ゆうパケットとゆうメールの違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約10~12分ぐらいで読めそうです

ゆうパケットとゆうメールの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、追跡の有無、お届け日数、着払いの可否などの違いを比較して、

私なりにメリット・デメリットと感じる部分をまとめてみました

 

最近では様々なバリエーションの配送サービスがある事から、

どの送り方が自分の目的と合っているのか、という事がわかりにくい事もあり、

この記事では特に、ゆうパケットとゆうメールの2つを比較してみましたので、

発送方法を検討される際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件

 

まず、各サービスの利用のための前提条件をまとめると以下の通りになります

[ゆうパケット]

専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷も可能)

封筒などは自分で用意する必要あり

[ゆうメール]

送れるものは書籍・雑誌やCD・DVD等のみ

封筒などは自分で用意する必要あり

 

上記の内容を補足していきますと、

ゆうパケットの発送には専用のあて名ラベルが必要となっており、

ゆうパケット用あて名シールは郵便局で無料でもらう事ができる他にも、

Webゆうパックプリント (主に個人利用向け)や、

ゆうパックプリントR (主に法人・個人事業主向け、要事前登録)のサービスを利用して、

市販のあて名ラベルシールなどに自宅プリンタで印刷する事も可能ですし、

スマホアプリ「日本郵便アプリ 」から発送手続きを行い表示された二次元コードを利用して、

郵便局に設置されている専用プリンタ「ゆうプリタッチ」を利用するか、

郵便窓口に二次元コードを提示してあて名ラベルを作成する方法もあります

 

以下が郵便局で無料でもらえる、ゆうパケット用あて名シールです

 

なお、ゆうパケットの場合、梱包資材としては、

これを使わなければいけない、という様な専用のものはありませんので、

最低限、一般的な輸送に耐えられる強度があり、次項でご紹介するサイズの規定を守れば、

封筒、ビニール製の袋、薄型のダンボール箱など、何を使ってもOKです

 

ゆうメールに関しては、

最大の特徴として「送れるものが書籍・雑誌やCD・DVD等に限られる」という事が挙げられます

[参考:ゆうメールとして送付可能なお荷物 同封可能なもの ]

 

また、ゆうメールの場合、梱包資材としてはゆうパケットと同様に、

次項でご紹介するサイズや重さの規定を守れば、

封筒、ビニール製の袋、薄型のダンボール箱など、何を使っても構いませんが、

前述の通り、送れるものが限られている事から、

原則として、梱包済みの状態で中身が「送れるもの」である事が確認できる必要があり、

例えば、外装の一部に切り込みを入れたり、小窓・透明部分を設けたりする必要があります

(ただし、郵便局の窓口に内容品を持参し、

差し出し時、封筒の封を閉じる前に内容品を郵便局の窓口で確認してもらう場合、

封筒に切り込みなどを入れる必要はありません)

 

更に、ゆうメールを利用する場合には、

外装にわかりやすく「ゆうメール」の文字を記載する必要があります

(例えば、宛名の近くなど、わかりやすい場所に記載し、手書きでもOK)


 

以上の事から、ゆうメールもゆうパケットも、

封筒や袋などは自分で用意する必要がある、という点では共通していますが、

ゆうパケットに関しては、事前に専用のあて名ラベルを用意する必要があり、

ゆうメールに関しては、送れるものが限られているという特徴が挙げられます

[利用の前提条件のまとめ]

ゆうパケットもゆうメールも封筒などは自分で用意する

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷も可能)

ゆうメールは書籍やCD・DVD等のみ送れる

ゆうメールは梱包済みの状態で切り込みを入れるなど中身が見える必要がある(郵便局の窓口で内容品を事前に確認してもらう場合は除く)

 


サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関してまとめると以下の通りになります

[ゆうメール]

制限:長辺34cm以内 かつ 短辺25cm以内(A4大) かつ 厚さ3cm以内、重さ1kgまで

送料:全国一律で重さによって決まる(180~350円)

 

[ゆうパケット]

制限:長辺34cm以内 & 3辺合計60cm以内(A4大) かつ 厚さ3cm以内、重さ1kgまで

送料:全国一律で厚さによって決まる(250~350円)

