はこBOONとゆうパックの違いを比較!メリットデメリットまとめ

この記事は約7~9分ぐらいで読めそうです

hakoboonyoupack_t

はこBOONと郵便局のゆうパックの2つのサービスを取り上げて、

料金・サイズ、お届け日数、追跡の有無、着払いの可否などの違いを比較して、

私なりにメリットやデメリットと感じる部分をまとめてみました

 

最近では、色んなバリエーションの配送サービスがある事から、

なかなか自分の目的に合う発送方法がわかりにくい場合もあり、

この記事では特に、はこBOONとゆうパックを比較してみましたので、

送り方を検討する際に参考としてみて頂ければ幸いです


 

利用の前提条件・運送会社に関して

 

まず、はこBOONとゆうパックを利用するための前提条件や、

配送を担当する運送会社をまとめると以下の通りとなっています

[はこBOON]

前提条件:Yahoo! JAPAN ID必須(スマホで利用の場合は除く)

運送会社:ヤマト運輸(発送受付はファミリーマート店頭のみ)

[ゆうパック]

前提条件:専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

運送会社:郵便局

 

上記の内容を補足していきますと、配送を担当する運送会社に関しては、

はこBOONがヤマト運輸、ゆうパックが郵便局とそれぞれ違うのが特徴的です

(なお、はこBOONの発送受付はファミリーマート店頭のみで可能となっています)

 

また、サービスを利用するための前提条件として、ゆうパックに関しては、

誰でも利用する事ができますが、無料で手に入る専用の伝票が必要で、

伝票に関しては、郵便局でもらったり、集荷を頼んだ際に持って来てもらう事もできますし、

ローソン・ミニストップなどのゆうパックを取り扱っているコンビニで手に入れられる他にも、

Webゆうパックプリント (カラープリンターが必要)や、

ゆうパックプリントR (モノクロプリンターもOK、要事前登録)のサービスを利用して、

自宅のプリンターを使って印刷する事も可能となっています

(自宅印刷したゆうパックの伝票はコンビニでは使えない他、

ゆうパック代金引換の伝票などを自宅印刷する場合には事前登録が必要です)

 

はこBOONに関しては、サービスを利用する前にYahoo! JAPAN IDの取得が必要となり、

また、事前にネット上から配送の申し込み手続きをする必要もあります

[参考:配送の申し込みは、はこBOON公式サイトから行えます ]

 

なお、はこBOONは、例外的に、

スマホから利用する場合に限って、ゲスト利用という制度があり、

支払い方法などに制限がありますが、Yahoo! JAPAN IDが無くても使う事ができます

[利用の前提条件・運送会社のまとめ]

はこBOONの利用にはYahoo! JAPAN IDが必要(スマホの場合を除く)

はこBOONはヤマト運輸が、ゆうパックは郵便局が配送する

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

 


サイズ・重さの制限や送料・割引制度に関して

 

続いて、各サービスの荷物のサイズの制限や送料体系に関しては以下の通りになります

[はこBOON]

サイズ・重さ:3辺合計160cm以内・25kg以下

送料:重さ(と距離)によって決まる

割引制度:無し

[ゆうパック]

サイズ・重さ:3辺合計170cm以内・30kg以下

送料:サイズ(と距離)によって決まる

割引制度:有り

 

上記の内容を補足していきますと、はこBOONとゆうパックでは、

サイズ・重さの制限は似ていますが、それぞれちょっと違いがあり、

はこBOONは、縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が160cm以内で25kg以下、

ゆうパックは、縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内で30kg以下になります

 

また、料金体系は大きく異なっており、

はこBOONは重さで料金が決定する(サイズは一律160サイズ以内)のと対象的に、

ゆうパックはサイズで料金が決定します(重さは一律30kg以下)

(発送地域からお届け地域までの距離によっても送料は異なるため、

具体的な料金表は、はこBOONのサイト ゆうパックのサイト からご覧下さい)

 

つまり、大きくても軽い荷物なら、はこBOONの方がかなり安く送れますし、

小さくても重い荷物なら、ゆうパックの方がかなり安く送れます

 

他にも、送料に関する特徴としては、ゆうパックに関しては、

個人でも比較的利用しやすい割引制度がいくつかあり、

詳細は以下の別記事でまとめていますので、参考としてみて下さい

ゆうパックの割引制度は以下の記事でまとめています

 

