトで購入した商品や再配達利用可能エリア内の不在持ち戻りの荷物(元払いに限る)は、はこぽす受け取りも可能

信書が送れない

ゆうパックの送り方などは以下で詳しくご紹介しています!
[スマートレターのメリット・デメリット]

利用には専用封筒が必要

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

配送を担当するのは郵便局

サイズは17cm×25cm(A5大)・厚さは2cm以下

重さは1kgまで

送料は全国一律180円

専用封筒は金券ショップなどで少し安く販売されている事がある

補償なし・追跡サービス利用不可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

日曜・祝日は配達されない

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可能

お届け方法は、郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可能

着払いも代金引換も利用不可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可能

信書が送れる

スマートレターの送り方としては、以下の記事も合わせて参考としてみて下さい

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、スマートレターの場合は、

サイズ・重さの制限を考慮すると、送れるものがゆうパックより限定されますが、

専用封筒さえ用意する事ができれば、発送の手続きが簡単な面がメリットではないでしょうか

 

対して、ゆうパックの場合は、スマートレターと比較すると料金は高くなっていますが、

スマートレターと比べて、送れるもののサイズや重さにかなり余裕がある点に加え、

補償や追跡がある点もメリットと言えるかと思います

 

以上の事から簡単にまとめると、スマートレターとゆうパックで比較した場合、

スマートレターは、厚みの薄いものやサイズの小さいもの、

高価でないものなどを送る場合に向いており、

ゆうパックは、サイズの大きいものや重さの重いもの、

補償があるので高価なものを送る場合に向いている、

という様にサービス毎に特徴がありますので、

自分の目的に合わせて上手く使い分けてみて下さいね



合わせて読みたい記事のご紹介
ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、ゆうパックとスマートレターの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ・着払い・日数・補償などの違いを比較して、ご紹介させて頂きました

 

スマートレターは補償や追跡はないものの、全国一律の料金設定で安い点が魅力、

ゆうパックは補償や追跡があり、高価なものを送るのにも向いている、

という風にも言えますので、サービス内容の違いを理解して検討してみて頂ければ幸いです

 

また、ゆうパックとスマートレター以外にも色んな発送方法がありますので、

よろしければ、そちらも合わせて検討してみて下さいね

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ゆうパックとスマートレターの違い、メリット・デメリットを比較して、

ゆうパックのメリット・デメリット

利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

箱や袋などの梱包資材は自分で用意する必要あり

配送を担当するのは郵便局

サイズは3辺の合計が170cm以内

重さはサイズを問わず一律30kgまで

送料はサイズと、距離で決まる(ゆうパックの送料一覧

個人利用でも使いやすい割引制度がある

補償あり(30万円まで)・追跡サービス利用可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

日曜・祝日も配達される

発送できる場所は、郵便局の窓口やコンビニ等の取扱店

集荷サービスも利用可能

お届け方法は、対面手渡し

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定可能

着払いも代金引換も事前契約なしに利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

一部のサイト(Amazon・楽天など)の購入商品のみコンビニ受け取り可能(個人発送の荷物などはコンビニ受け取り不可)

一部の通販サイトで購入した商品や再配達利用可能エリア内の不在持ち戻りの荷物(元払いに限る)は、はこぽす受け取りも可能

信書が送れない

 

スマートレターのメリット・デメリット

利用には専用封筒が必要

専用封筒は一部のコンビニなどでも手に入る(もちろん郵便局でも購入可)

配送を担当するのは郵便局

サイズは17cm×25cm(A5大)・厚さは2cm以下

重さは1kgまで

送料は全国一律180円

専用封筒は金券ショップなどで少し安く販売されている事がある

補償なし・追跡サービス利用不可能

現金以外にも各種支払い方法が使える(購入場所で異なる)

日曜・祝日は配達されない

発送できる場所は、郵便局の窓口と郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可能

お届け方法は、郵便受けに投函

発送の際に、お届けの日にちも時間帯も指定不可能

着払いも代金引換も利用不可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

コンビニ受け取りは不可能

信書が送れる

という事をご紹介しました

 

実際に利用してみる事で、各サービスの良い点・悪い点に気付く事もあるかと思いますので、

ぜひ皆さんも一度それぞれのサービスを利用してみてはいかがでしょうか

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
こちらのプロフィール欄のコメントですが
実はランダムで表示されている事にお気付きでしょうか?
もしよければ、他のページのコメントも見てみて下さいね
管理人Dの書いた記事一覧
人気記事

    まだデータがありません。

注目記事
100均で揃うアルバムを手作りするのに必要なもの&あると便利なもの!
古本やCDとDVDとゲームなどを宅配買取しているおすすめ店を紹介!

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る