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうメールもゆうパケットも、

距離を問わず全国一律の料金設定となっている点では共通していますが、

ゆうメールは重さによって送料が変動し、

ゆうパケットは厚さによって送料が変動する特徴があります

 

また、サイズと重さの制限はサービス毎に異なり、特に「ゆうメール」に関しては、

2017年6月1日以降に「規格内」と「規格外」に分けられたものの、

2018年9月1日以降に「規格外」が廃止され、旧「規格内」の条件で一本化されたので、

それぞれを比較してご紹介していきますと、

まず、重さの制限は「ゆうメール」も「ゆうパケット」も同じで1kgまで、

そして、サイズの制限は「ゆうメール」も「ゆうパケット」も、

A4サイズより少し大きいサイズまで対応しており、かつ、厚さ3cm以内なので、

サイズ制限に関しては「ゆうメール」も「ゆうパケット」もおおよそ同じと言う事ができます

(なお、ゆうメール・ゆうパケットには、最小サイズの規定もあり、

ゆうメールもゆうパケットも最小サイズの規定は同様となっています →参考ページ

 

なお、送料に着目して見ていきますと、

重さ250g以内 かつ 厚さ1cm以内の書籍・雑誌やCD・DVDなどであれば、

「ゆうメール」を利用する事で「ゆうパケット」よりも安く送る事ができますが、

重さ250gを超えた書籍・雑誌やCD・DVDなどの場合、

重さ250g超え かつ 厚さ1cm以内なら「ゆうパケット」の方が安い、

重さ500g超え かつ 厚さ2cm以内なら「ゆうパケット」の方が安い、

厚さ2cm超え かつ 重さ500g以内なら「ゆうメール」の方が安い、

という様に、重さ・厚さの条件によって安く送れる方法が変わりますのでご注意下さい

厚さ ゆうパケット
長辺34cm以内 & 3辺合計60cm以内(A4大)
厚さ3cm以内
重さ ゆうメール
34cm×24.8cm以内(A4大)
厚さ3cm以内
運賃 運賃
150g以内 180円
1cm以内 250円 250g以内 215円
2cm以内 300円 500g以内 300円
3cm以内 350円 1kg以内 350円
[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

ゆうパケットの制限は長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内かつ重さ1kgまで

ゆうパケットの送料は全国一律料金で厚さで決まる(250~350円)

ゆうメールの制限は長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内かつ重さ1kgまで

ゆうメールの送料は全国一律料金で重さで決まる(180~350円)

書籍やCD・DVDなどを送る場合、重さ250g以内かつ厚さ1cm以内であれば、ゆうメールの方が安く送れる





割引制度に関して

 

ゆうメールとゆうパケットの割引制度に関しては、以下の通りです

[ゆうパケット]

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

[ゆうメール]

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうメール」が契約できる可能性あり

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパケットもゆうメールもどちらも同様で、

個人利用で気軽に用いる事ができる割引制度とは言えませんが、

事前に契約する事で特約運賃が適用される「特約ゆうパケット」「特約ゆうメール」があります

(特約の契約に関しては、最寄りの集荷などを担当する郵便局にご相談下さい

集荷に関する連絡先を調べる – 日本郵便

 

「特約ゆうパケット」「特約ゆうメール」は条件を満たせば、

企業だけでなく個人でも利用可能となっており、

通常のゆうパケット・ゆうメールより安く送る事ができる可能性もありますので、

定期的に何度も発送する予定のある方にはおすすめかと思います

(おおよその目安として、年間500通以上送る様な場合)

[割引制度のまとめ]

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」「特約ゆうメール」が契約できる可能性あり

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払い・代金引換の利用の可否は以下の通りになります

[ゆうメール]

着払いが利用可能

代金引換も利用可能(専用の伝票が必要)

[ゆうパケット]

着払いが利用可能

代金引換は利用不可

 

上記の内容を補足していきますと、

着払いの発送方法は、ゆうパケットでもゆうメールでも、

どちらの場合でも利用できる点が特徴的です

 