なお、はこBOONはゆうパックと比較すると、

通常料金がはじめから安い設定となっているために割引制度はありません

[サイズ・重さの制限と送料・割引制度のまとめ]

はこBOONのサイズと重さの制限は、160サイズまで・25kg以下

ゆうパックのサイズと重さの制限は、170サイズまで・30kg以下

はこBOONの送料は重さ(と距離)で決まるのが特徴

ゆうパックの送料はサイズ(と距離)で決まるのが特徴

ゆうパックには割引制度があるが、はこBOONには無い

 


支払い方法に関して

 

各サービスの支払い方法としては以下の通りとなっています

[はこBOON]

現金(ファミリーマート店頭)

ファミマTカード(ファミリーマート店頭)

ユニー・ファミリーマートグループ商品券(ファミリーマート店頭)

Yahoo!ウォレット支払い(ネット決済)

ネットバンク支払い(ネット決済)

Tポイント支払い(ネット決済)

[ゆうパック]

現金

切手(注)

電子マネー(注)

クレジットカード(注)

クオカード(注)

注:発送場所によって、使える支払い方法が異なります

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、

現金の他に、切手が使えたり、一部コンビニでは、

クレジットカード・電子マネー・クオカード支払いなどもできますが、

発送する場所によって支払い方法が異なるため、以下の別記事でまとめています

ゆうパックの送料の支払い方法は以下の記事で詳しくまとめています

 

はこBOONに関しては、ネット上で決済する場合に、

Yahoo!ウォレットに登録したクレジットカードでの支払いに加え、

ジャパンネット銀行・楽天銀行・みずほ銀行のネットバンク支払いや、

(いずれかの銀行の口座を持ち、ネットバンクが使える必要があります)

ネットバンクとの併用はできませんが、Tポイント支払いがあり、

更に、ファミリーマート店頭では、現金に加え、

ユニー・ファミリーマートグループ商品券が使える他、

クレジットカードとしてファミマTカードのみ利用可能です

 

はこBOONもゆうパックも色んな支払い方法があるのが特徴ではありますが、

ゆうパックに関しては、郵便局の窓口から発送する場合や集荷の場合など、

一部のコンビニ以外ではクレジットカードは利用できませんのでご注意下さい

[支払い方法のまとめ]

はこBOONは現金以外の支払い方法もある

ゆうパックも現金以外の支払い方法もある(発送場所で異なる)

 

発送できる場所・集荷サービスに関して

 

各サービスに関して、荷物の発送の受付ができる場所と、

集荷サービスの利用の可否をまとめると以下の通りとなっています

[はこBOON]

発送できる場所:ファミリーマート店頭のみ

集荷:利用不可

[ゆうパック]

発送できる場所:郵便局の窓口・コンビニなど

集荷:利用可能

 

上記の内容を補足していきますと、

はこBOONに関しては、集荷サービスが利用できず、

発送の受付ができる場所もファミリーマートに限られているため、

はこBOONの荷物は必ず自分でファミリーマートに持っていかなければなりません

(はこBOONの荷物はヤマト運輸の営業所などからは発送できません)

 

対照的にゆうパックに関しては、

荷物を自宅に取りに来てもらう集荷のサービスが荷物1個からでも利用可能で、

(集荷の場合は、送料に持込割引が適用されませんのでご注意下さい)

他にも、発送の受付ができる場所として、

郵便局の窓口やコンビニなどの取り扱い店があるので、

[参考:ゆうパックを取り扱うコンビニ ]

発送の受付ができる場所としては、ゆうパックの方が多いです

[発送できる場所と集荷のまとめ]

集荷サービスは、ゆうパックは利用可能、はこBOONは利用不可

はこBOONはファミリーマートからしか発送できない

ゆうパックは郵便局の窓口やコンビニなどから発送できる

 

お届け日数に関して

 

各サービスのお届け日数に関しては以下の様な情報が挙げられます

[はこBOON]

お届け日数はこちらのページ から確認可能

[ゆうパック]

お届け日数はこちらのページ から確認可能

 

具体的なお届け日数としては、発送地域とお届け地域の距離で異なるため、

上記に挙げたページからご確認頂ければと思います

 

お届け日数の違いとして、ゆうパックと比較すると、

特に遠距離区間の荷物に関しては、はこBOONの方が、

日数が多くかかる様な印象がありますので、少し注意された方が良いかもしれません

 

なお、はこBOONもゆうパックも日曜・祝日も配達されます

[お届け日数のまとめ]

