定形外郵便とスマートレターの違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約8~10分ぐらいで読めそうです
→ 全4ページ

定形外郵便とスマートレターの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、お届け日数、追跡の有無などの違いを比較して、

私なりに感じるメリット・デメリットに関してまとめてみました

 

最近では様々なバリエーションの配送サービスがある事から、

どれが自分の目的と合っている送り方なのか、わかりにくい事もあり、

この記事では特に、定形外郵便とスマートレターを比較してみましたので、

発送方法を検討する際に参考としてみて頂ければ幸いです

この記事は全4ページあります

 

 



利用の前提条件

 

まず、各サービスの利用のための前提条件としては以下の様な事が挙げられます

[スマートレター]

専用封筒が必要

[定形外郵便]

箱や袋は自分で用意する必要あり

 

上記の内容を補足していきますと、スマートレターに関しては単純で、

発送の際にはあらかじめ必ず専用の封筒を購入して使用しなければいけませんが、

逆に言うと、専用封筒さえ用意すれば、切手を貼る必要もなく、

送りたいものを入れて送るだけ、というお手軽さがスマートレターの魅力となっています

(スマートレターを購入できる場所は2つ次の割引制度の項でご紹介しています)

 

定形外郵便に関しては、特別な利用の前提条件はありませんが、

しいて言うなら、梱包に利用する箱や袋などは自分で用意する必要があります

 

ちなみに、定形外郵便に関しては、スマートレターと違い、

これを使わなければいけない、という様な専用の箱や袋などはありませんので、

最低限として、一般的な輸送に耐えられる強度があれば、

梱包には、ダンボールでもビニール製の袋などでも何を使っても構いません

 

更に、定形外郵便もスマートレターも専用のラベル(伝票)はありませんので、

スマートレターの場合は、専用封筒の外装にある規定の欄に、

定形外郵便の場合は箱や封筒などの外装に直接、あて名を書けばOKです

(定形外郵便では、小さな紙などの別紙にあて名を書いて貼り付けてもOKです)

[利用の前提条件のまとめ]

スマートレターは専用封筒が必要

定形外郵便は箱や袋を自分で用意する必要あり

 

サイズや重さの制限と送料

 

続いて、各サービスのサイズや重さの制限と送料に関しては以下の通りです

サービス名 スマートレター
郵便料金 全国一律 180円(専用封筒の値段)
サイズ 25cm×17cm(A5大、専用封筒の大きさ)
厚さ 2cm以下
重さ 1kg以内
サービス名 定形外郵便 規格内
郵便料金 全国一律で重量で変わる 120~580円
サイズ 長辺34cm以内、短辺25cm以内(A4大)
厚さ 3cm以下
重さ 1kg以内
サービス名 定形外郵便 規格外
郵便料金 全国一律で重量で変わる 200~1350円
サイズ 3辺合計90cm以内(かつ最長辺60cm以内)
重さ 4kg以内

 

上記の内容を補足していきますと、定形外郵便とスマートレターで共通している事として、

距離を問わず全国一律の料金設定となっている点では共通していますが、

スマートレターは画一の送料となっている事と比較して、

定形外郵便は重さによって送料が変動する特徴があります

 

また、サイズと重さの制限はサービス毎に異なり、

特に、定形外郵便は2017年6月1日以降に「規格内」と「規格外」に分けられ、

制限の厳しい順に紹介していくと、

まず、「スマートレター」に関しては、

サイズ 17cm×25cm かつ 厚さ2cm以内 かつ 重さ1kgまで、

「定形外郵便 規格内」に関しては、

サイズは「スマートレター」の2倍、厚さも「スマートレター」より1cm余裕があり、

長辺34cm以内 かつ 短辺25cm以内 かつ 厚さ3cm以内 かつ 重さ1kgまで、

「定形外郵便 規格外」に関しては、

サイズも重さも「スマートレター」「定形外郵便 規格内」よりも余裕があり、

縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が90cm以内(一番長い辺が60cm以内)、重さ4kgまで、

となっています

(なお、定形外郵便には、最小サイズの規定もあります 参考ページ

 

ちなみに、送料に着目して、

特に「スマートレター」と「定形外郵便 規格内」を比較すると、

「スマートレター」で送れるサイズのものはもちろんの事、

仮に「スマートレター」のサイズを超えていても、

「定形外郵便 規格内」で送れるサイズのものならば、

重さ100g以内の場合は、「定形外郵便 規格内」の方が安価で送る事ができ、

逆に重さ100gを超える場合でも、「スマートレター」のサイズ・重さ制限内であれば、

「定形外郵便 規格内」よりも「スマートレター」の方が安価で送る事ができます

定形外郵便 規格内とスマートレターの料金比較
重さ 定形外郵便 規格内
34cm以内×25cm以内
厚さ3cm以内
スマートレター
17cm以内×25cm以内
厚さ2cm以内
運賃 運賃
50g以内 120円 180円
100g以内 140円 180円
150g以内 210円 180円
250g以内 250円 180円
500g以内 390円 180円
1kg以内 580円 180円
定形外郵便 規格外の料金一覧
重さ 定形外郵便 規格外
3辺合計90cm以内かつ最長辺60cm以内
運賃
50g以内 200円
100g以内 220円
150g以内 300円
250g以内 350円
500g以内 510円
1kg以内 710円
2kg以内 1040円
4kg以内 1350円
[サイズ・重さ・厚さ・送料のまとめ]

スマートレターの制限は17cm×25cm(A5大)・厚さ2cm以内・重さ1kgまで

スマートレターの送料は全国一律180円

定形外郵便の制限は、規格内:長辺34cm以内かつ短辺25cm以内かつ厚さ3cm以内かつ重さ1kgまで、規格外:3辺合計90cmまで(最長辺60cm以内)かつ重さ4kgまで

定形外郵便の送料は、全国一律だが重さで変動する(規格内:120~580円、規格外:200~1350円)

重さ100g以内であれば、スマートレターよりも、定形外郵便 規格内の方が安価に送れる

重さ100gを超えた場合、スマートレターで送れるものは、スマートレターの方が安価に送れる

 

1 2 3 4

関連記事のご紹介 & スポンサーリンク

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵







[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります






[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私は普段は、普通のサラリーマンをしており、
個人的に気になる言葉や出来事を調べて記事にしています
最近はちょっと運動不足気味かも…?
注目記事
100均で揃うアルバムを手作りするのに必要なもの&あると便利なもの!
大須商店街グルメマップ食べ歩き編!安いけどおいしいおすすめは?

One Response to この記事

  1. 通りすがり より:

    分かりやすい解説ありがとうございました。

    でも どこが「スマート」なのかは、分かりませんでした。簡易定形外とでも言うべきでしょう。

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

当サイトによるデータの保管・取り扱いに同意する(必須)

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る