なお、ゆうパケット・ゆうメールを着払いで発送する場合には、

着払い手数料が送料とは別途で必要となる他、

あらかじめ受取人が着払いを承諾しているかどうかの確認を行うため、

郵便ポストへ投函して発送する事はできませんので、

必ず郵便局の窓口で発送の受付をする必要がありますのでご注意下さい

(郵便局の窓口へ差し出す際に着払い希望の旨を伝えて下さい)

 

また、代金引換の発送方法は、ゆうパケットでは利用する事ができないものの、

ゆうメールの場合には利用する事が可能となっており、

代金引換を利用する場合、代金引換手数料や送金手数料などが別途かかりますが、

ヤマト運輸などの代金引換とは違い、特に事前契約をする必要はなく、

個人でもすぐに利用する事が可能で、郵便局にある専用のラベルを使って発送します

(代金引換ゆうメールは郵便局の窓口からしか発送できませんのでご注意下さい)

[着払い・代金引換のまとめ]

ゆうメールは着払いも代金引換も利用可能

ゆうパケットは着払いは利用可能、代金引換は利用不可

 

信書の取り扱いに関して

 

ゆうパケットとゆうメールの信書の取り扱いに関しては以下の通りになります

[ゆうパケット]

信書は送れない

[ゆうメール]

信書は送れない

 

上記を補足していきますと、信書に関しては、

ゆうパケットもゆうメールも送る事ができませんのであらかじめご注意下さい

 

なお、どんなものが信書に該当するのか、という事に関しては、

郵便局のこちらのページ に詳しく書かれていますので、参考としてみて下さいね

[信書に関するまとめ]

ゆうパケットもゆうメールも信書は送れない

 


支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[ゆうパケット]

現金(郵便局の窓口の場合のみ)

切手

[ゆうメール]

現金(郵便局の窓口の場合のみ)

切手

 

上記の内容を補足していきますと、

ゆうパケットもゆうメールも利用できる支払い方法は同じとなっており、

必要な料金分の切手を荷物に貼り付ける他にも、

郵便局の窓口で受付をする場合には、その場で料金を現金で支払う事も可能です

(郵便局の窓口では、切手と現金を併用して支払う事も可能です)

 

ちなみに、ゆうパケットもゆうメールも、

郵便ポストに投函して発送する場合には、規定の梱包を行った後、

自分で厚さもしくは重さの確認などを行い、

必要な料金を確認して切手を貼る必要がありますので、

料金がよくわからない方は、郵便局の窓口で受付をする事をおすすめします

 

なお、ゆうパケットでは例外があり、

オークションサイトやフリマアプリの出品者専用の発送方法として利用できる、

ゆうゆうメルカリ便(メルカリ)、らくらく定額便(モバオク)、

ゆうパケット おてがる版(ヤフオク)、かんたんラクマパック(ラクマ)、

を利用するゆうパケットの場合には、

出品商品の売上などから送料が自動的に差し引かれますので、

上記の様なゆうパケットの荷物差し出し時には、その場での送料の支払いは発生しません

[支払い方法のまとめ]

ゆうパケットもゆうメールも切手の他に、窓口では現金でも支払える(切手との併用も可)

 

補償・追跡に関して

 

ゆうパケットとゆうメールの追跡と補償、お届け方法に関しては以下の通りになります

[ゆうメール]

追跡サービス利用不可(追跡ゆうメールは除く)

補償なし(ただし、オプションが利用可能)

[ゆうパケット]

追跡サービス利用可能

補償なし

 

以上の内容を補足していきますと、

追跡サービスに関しては、ゆうパケットははじめから利用する事ができますが、

ゆうメールは通常のゆうメールでは追跡サービスを利用する事ができません

 

また、補償に関しては同様で、

どちらのサービスも比較的、安価なサービスとなっているため補償がありません

(ゆうパケットでは例外として、

メルカリの出品者専用サービス「ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット」、

ラクマの出品者専用サービス「かんたんラクマパック(日本郵便)のゆうパケット」、

といった出品者専用サービスのゆうパケットの荷物の場合、

メルカリ、ラクマのそれぞれによって補償があります)

 