ゆうパックはこちらのページ から確認可能

はこBOONはこちらのページ から確認可能

はこBOONもゆうパックも日曜・祝日も配達される

 

日にち・時間帯指定に関して

 

各サービスのお届けの際の日にち・時間帯指定に関しては以下の通りとなっています

[はこBOON]

時間帯の指定は可能

日にちの指定は不可

[ゆうパック]

日にちも時間帯も指定可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、発送の際に、

日にちも時間帯も指定する事が可能となっています

(お届けが間に合わない様な日にち・時間帯は指定できません)

 

対照的に、はこBOONに関しては、発送の際には、

時間帯の指定しかする事ができませんのでご注意下さい

(ただし、伝票番号を利用してサービスセンターから変更する場合や、

再配達の申し込みの際には、はこBOONの荷物でも、日にち・時間帯の両方が指定可能です)

[日にち・時間帯指定のまとめ]

ゆうパックは日にちも時間帯も指定可能

はこBOONは時間帯のみ指定可能(日にち指定不可)

 

着払い・代金引換の可否

 

各サービスの着払いや代金引換の可否としては以下の通りになります

[はこBOON]

元払いのみ利用可能

着払い・代金引換利用不可

[ゆうパック]

元払い・着払い・代金引換が利用可能

 

上記の内容を補足していきますと、ゆうパックに関しては、発送方法として、

元払いと着払いの両方を利用する事ができ、

更に事前契約なしで代金引換での発送をする事も可能となっています

(ゆうパックの代金引換は、送料とは別に利用手数料がかかるものの、

ヤマト運輸などと違い、事前契約なしに個人でも利用可能ですが、

専用の伝票が必要な事に加え、コンビニからは発送できません)

[参考ページ:代金引換 – 日本郵便 ]

 

はこBOONに関しては、着払いも代金引換も利用する事はできず、

元払い(発送時に発送人が送料を払う)でしか発送する事はできません

[着払い・代金引換の可否のまとめ]

ゆうパックは個人でも着払い・元払い・代金引換の発送が可能

はこBOONは元払い発送のみ利用可能(着払い・代金引換は利用不可)

 

受け取り方法・コンビニ受け取りに関して

 

各サービスの受け取り方法やコンビニ受け取りに関しては以下の通りになります

[はこBOON]

自宅などで受け取り可能

ヤマト運輸の営業所止めも可能

コンビニ受け取りも可能(条件あり)

[ゆうパック]

自宅などで受け取り可能

郵便局留めも可能

一部のサイトで購入した商品のみコンビニ受け取りも可能

 

上記の内容を補足していきますと、はこBOONもゆうパックも自宅などで受け取れる事に加え、

はこBOONに関してはヤマト運輸の営業所止めができる他、

ゆうパックに関しては郵便局留めをする事が可能となっています

 

コンビニ受け取りに関しては、注意が必要で、はこBOONの場合は、

クロネコメンバーズに登録している、ご不在連絡eメールを受け取っている、

などの条件を満たした場合のみ、コンビニ受け取りができますが、

条件が少し複雑なため、以下の別記事でまとめましたので合わせて参考としてみて下さい

はこBOONのコンビニ受け取り方法は以下の記事で詳しくご紹介しています

 

ゆうパックのコンビニ受け取りに関しては、

Amazonで購入した商品や、楽天市場で購入した商品など、

一部のサイトで購入した商品に限っては、限定的にコンビニ受け取りできる場合がありますが、

[参考:コンビニ受取サービス – 日本郵便 ]

上記以外の例えば、個人発送の荷物などに関しては、

一切コンビニ受け取りのサービスが利用できませんのでご注意下さい

[受け取り方法・コンビニ受け取りのまとめ]

はこBOONもゆうパックも自宅などで受け取りできる

はこBOONはヤマト運輸の営業所止めが可能

ゆうパックは郵便局留めが可能

ゆうパックは一部のサイトで購入したもの以外はコンビニ受け取り不可

はこBOONは条件付きでコンビニ受け取り可能(要クロネコメンバーズ事前登録、不在通知受取以降)

 

天地無用・逆さま厳禁に関して

 

各サービスの天地無用・逆さま厳禁に関しては以下の通りとなっています

[はこBOON]

天地無用・逆さま厳禁の荷物は取り扱えない

[ゆうパック]

逆さま厳禁(天地無用)の荷物も取り扱える

 

上記は細かい事になってしまいますが、ゆうパックでは取り扱える、

天地無用や逆さま厳禁の荷物に関しては、

はこBOONでは取り扱えないと規定されていますので、少しご注意下さい

[参考ページ:天地無用・逆さま厳禁の荷物に関して ]

(ゆうパックでは「天地無用」ではなく、「逆さま厳禁」と表記されます)

 

なお、こわれものの指定に関しては、

ゆうパックでも、はこBOONでも行う事が可能となっています

[参考ページ:こわれもの指定に関して ]

[天地無用・逆さま厳禁の取り扱いのまとめ]

はこBOONでは、天地無用・逆さま厳禁の荷物は取り扱えない

ゆうパックでは、逆さま厳禁(天地無用)の荷物も取り扱える

 

はこBOONとゆうパックに共通する注意事項

 

他にも、上記に挙げたもの以外で、はこBOONとゆうパックで共通する、

ちょっとした注意事項としては以下の様なものがあります

梱包は箱以外に、袋など何でも構わない(専用のものは無い)

補償あり(30万円まで)

追跡サービスあり

お届けは対面手渡し

 

上記の内容を補足していきますと、

はこBOONもゆうパックも専用の箱などはありませんので、

最低限として、一般的な輸送に耐えられる強度は必要になりますが、

梱包に関してはダンボールなどの箱の他、袋など、何を使っても構いません

(これを使用しなければならない、という様な専用の箱などはありません)

 

また、はこBOONもゆうパックも30万円までの補償があり、

お問い合わせ番号を使った追跡サービスも利用できます

(ゆうパックに関しては、別途370円を加算して、

セキュリティサービスを利用する事で、50万円まで補償されます)

[参考ページ:セキュリティサービス – 日本郵便 ]

 

他にも、はこBOONもゆうパックも、

レターパックなどの郵便受けに投函のお届け方法とは違い、

お届けの際は原則、対面手渡しでの受け取りとなっています

 

はこBOONとゆうパックのメリット・デメリット

 

最後に、はこBOONとゆうパックのメリット・デメリットをまとめたいと思います

[はこBOONのメリット・デメリット]

Yahoo! JAPAN IDが必要(スマホ利用の場合を除く)

配送を担当するのはヤマト運輸

サイズは、160サイズ以内・25kg以下

送料が重さ(と距離)のみで決まる

通常料金が安価なので、割引制度が無い

現金以外にも各種支払い方法が使える

発送できる場所はファミリーマートのみ

集荷サービスは利用できない

お届けは時間帯指定可能・日にち指定不可(希望変更時などには可能)

発送方法は元払いのみ(着払い・代金引換は不可)

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

不在通知受け取り以降ならコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

天地無用・逆さま厳禁の荷物は取り扱えない

はこBOONの送り方などは以下の記事でも詳しくご紹介しています
[ゆうパックのメリット・デメリット]

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

配送を担当するのは郵便局

サイズは、170サイズ以内・30kg以下

送料はサイズ(と距離)のみで決まる

割引制度がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

発送できるのは郵便局の窓口やコンビニなど

集荷サービスも利用可能

お届けは日にちも時間帯も指定可能

発送方法は元払い・着払い・代金引換が利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

一部のサイト(Amazon・楽天など)の購入商品のみコンビニ受け取り可能

個人発送の荷物などはコンビニ受け取り不可

天地無用・逆さま厳禁の荷物も取り扱える

ゆうパックの送り方などは以下で詳しくご紹介しています!

 

メリット・デメリットに関して補足していきますと、

はこBOONとゆうパックで特徴的なのは、その料金体系となっており、

ゆうパックは重さを気にせず、サイズ(と距離)だけで料金が決まりますが、

はこBOONはサイズを気にせず、重さ(と距離)だけで料金が決まりますので、

梱包を工夫して小さくする必要がない分、

よりお手軽に利用できるのは、はこBOONと言えるかもしれません

 

ただし、小さくても重いものなら、ゆうパックで送った方が安くなりますし、

ゆうパックの重さとサイズの制限は、はこBOONよりも余裕があるため、

はこBOONで送れないものでもゆうパックなら送れる可能性がある、

というのもポイントかもしれませんので、上手く使い分けてみて下さいね



合わせて読みたい記事のご紹介

ヤフオク等のオークションやメルカリ、ラクマ等のアプリを利用して、 家にある不用品を売る時に、知ってるだけでちょっと得できる、 誰でも実践可能な簡単なコツを私なり・・・