ただし、ゆうメールの場合、

事業者が日本郵便と大口契約をして利用する、

「追跡ゆうメール」に関しては、追跡サービスが利用できる事に加え、

ゆうメールでは、オプションを別途料金加算で付加する事が可能となっており、

追跡のみならば「特定記録」のオプションが利用できますし、

追跡に補償も付けるならば「一般書留・簡易書留」のオプションが利用できます

[参考:ゆうメールにオプションを付けた場合の料金はこちらのページ で計算できます]

[追跡・補償のまとめ]

ゆうパケットは追跡サービスが利用可能

ゆうメールは追跡サービスが利用不可(追跡ゆうメールやオプション付加する場合は除く)

ゆうパケットもゆうメールも補償がない(ゆうメールはオプション付加による補償がある)

 

お届け方法、日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届け方法、日にち・時間帯指定に関しては以下の通りです

[ゆうメール]

発送時にお届けの際の日にち・時間帯の指定不可(オプションで日にち指定は追加可能)

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

[ゆうパケット]

発送時にお届けの際の日にち・時間帯の指定不可(特約ゆうパケットはオプションあり)

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

 

上記の内容を補足していきますと、

通常のゆうメール・通常のゆうパケットに関しては、

発送の際にお届けの日にちや時間帯の指定をする事はできません

 

ただし、ゆうメールには配達日指定のオプションサービスが用意されている事に加え、

事前契約を行う「特約ゆうパケット」に関しては、

当日配達もしくは配達日指定のオプションサービスも用意されています

 

また、お届け方法に関しても同様で、

ゆうパケットもゆうメールも、普通の手紙や封書などと同じ、

郵便受けに投函でのお届けとなっているのが特徴的です

 

なお、こちらも例外として、

サイズの問題で自宅などのお届け先の郵便受けに荷物が入らない場合や、

着払い・代金引換・書留などのゆうメールの場合には、

対面手渡しでのお届けになり、その場合に不在だと、不在票が投函されます

[お届け方法、日にち・時間帯指定のまとめ]

ゆうパケットもゆうメールもお届け方法は郵便受けに投函

ゆうパケットもゆうメールも発送時に日にち・時間帯の指定不可(ゆうメールには配達日指定のオプション、特約ゆうパケットには当日配達や配達日指定のオプションがある)

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数としては以下の通りとなっています

[ゆうパケット]

一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日に配達

日曜・祝日も配達される

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

[ゆうメール]

大型郵便物(定形外郵便など)と同様

日曜・祝日は配達されない(追跡ゆうメール・書留などは除く)

郵便局公式サイトのこちらのページ からお届け日数が調べられます)

 

以上の内容を補足していきますと、

ゆうパケットに関しては、日本郵便のサイトに以下の通りの記載があります

「ゆうパケット」は、一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日に配達します。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意

 

ゆうパケットのお届け日数は上記の通りになりますが、

注意点として、遠方距離間の荷物に関しては、3日以上の日数がかかる場合がある事に加え、

事前契約により利用できる「ゆうパケット 翌配ワイド」というサービスでは、

通常のゆうパケットより送達スピードが速くなっています

 

また、ゆうメールに関しては、日本郵便のサイトに以下の通りの記載があります

「ゆうメール」の送達日数は「大型郵便物」と同様です。

「大型郵便物」とは、定形外郵便物、第三種郵便物および第四種郵便物等のことをいいます。

[引用元]お届け日数を調べる ご利用上のご注意 – 日本郵便

 

なお、具体的なお届け日数に関しては、発送地域とお届け地域までの距離で決まりますので、

上記にも挙げた日本郵便公式サイトのこちらのページ を参考として頂ければと思いますが、

ゆうパケットは日曜・祝日も配達が行われるものの、

通常のゆうメールは日曜・祝日の配達は行われないのが特徴的です

(ゆうメールでも例外として、事業者が日本郵便と大口契約をして利用する

追跡番号のある「追跡ゆうメール」というサービスの場合や、

書留・代金引換・速達などのオプションを付けた場合には、日曜・祝日も配達されます)

[お届け日数のまとめ]

ゆうパケットは日曜・祝日も配達される

ゆうメールは日曜・祝日は配達されない(追跡ゆうメールや書留などのオプションを付けた場合は除く)

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[ゆうメール]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポスト

集荷:利用不可(特約ゆうメールは除く)

[ゆうパケット]