 

管理人の感想

 

ここまで、はこBOONとゆうパックの2つのサービスに関して、

料金、日数、追跡の有無などの違いをまとめて比較してご紹介させて頂きました

 

はこBOONとゆうパックは料金体系に大きく違いがある事から、

どちらが一概に良いとは言い難く、利用目的で変わってきますので、

自分の目的により合う送り方を選択してみて頂ければと思います

 

また、はこBOONとゆうパック以外にも色んな発送方法はありますので、

よろしければ合わせて検討してみてはいかがでしょうか

他にも以下の様なサービスもあります!

定形外郵便 全国一律120円~

クリックポスト 全国一律164円

スマートレター 全国一律180円 発送簡単オススメ

ゆうメール 全国一律180円~

ポスパケット 全国一律360円

レターパック 全国一律360円と全国一律510円の2種類 発送簡単オススメ

宅急便コンパクト 594円~(割引制度あり)

 

まとめ

今回は、はこBOONとゆうパックの違いとメリット・デメリットを比較して、

はこBOONとゆうパックの共通点

梱包は箱以外に、袋など何でも構わない(専用のものは無い)

補償あり(30万円まで)

追跡サービスあり

お届けは対面手渡し

 

はこBOONのメリット・デメリット

Yahoo! JAPAN IDが必要(スマホ利用の場合を除く)

配送を担当するのはヤマト運輸

サイズは、160サイズ以内・25kg以下

送料が重さ(と距離)のみで決まる

通常料金が安価なので、割引制度が無い

現金以外にも各種支払い方法が使える

発送できる場所はファミリーマートのみ

集荷サービスは利用できない

お届けは時間帯指定可能・日にち指定不可(希望変更時などには可能)

発送方法は元払いのみ(着払い・代金引換は不可)

自宅などで受け取りとヤマト運輸の営業所止めが可能

不在通知受け取り以降ならコンビニ受け取りも可能(要クロネコメンバーズ登録)

天地無用・逆さま厳禁の荷物は取り扱えない

 

ゆうパックのメリット・デメリット

ゆうパックの利用には専用の伝票が必要(自宅印刷も可能)

配送を担当するのは郵便局

サイズは、170サイズ以内・30kg以下

送料はサイズ(と距離)のみで決まる

割引制度がある

現金以外にも各種支払い方法が使える(発送場所で異なる)

発送できるのは郵便局の窓口やコンビニなど

集荷サービスも利用可能

お届けは日にちも時間帯も指定可能

発送方法は元払い・着払い・代金引換が利用可能

自宅などで受け取りと郵便局留めが可能

一部のサイト(Amazon・楽天など)の購入商品のみコンビニ受け取り可能

個人発送の荷物などはコンビニ受け取り不可

天地無用・逆さま厳禁の荷物も取り扱える

という事をご紹介しました

 

サービスを利用する事で新たに気付く良い点や悪い点もあるかと思いますので、

まずは一度、実際に使ってみるというのも良いかもしれませんね

 


[商標等の帰属について]

当記事中で使用されているサービス名・製品名・会社名等は、

当サイトとは関係なく、それぞれ各社の商標または登録商標になります




[当記事の掲載内容に関して]

当記事の掲載内容は記事公開時点での情報である場合があり、

その正確性を必ずしも保証するものではありませんので、

最新の情報は公式サイト等も合わせてご確認下さい

また、当サイトの情報を元に被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます



関連記事のご紹介

この記事と同カテゴリの記事一覧 配送の知恵


シェアボタン
投稿者プロフィール
管理人D
管理人D
この記事は管理人Dが書かせて頂きました
私が当サイトのメインの管理人ですが、
友達の管理人Cにも少し手伝ってもらっています
ちなみに名前の由来はサイト名の頭文字から取りました
管理人Dの書いた記事一覧
注目記事
ネット注文でオリジナルフォトアルバムが作れるサービスを集めました
100均で揃うアルバムを手作りするのに必要なもの&あると便利なもの!

One Response to この記事

  1. えんちゃん より:

    色々ありがとうございました。

よろしければ、訪問の記念に一言どうぞ!何でも結構です

(コメントは送信後、承認された後に表示されます)

※スパム対策として、日本語の含まれないコメントは投稿無効になります

ページの最初に戻る