発送できる場所:郵便局の窓口、郵便ポスト

集荷:利用不可(特約ゆうパケットは除く)

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうメールもゆうパケットも、

郵便局の窓口で受付するだけでなく、郵便ポストへ投函して発送できる事が共通しています

 

ちなみに、郵便ポストへ投函する場合、

ゆうメールもゆうパケットもどちらも同様に、

自分自身で厚さ・重さの確認などを行い、料金分の切手を貼ってから投函する必要がある他、

ゆうパケットの着払いであったり、

ゆうメールの着払い・代金引換・書留などの場合に関しては、

ポスト投函で発送する事ができませんのでご注意下さい

(着払い・代金引換・書留などは郵便局の窓口で差し出しして下さい)

 

なお、自宅などに荷物を取りに来てもらう集荷サービスに関しては、

個人利用の場合の通常のゆうメールと通常のゆうパケットでは、

利用不可となっていますのであらかじめご注意下さい

(事前契約をする特約ゆうパケット・特約ゆうメールでは、

条件によって集荷に対応している場合があります)

[発送できる場所と集荷のまとめ]

通常のゆうパケットやゆうメールは集荷サービス利用不可(特約ゆうパケット・特約ゆうメールは集荷に対応している場合がある)

ゆうパケットもゆうメールも窓口だけでなく、ポスト投函でも発送可

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

[ゆうパケット]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

コンビニ受け取りは不可能(例外として、限定条件下でコンビニ受け取りできる場合がある)

[ゆうメール]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

コンビニ受け取りは不可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパケットもゆうメールも、

自宅などで受け取れる事に加え、郵便局留めをする事も可能となっています

(郵便局留めをする場合、あらかじめ発送時に「○○郵便局留め」と、あて名に記入して下さい

→参考ページ:郵便局留 – 日本郵便

 

コンビニ受け取りに関しては、

個人利用で送る通常のゆうパケットやゆうメールに関しては、

残念ながら、コンビニ受け取りには対応していませんが、

ゆうパケットに関しては、一部例外があり、

Amazonで購入し、ゆうパケットで送られてくる荷物であったり、

メルカリ出品者が利用できる「ゆうゆうメルカリ便」のゆうパケットの荷物や、

ヤフオク出品者が利用できる「ゆうパケット(おてがる版)」のゆうパケットの荷物の様に、

限定された条件下でコンビニ受け取りができるゆうパケットの荷物もあります

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

ゆうパケットもゆうメール自宅などで受け取りできる

ゆうパケットもゆうメールも郵便局留めが可能

ゆうパケットもゆうメールはコンビニ受け取りは不可(ゆうパケットは例外として、限定条件下でコンビニ受け取りできる場合がある))

 

ゆうパケットとゆうメールのメリット・デメリット

 

最後にゆうメールとゆうパケットの2つのサービスに関して、

メリット・デメリットをまとめてご紹介させて頂きます

[ゆうメールのメリット・デメリット]

送れるものは書籍・雑誌やCD・DVD等のみ

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

原則的に切り込みを入れるなど梱包済みの状態で中身が確認できる必要あり(郵便局の窓口で内容品を事前に確認してもらう場合は除く)

サイズは長辺34cm以内かつ短辺25cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で重さで変動する(180~350円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうメール」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いも代金引換も利用可能(代金引換は専用の伝票が必要)

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(特約ゆうメールは除く)

追跡サービスは利用不可(オプションで利用可能)

補償は無い(ただし、オプションが利用可能)

日曜・祝日は配達されない(追跡ゆうメール・書留などは除く)

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

お届けの日にち・時間帯の指定はできない(配達日指定のオプションあり)

コンビニ受け取りは不可

ゆうメールに関する基本的な事は以下の記事も合わせてご覧になってみて下さい
[ゆうパケットのメリット・デメリット]

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷も可能)

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で厚さで変動する(250~350円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いは利用可能、代金引換は利用不可

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(特約ゆうパケットは除く)

追跡サービスは利用可能

補償は無い

お届け日数は一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日

日曜・祝日も配達される

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

お届けの日にち・時間帯の指定はできない(特約ゆうパケットには当日配達もしくは配達日指定のオプションあり)

コンビニ受け取りは不可(例外として、限定条件下でコンビニ受け取りできる場合がある)

ゆうパケットに関する基本的な事は以下の記事も合わせてご覧になってみて下さい

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

ゆうメールは、送れるものが書籍や雑誌、CD・DVD等に限定され、

重さで送料が変動する事が特徴的となっています

 

ゆうパケットは、ゆうメールの様に送れるものの厳しい制限はなく、

厚さによって運賃が決まりますが、

厚さ1cm毎に細かく運賃が設定されているので、

厚さが薄くなれば、その分、少しでも安価に送れる可能性がある点が魅力で、

はじめから追跡サービスも利用できるので安心感がある点もポイントとなっています

 

なお、ゆうパケットでもゆうメールでも送る事が可能な書籍やCD・DVDなどを送る場合、

「重さ250g以内かつ厚さ1cm以内」や「厚さ2cm超えかつ重さ500g以内」といった条件では、

ゆうメールの方がゆうパケットよりも安価に送る事ができますが、

「重さ250g超えかつ厚さ1cm以内」や「重さ500g超えかつ厚さ2cm以内」といった条件では、

ゆうパケットの方がゆうメールよりも安価に送る事ができますので、

用途・目的に合わせて上手に使い分けてみて下さいね

 

管理人の感想

 

ここまで、ゆうパケットとゆうメールの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ・追跡・日数・着払いなどの違いを比較して、まとめてご紹介させて頂きました

 

それぞれに特徴があるため、一概にどちらの方が優れているという事はありませんが、

ゆうメールはお手軽なので、特に発送に慣れていない方にはおすすめかと思います

 

なお、ゆうパケットやゆうメールにこだわらなくても、

他にも色んな発送方法がありますので、合わせて検討してみてはいかがでしょうか

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律185円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

ゆうパック 800円~(割引制度あり)

ヤマト運輸の宅急便 907円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、ゆうパケットとゆうメールの違い、メリット・デメリットを比較して、

ゆうメールのメリット・デメリット

送れるものは書籍・雑誌やCD・DVD等のみ

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

原則的に切り込みを入れるなど梱包済みの状態で中身が確認できる必要あり(郵便局の窓口で内容品を事前に確認してもらう場合は除く)

サイズは長辺34cm以内かつ短辺25cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で重さで変動する(180~350円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうメール」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いも代金引換も利用可能(代金引換は専用の伝票が必要)

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(特約ゆうメールは除く)

追跡サービスは利用不可(オプションで利用可能)

補償は無い(ただし、オプションが利用可能)

日曜・祝日は配達されない(追跡ゆうメール・書留などは除く)

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

お届けの日にち・時間帯の指定はできない(配達日指定のオプションあり)

コンビニ受け取りは不可

 

ゆうパケットのメリット・デメリット

[ゆうパケットのメリット・デメリット]

ゆうパケットの利用には専用のあて名ラベルが必要(自宅印刷も可能)

封筒などの梱包資材は自分で用意する必要あり

サイズは長辺34cm以内&3辺合計60cm以内(A4大)かつ厚さ3cm以内

重さは1kgまで

送料は全国一律料金で厚さで変動する(250~350円)

定期的に送る予定がある場合「特約ゆうパケット」が契約できる可能性あり

支払い方法は現金(窓口のみ)と切手

着払いは利用可能、代金引換は利用不可

信書は送れない

発送できる場所は郵便局の窓口か郵便ポストへ投函

集荷サービスは利用不可(特約ゆうパケットは除く)

追跡サービスは利用可能

補償は無い

お届け日数は一部地域を除き、差し出した日の概ね翌日から翌々日

日曜・祝日も配達される

お届けは郵便受けに投函(対面手渡しではない)

お届けの日にち・時間帯の指定はできない(特約ゆうパケットには当日配達もしくは配達日指定のオプションあり)

コンビニ受け取りは不可(例外として、限定条件下でコンビニ受け取りできる場合がある)

という事をご紹介しました

 

利用してみる事でわかる良い点・悪い点もあるかもしれませんので、

ぜひ皆さんも一度、実際にサービスを使ってみて下さいね

 


関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵



[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



シェアボタン

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る